山本五十六名言

「怜悧なる頭ニハ閉じたる口あり。」


怜悧(れいり)とは、頭がよく、利口なことを言う。

今晩の注目指標・イベント

20:00 MBA住宅ローン申請指数(07/30 - 08/05)
予想 N/A 前回 1.2%(前週比)

21:30 米消費者物価指数(7月)
予想 0.2% 前回 1.3%(前月比)
予想 8.7% 前回 9.1%(前年比)
予想 0.5% 前回 0.7%(コア・前月比)
予想 6.1% 前回 5.9%(コア・前年比)


23:30 米週間石油在庫統計

11日
0:00 エバンス・シカゴ連銀総裁、経済政策および金融政策についての討論会に参加
2:00 米10年債入札(350億ドル)
3:00 カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁、米国がスタグフレーションに向かうかどうかについて議論

日経225(チャート分析)

225mac

本日の日経225は、続落。心理的節目28000円回復できず。MACでは、7月15日にヒットした買いのトリガー継続。LMA(27740円)〜HMA(28080円)を下値支持帯とした押し目買い基調だが、終値ベースでLMAを割り込むと、売りのセットアップとなる。

225ichimoku

200日移動平均線が下値支持。28500円水準は、3月以降、上値抵抗として機能中。

225renko

練行足は陰転。

JPX白金(チャート分析)

tkptmac

本日のJPX白金は、反落。MACでは、7月27日にヒットした買いのトリガー継続。LMA(3809円)〜HMA(3868円)を下値支持帯とした上昇トレンド継続。

tkgichimoku

6月高値〜7月安値までの下げ幅に対する61.8%戻し(3987円)を達成。
 雲のねじれの時間で頭打ちとなるか否かが焦点。

tkgrenko

練行足は陽転継続。

JPX金(チャート分析)

tkgmac

本日のJPX金先限は、続伸。MACでは、8月5日にヒットした買いのトリガー継続。LMA(7546円)〜HMA(7631円)を下値支持帯とした上昇トレンド。

tkgichimoku

4月高値を起点とした下降チャネル上限を上抜け、雲の下限が試される流れへ。6月高値〜8月安値までの下げ幅に対する38.2%戻し(7676円)〜半値戻し(7759円)を達成。61.8%戻しは7841円。
雲の厚みは薄くなっており、下から上へ抜けやすい時間帯。一方、ストキャスティクスは高水準で短期的な買われ過ぎ感を示唆。6連続陽線。

tkgrenko

練行足は陽転継続。

tkgbb

ボリンジャーバンドは収れん中。中心線を上抜き、買い方優勢。%Bのクロスと共に上放れ、順張り型のバンドウォーク形成へ。

石連週報(7月31日〜8月6日)

paj-gs-blog

ガソリンの週末在庫は、前週比2.7%減の134万7613キロリットル

paj-kr-blog

灯油在庫は5.2%増の165万3025キロリットル

週間原油処理量は6.2%増の320万9720キロリットル。

推定出荷量は
ガソリンが11.8%増の101万0686キロリットル

灯油が58.2%減の1万4541キロリットル

石油製品価格調査

kouri-blog

資源エネルギー庁が10日発表した石油製品価格調査によると、8日現在のレギュラーガソリン1リットル当たりの小売価格(全国平均)は、前週比0.2円高の170.1円。6週ぶりの値上がり。

灯油の全国小売価格は8日現在1リットル当たり、前週比0.1円高の112.9円。6週ぶりの値上がり。

共和党院内総務

ケヴィン・マッカーシー共和党院内総務はFBIのトランプ邸強襲に「司法省は許されざる政治的暴挙の限界を超えた。今秋、共和党が下院を奪還した暁に司法省の闇を全て明るみに晒すことになる。ガーランド司法省長官、首を洗って待っていろ」と述べた、

中国CPI・PPI

中国CPI

消費者物価指数(CPI)
結果 2.7%
予想 2.9% 
前回 2.5%(前年比)

中国PPI

生産者物価指数(PPI)
結果 4.2%
予想 4.9% 
前回 6.1%(前年比)

暗号資産を使った輸入発注(イラン)

イラン当局が暗号資産(仮想通貨)を使った輸入発注を行った。

発注は今週行われ、規模は1000万ドル相当。ドル中心の世界の金融システムを回避し、同様に米制裁下にあるロシアなどとの取引が可能になる。報道は取引に使用された暗号通貨を特定していない。

産業鉱山貿易省の当局者は「9月末までに仮想通貨とスマートコントラクト(ブロックチェーン上で契約を実行する仕組み)の利用が対象国との対外貿易で広く使われるようになる」とツイッターに投稿した。

米国はイランにほぼ全面的な経済封鎖を課し、石油、銀行、海運部門などが対象となっている。

ブロックチェーン分析会社エリプティックは昨年、ビットコインのマイニング(採掘)の約4.5%がイランで行われているという調査結果を明らかにした。稼いだ資産で輸入品を購入し、経済制裁の影響を緩和していると分析した。

ロシア経常黒字大幅増加

ロシアの1─7月の経常黒字は1666億ドルで、前年同期の502億ドルから大幅増加。ロシア中央銀行が9日に公表した。

西側の制裁で財(モノ)とサービスの輸入が減少する一方、コモディティー(商品)価格の世界的な上昇で輸出収入が押し上げられ、今年の経常黒字は過去最高となる見通し。

一方、中銀は今月初め、最近のルーブル相場回復を支えてきた主要要素である経常黒字は下半期に顕著に縮小するとみられるほか、経済の落ち込みが加速するとの見通しを示した。

米エネルギー情報局(EIA)短期エネルギー見通し(STEO)

2022年の国内の原油生産と石油需要について、経済成長に伴い増加すると予想したものの、前月予想を下方修正した。

22年の米原油生産は前年比日量61万バレル増の日量1186万バレルと、前月予想(72万バレル増)から伸びを引き下げた。
23年も前年比84万バレル増の1270万バレルと、前月予想(86万バレル増)から下方修正。ただ、共に21年の1125万バレルを上回ると予想した。過去最高は19年の1229万バレル。

22年の米国の石油など液体燃料の消費は、前年比56万バレル増の2034万バレルと、前月予想(70万バレル増)を下方修正。23年は41万バレル増の2075万バレルと、前月予想(32万バレル増)から上方修正した。過去最高は2005年の2080万バレル。

世界原油需要については、22年は前年比208万バレル増の9943万バレルと、前月予想(223万バレル増)を下方修正。23年は206万バレル増の1億0149万バレルと、前月予想(200万バレル増)を引き上げた。

米石油協会(API)週間石油在庫

API1

API2

原油在庫:前週比215万6000バレル増(事前予想:前週比40万バレル減)

ガソリン在庫:前週比62万7000バレル減

留出油:前週比137万6000バレル増

クッシング原油在庫:前週比91万バレル増

寄付き予想

000海外市況速報

本日の国内市場は、

貴金属市場は、金が+33円前後、白金が-9円前後、
原油市場は、±0円前後、
ゴム(RSS)市場は、-2.0円前後、
穀物市場は、コーンが-480円前後で始まる見通し。

000最終約定価格

SPDRゴールドの現物保有高

goldETF1

goldETF2

9日のSPDRゴールドの現物保有高は、前日比変わらずの999.16トン。
記事検索
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール

菊川 弘之

当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ