昨晩のNY原油

wti

昨晩のNY原油(11月限)は続伸。前日比1.15ドル高の1バレル54.70ドルで取引を終えた。

11日にイランの石油タンカーが爆発したと伝わった。中東の地政学リスクの高まりが材料視された。

更に米中貿易協議で、中国が米国産農産物の購入再開で譲歩する一方、米国が15日に予定していた対中関税率引き上げを見送り、合意につなげる方針と報じられた事も好感された。

引け後にトランプ米大統領は「中国とフェーズ1の合意に達した。合意には知財、農産物の購入、金融サービスを含まれる」と述べたほか、ムニューシン米財務長官は「中国人民銀行との協議は順調に進んでおり、為替の透明性で合意があった。来週15日の関税引き上げは見送り」とした。

一方、景気見通しの不透明感を背景に、国際エネルギー機関(IEA)は需要見通しを下方修正した。2019年、2020年ともに10万バレル引き下げられ、前年比の伸びは19年が日量100万バレル、20年が同120万バレルと見通されている。

昨晩のNYダウ


dow
昨晩のNYダウは大幅に3日続伸。前日比319ドル92セント(1.2%)高の2万6816ドル59セントで終えた。

米中貿易協議で複数の項目で合意したようだと報じられ、買いが優勢となった。中国が農産品の購入で譲歩する一方、米が15日に予定している中国製品に対する制裁関税の引き上げを見送る方針と報じられた。午後にはトランプ米大統領が「中国と非常に大きな合意の第1段階に至った」と述べた。

ナスダック総合株価指数は同106.257ポイント(1.3%)高の8057.039で終えた。

昨晩の海外市場

ドル円:108.41 + 0.43 

NY金2018/12:1488.7 - 12.2          

NY白金 2018/1:900.3 - 7.6   

NYパラ 2018/12:1670.10 - 5.80        

NY原油 2018/11:54.70 + 1.15          

シカゴ大豆 2018/11: 936.00 +12.50     

シカゴコーン 2018/12:397.75 +17.50 

昨晩の海外株式市場

NYダウ:26816.59(+319.92)

S&P500:2970.27(+32.14)

ナスダック:8057.04(+106.26)

CME日経平均先物:22060(大証終比:+260)

〜風林火山〜

人の相というものは、見よう見ようという心で見ると、まことの相は見えない。

観相に当たっては、その人間を見るのではなく、天地の声を聞き、その人間を取り巻く自然万物を明らかにするのが大事ーと。

サウジVSイラン

イラン海運最大手NITC、イラン船籍タンカーを攻撃したミサイルはおそらくサウジから飛来。

サウジVSイランの構図が強まると、原油市場の上値余地は短期的に広がる。

東京原油(チャート分析)

tkoil

 本日の東京原油は大幅続伸。MACでは、買いのセットアップとなった。週明け、終値ベースで、HMA(36650円)を上抜くと、買いのトリガーヒットなる。
tkoilichimoku

 4日の下ヒゲ安値(34200円)を維持できるか否かが焦点。雲の中へ突入。雲の上方へ抜けるか否かが焦点。
tkoilrenko

 練行足は陽転。

東京ゴム(チャート分析)

tkrmac

 本日の東京ゴムは続伸。MACでは、買いのトリガーヒットとなった。LMA(156.1円)〜HMA(159.7円)を下値支持帯とした上昇トレンド入り。
tkrichimoku

 ストキャスティクスは、ゴールデンクロスで自律反発局面。心理的節目150円が下値支持。雲の下限〜基準線が上値抵抗帯。同水準は6月高値を起点とした下降トレンドとも重なる。
tkrrenko

 練行足は陽転。

東京白金(チャート分析)

tkptmac

 本日の東京白金は続伸。 MACでは、買いのセットアップとなった。週明け、終値ベースで、HMA(3120円)を上抜くと、買いのトリガーヒットとなる。
tkptichimoku

 心理的節目3000円が下値支持として意識されている一方、基準線が上値抵抗として機能中。9月高値〜10月安値までの下げ幅に対する38.2%戻しは、3164円。半値戻し(3211円)は基準線と重なる。基準線を上抜いてこないと、日柄経過と共に雲の上から中へ入り込む時間帯へ移行する。
tkptrenko

 練行足は陽転継続。

東京金(チャート分析)

tkgmac

 本日の東京金は、小反落。MACでは、買いのトリガーヒットとなった。LMA(5132円)〜HMA(5181円)を下値支持帯とした上昇トレンド入り。
tkgichimoku

 雲の上限で下支えられて反発。9月高値を起点とした下降トレンドを上抜くと強気感が増す。同水準の攻防が焦点。
tkgrenko

 練行足は陽転継続。

日経225(チャート分析)

225mac

 本日の日経225先物は、大幅続伸。MACでは、買いのセットアップとなった。3連休明け、終値ベースでHMA(21710円)を上抜くと、買いのトリガーヒットとなる。
225ICHIMOKU

 10月4日の長い下ヒゲ安値が短期的な底値候補。200日移動平均線と重なる基準線が下値支持。転換線を上抜き上げ加速。心理的節目22000円が意識される。
225renko

 練行足は陽転継続。

イラン保有のタンカー爆発

BC80DF41-BA36-4387-A6EB-DDC9C46B21C4

 11日のイラン学生通信(INSA)によると、サウジアラビア西部のジッダ港近くで、イラン国営石油会社(NIOC)保有のタンカーで爆発。

 これを受けて、NY原油、時間外で急伸。NY金も追随。

OPEC月報

 OPEC産原油に対する20年の需要は、前年比120万バレル減の日量2960万バレル予想で、19年から120万バレル減少する見込み。米国など他の産油国の供給増を受けた。
 また、20年の世界経済の成長率見通しを3.1%から3%に引き下げた。


 一方、9月のOPEC加盟国産油量は日量2849万バレルで、前月比132万バレル減。大半がサウジアラビアの石油施設への攻撃によるもの。サウジの産油量は9月、日量128万バレル減の同856万バレルに落ち込んだ。サウジは早期に生産を回復したと強調したが、同国がOPECに報告した9月の生産量は前月比66万バレル減の日量913万バレル。OPECが2次情報源から集計した統計では128万バレル減の日量856万バレルだった。


サウジアラビアの石油施設が攻撃を受ける前の8月の生産水準を維持した場合、日量およそ20万バレルの供給超過となる。


バーキンドOPEC事務局長

 石油輸出国機構(OPEC)のバーキンド事務局長は10日、OPECとロシアなどOPEC非加盟産油国で構成する「OPECプラス」にとって、12月の会合で一段の原油生産量削減を検討するのは選択肢の一つとの見解を明らかにした。

 OPECプラスは1月以降、相場下支えのため日量120万バレルの減産を実施している。減産合意は2020年3月までとなっており、OPECプラスは12月5、6日の会合で改めて生産方針を決める。

週間純輸出成約高(10月3日までの週)


exx-soy2

大 豆:209万5500トン(事前予想レンジ:50万〜70万トン)

exx-corn2

コーン:28万4500トン(事前予想レンジ:60万〜95万トン)

小麦:52万1900トン(事前予想レンジ:40万〜90万トン)
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール

菊川 弘之

お客様感謝DAY
当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ