桜井章一

悪口を習慣にする人に理由


〜桜井章一〜

イランのザンギャネ石油相

イランのザンギャネ石油相は28日、訪問中のロシア・モスクワで、世界的な協調減産は延長される見通しだが、その交渉には、十分な時間が必要との考えを示した。

東京一般大豆(チャート分析)

tksoy

 本日の東京一般大豆は、続落。MACでは、3月13日にヒットした売りのトリガーが継続している状態。
一目均衡表からは、N=46520円、E=45830円などが下値目標としてカウント可能。

東京コーン(チャート分析)

tkcorn

 本日の東京コーンは反発。五陽介在十一陰連で短期的な売られ過ぎ感が強かった。RSIも短期的な売られ過ぎ感を示唆。MACでは、3月13日にヒットした売りのトリガーが継続している状況。LMA(3/28:21850円)が上値抵抗。

東京灯油(チャート分析)

tkho

 本日の東京灯油は、続伸。MACでは、買いのセットアップとなった。明日、終値ベースでHMA(3/28:45600円)を上抜くと、買いのトリガーヒットとなる。

東京ガソリン(チャート分析)

tkgas

 本日の東京ガソリンは、反発。MACでは、2月28日にヒットした売りのトリガーが継続している状態。LMA(3/28:48340円)が上値抵抗。

東京原油(チャート分析)

tkoil

 本日の東京原油は、反発。MACでは、10日にヒットした売りのトリガー継続。LMA(3/28:34660円)〜HMA(3/28:35620円)が上値抵抗帯。
 RSIは、短期的な売られ過ぎ感からの自律反発を示唆。

東京ゴム(チャート分析)

tkr

 本日の東京ゴムは、小反発。MACでは、2月20日にヒットした売りのトリガーが継続している状態。HMA(3/28:260.0円)〜LMA(3/28:249.7円)が上値抵抗帯。

 一目均衡表からの下値ターゲットは、N=214.5円、E=196.0円などが、カウント可能。

 RSIは、短期的な売られ過ぎ感を示唆。

東京白金(チャート分析)

tkpt

 本日の東京白金は、反落。十字線引けとなった。HMA(3/28:3491円)が上値抵抗として機能中。
MACでは、6日にヒットした売りトリガーが継続している状況。
 十字線レンジを下放れれば、心理的節目3400円を試す流れへ。2016年10月24日安値〜2017年3月2日高値までの上昇に対する61.8%押しは、3340円。

東京金(チャート分析)

tkg

 本日の東京金は、小幅続伸。MACでは、7日にヒットした売りのトリガー継続の状態。HMA(3/28:4456円)が上値抵抗として機能中。
 
 心理的節目4400円が下値支持。3月15日十字線安値が、当面の底値候補。

 RSIは中段でもち合い。中立。

中国の香港経由での金純輸入量

 香港政府統計局から電子メールで受け取ったデータによると、中国の香港経由での金純輸入量は2月に47.931トンと、1月の31.791トンから50.8%増加。

 2月の総輸入量は49.026トンと、1月の33.62トンを上回った。

日経225(チャート分析)

225

 本日の日経225は反発も、基準線〜転換線に上値を抑えられた。19000-19700円のレンジ放れ待ち。

世論調査(ドイツ連邦議会選)

 9月のドイツ連邦議会選に関する最新の世論調査によると、メルケル独首相率いる保守系与党連合と、政権の座を狙う中道左派、社会民主党(SPD)の支持率が32%で並んだ。

保守系与党連合は1%ポイント上昇、SPDは変わらず。

右派「ドイツのための選択肢(AfD)」は11%。

本日の寄り付き見通し

海外市況速報20170328

昨晩の海外市場は、こちら。画像をクリックすると拡大します。

最終約定価格20170328

 ドル円が心理的節目110円で下支えられるなら、PGM系・穀物市場がマイナスで始まる以外は、金・原油市場共に堅調で始まる見通し。金が前日比変わらず〜5円前後、原油市場が400円前後のプラスで寄り付く見通し。

本日の経済指標

時間国名 経済指標・行事 事前予想
22:00米国1月ケース・シラー米住宅価格指数  
23:00米国3月消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード) 113.9
23:00米国3月リッチモンド連銀製造業指数  
納会日本---東京小豆2017年3月限納会日  
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール
日産証券セミナーサイト
当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ