昨晩の海外市場

ドル円:105.96 + 0.04

NY金2020/12:2039.7 + 11.7     

NY白金 2020/10:1002.7 + 32.3  

NYパラ 2020/9:2270.40 + 93.80     

NY原油 2020/9:41.94 + 0.72

シカゴ大豆 2020/11:873.25 + 5.75

シカゴコーン 2020/12:323.00 + 2.25

アングロゴールド・アシャンティ

南アフリカ産金大手アングロゴールド・アシャンティが7日発表した2020年上半期決算では、1株当たり利益が0.97ドルと、前年同期の同0.29ドルから234%の大幅増加となった。

アングロの上半期の金生産量は、146万9000オンス。前年同期の155万4000オンスを下回った。

イラク追加減産

イラクは7日、8月と9月は日量40万バレルを追加減産することを発表。過去3ヶ月の過剰生産分を相殺するため。

イラクのアブドルジャバル石油相は、サウジアラビアのアブドルアジズ・エネルギー相との共同声明で、8月と9月の減産分は、石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟産油国で構成する「OPECプラス」の協調減産で約束している日量85万バレルに上乗せする形になると説明。これにより、イラクの減産規模は日量125万バレルになる。

李登輝氏弔問(森喜朗元首相)

李登輝元総統に弔意を示すため弔問団の団長として訪台した森喜朗元首相は9日、追悼会場が設置されている台北賓館を訪れた。

弔問団の派遣の背景については、日本の国会議員の間で党を超えて「どこの国よりも一番早く、外国の弔問客として日本の政治家が行くべき」との声が上がっていたと説明。

台湾の総統と日本の首相として、それぞれの立場はあったとしつつ、「お互いの人間としての友情や尊敬は一度も揺らぐことはありませんでした」と語った。

蘋果日報(アップル・デーリー)創業者逮捕

香港の警察当局は10日、中国政府を公然と批判してきた香港メディア界の大物で、民主派の香港紙「蘋果日報(アップル・デーリー)」創業者の黎智英氏を、国家安全維持法(国安法)違反の容疑で逮捕。

中国、米台会談を非難

 中国外務省の趙立堅副報道局長は10日、台湾の蔡英文総統とアザー米厚生長官が会談したことに対し「中国は一貫して米台の公的な往来に断固反対している」と非難。

報復合戦

中国は10日、米国のマルコ・ルビオ、テッド・クルーズ両上院議員らを含む米国人11人に制裁を科した。中国政府による香港への締め付けをめぐり、米国が中国当局者らに同様の制裁を科したことへの報復措置。

米石油掘削リグ稼動数

米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが7日公表した統計によると、同日までの1週間の国内石油掘削リグの稼動数は、前週比4基減の176基と、2005年7月以来の低水準となった。

天然ガス掘削リグの稼動数は変わらずの69基。

アツイコトバ

戦略は2つ。今ベストをつくせ、今シコミを入れよ

米追加経済対策

追加対策を巡る与野党協議は数週間にわたって行われてきたが、7日に決裂。トランプ大統領は8日、7月末に失効した失業保険給付の上乗せなどの措置を復活させる大統領令に署名した。

ペロシ議長とムニューシン長官は9日、一部の支援を年末まで延長した上で、11月の大統領選後となる来年1月にさらなる支援の必要性を再度検討することに前向きな姿勢を示した。

中国PPI

中国国家統計局が発表した7月の生産者物価指数(PPI)は、国際石油価格の上昇を受けて低下率が鈍化。
7月のPPIは前年比2.4%低下。6月(3.0%低下)から低下幅が縮小。事前予想は2.5%低下。

本日の経済指標

本日の経済指標_20200810

アツイコトバ

人はしょせん一人だ、そして絶対に一人ではない

アツイコトバ

幻覚が見えるまで、イメージせよ

昨晩のドル円

yen

昨晩のドル円は、前日比35銭円安・ドル高の1ドル=105円85〜95銭で取引を終えた。
7月の米雇用統計が市場予想を上回り、米国の南部や西部でコロナ感染が再拡大するなかでも雇用回復が持続していたことが確認され、円売り・ドル買いを誘った。

米雇用統計では非農業部門の雇用者数が前月比176万3000人増と市場予想(148万増)以上に増えた。失業率も10.2%と3カ月連続で低下し、市場予想(10.6%)を下回った。

ただ、米中対立への警戒感や、米追加経済対策で米政権と議会の間で追加の米経済対策の取りまとめが難航していることが、ドル円の上値を抑えた。
記事検索
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール

菊川 弘之

当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ