桜井章一

特殊部隊の猛者はなぜ自宅で怪我ばかりするのか?


〜桜井章一〜

東京コーン(チャート分析)

tkcorn

 本日の東京コーンは、大幅続伸。MACでは、買いのセットアップとなった。明日、終値ベースで、HMA(4/26:21480円)を上抜くと、買いのトリガーヒットとなる。

東京灯油(チャート分析)

tkho

本日の東京灯油は反発。MACでは、18日にヒットした売りのトリガー継続。HMA(4/26:48430円)を上値抵抗帯とした戻り売り基調。

東京ガソリン(チャート分析)

tkgas

本日の東京ガソリンは反発も、陰線引け。MACでは、18日にヒットした売りのトリガーが継続の状況。LMA(4/26:49200円)〜HMA(4/26:50250円)を上値抵抗帯とした戻り売り基調。

東京原油(チャート分析)

tkoil

本日の東京原油は、反発。MACでは、20日にヒットした売りのトリガーが継続している状態。LMA(4/26
:35950円)〜HMA(4/26:37060円)を上値抵抗帯。

東京ゴム(チャート分析)

tkr

本日の東京ゴムは、続伸。 MACでは、買いのセットアップとなった。明日、終値ベースで、HMA(4/26:218.4円)を上抜くと、買いのトリガーヒットとなる。

東京白金(チャート分析)

tkpt

本日の東京白金は、小反発。はらみ足となった。MACでは、売り買い共にシグナルなしの状態。終値ベースで、LMA(4/26:3399円)〜HMA(4/26:3437円)のレンジ放れ待ち。

東京金(チャート分析)

tkg

本日の東京金は、続伸。MACでは、買いノセットアップとなった。明日、終値ベースで、HMA(4/26:4498円)を上抜くと、買いのトリガーヒットとなる。

日経225(チャート分析)

225

 本日の日経225は、続伸。雲の下限を上抜き、上限を試す流れ。1月5日高値と3月2日高値を結んだラインが上値抵抗線。基準線〜転換線が下値支持帯に変化。2016年6月24日安値を起点とした上昇チャネル継続。

レギュラーガソリン小売価格(全国平均)

店頭価格推移(全国平均、週間)

資源エネルギー庁が26日発表した石油製品価格調査によると、24日現在のレギュラーガソリン1リットル当たりの小売価格(全国平均)は、前週比0.1円安の133.9円。

9週ぶりの値下がり。

石油連盟週報

26日発表の石油連盟週報(4月16〜22日)によると、

週末在庫は、 
paj-gs

ガソリンが、前週比4.1%増の184万7970キロリットル。

paj-kr

灯油が、前週比1.0%増の98万0977キロリットル。

週間原油処理量は、4.5%増の368万6601キロリットル。

出荷量は、
 ガソリンが、前週比3.1%減の92万3627キロリットル。
 灯油が、前週比3.4%減の24万1504キロリットル。

ドル円(チャート分析)

yen

ドル円は、大幅続伸。111円台回復。3月10日高値〜4月17日安値までの下げ幅に対する38.2%戻し達成。半値戻しは111.80円。基準線〜転換線が下値支持帯に変化。

本日の経済指標

時間国名 経済指標・行事 事前予想
23:30米国前週分EIA週間石油在庫統計  
未定日本---日銀・金融政策決定会合(1日目)  
納会米国---NY金2017年4月限納会  
納会米国---NYプラチナ2017年4月限納会  

昨日の経済指標

時間国名 経済指標・行事 事前予想結果
8:50日本3月企業向けサービス価格指数[前年同月比] +0.8%
22:00米国2月ケース・シラー米住宅価格指数[前年同月比]+5.7%+5.9%
22:00米国2月住宅価格指数[前月比]+0.3%+0.8%
23:00米国3月新築住宅販売件数[年率換算件数]58.5万件62.1万件
23:00米国4月消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード) 122.5120.3
23:00米国4月リッチモンド連銀製造業指数 1620

本日の寄り付き見通し

海外市況速報20170426

昨晩の海外市場は、こちら。画像をクリックすると拡大します。

最終約定価格20170426

本日は、円安を好感して、おおむね堅調で始まる見通し。貴金属は海外安を円安が相殺して、前日比変わらず〜ややプラス、原油市場が300−400円高、穀物市場は、100−300円高で始まる見通し。
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール
日産証券セミナーサイト
当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ