日本の富豪

「人生の旅路には、近道も、また楽々と飛んで行ける魔法の絨毯などもないのです」


〜稲盛和夫〜

東京一般大豆(チャート分析)

tksoy

 本日の東京一般大豆は続落。MACでは、19日にヒットした売りのトリガー継続の状況。LMA(1/23:50720円)〜HMA(1/23:51600円)を上値抵抗帯とした戻り売り基調。 心理節目50000円を割り込むと、三尊天井が意識されるチャート形状。

東京コーン(チャート分析)

tkcorn

 本日の東京コーンは続伸。MACでは、19日にヒットした買いのトリガーが継続している状態。HMA(1/23:22230円)〜LMA(1/23:22010円)を下値支持帯とした上昇トレンド。
 7連続陽線で、短期的な買われ過ぎ感も。RSIも高水準に切り上がり中。

東京灯油(チャート分析)

tkho

 本日の東京灯油は続伸も、HMA(1/23:48380円)に上値が抑えられ、上ヒゲ形成。 MACでは、11日にヒットした売りのトリガーが継続している状態。

東京ガソリン(チャート分析)

tkgas

 本日の東京ガソリンは反発も、HMA(1/23:53750円)に上値が抑えられた。MACでは、11日にヒットした売りのトリガーが継続している状態。

東京原油(チャート分析)

tkoil

 本日の東京原油は続伸。週末の十字線高値を上抜き、上げ加速も、HMA(1/23:39500円)に上値が抑えられた。
 MACでは、11日にヒットした売りのトリガー継続。終値ベースで、ネックライン(1/11安値)を割り込むと、N=36990円、V=36890円などが意識される流れへ。

東京ゴム(チャート分析)

tkr

 本日の東京ゴムは、続落。MACでは、売りのトリガーヒットとなった。LMA(1/23:291.6円)〜HMA(1/23:299.1円)を上値抵抗帯とした戻り売り基調入り。

東京白金(チャート分析)

nypt

 本日の東京白金は、反発。MACでは、19日にヒットした売りのトリガー継続。HMA(1/23:3604円)が上値抵抗として機能した。終値ベースでのHMAの攻防が焦点。
 2016年10月安値を起点とした上昇チャネル継続。

東京金(チャート分析)

nyg

 本日の東京金は、反落。MACでは4日にヒットした買いのトリガーが継続している状態。HMA(1/23:4414円)〜LMA(1/23:4388円)が下値支持帯。2016年10月1日安値を起点とした上昇チャネル継続。

日経225(チャート分析)

225

 本日の日経225は、反落。ネックラインを割り込み、リターンムーブからの反落パターン。下値ターゲットは、E=18390円、V=18367円、別波動からは、N=18210円、V=18120円などがカウント可能。

CFTC建玉明細(シカゴコーン)

シカゴコーン終値 (中心限月) 大口投機玉


CFTC建玉明細(1/17 現在)によると大口投機玉は、66,801枚の買い越し。
前週(43,021枚の買い越し)から拡大。

ジム・ロジャーズの見方(ドル・金・日本株)

「(日本株は)買い足すよりも『いつ売るか』を考えている」

「住むにはよくない国になっている」

「コツコツと貯めている人が損をする仕組み」

「金:1000ドルで買い。世界的なインフレから「もう上がっていくしかない」

「米ドル:リスク・オフで米ドルが買われ、他の通貨に対して独歩高が続くが、過大評価されたところで売り。」



〜ZAI〜

CFTC建玉明細(シカゴ大豆)

シカゴ大豆終値 (中心限月) 大口投機玉


CFTC建玉明細(1/17 現在)によると大口投機玉は、154,765枚の買い越し。
前週(115,830枚の買い越し)から拡大。

CFTC建玉明細(NY原油)

NY原油終値 (中心限月) 大口投機玉


CFTC建玉明細(1/17 現在)によると大口投機玉は、464,678枚の買い越し。
前週(433,562枚の買い越し)から拡大。

CFTC建玉明細(NY白金)

NY白金終値 (中心限月) 大口投機玉


CFTC建玉明細(1/17 現在)によると大口投機玉は、33,032枚の買い越し。
前週(30,171枚の買い越し)から拡大。
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール
日産証券セミナーサイト
当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ