東京原油(チャート分析)

tkoil

 本日の東京原油は続伸。MACでは、買いのセットアップとなった。明日、終値ベースでHMA(6/27:32730円)を上抜くと、買いのトリガーヒットとなる。

東京ゴム(チャート分析)

tkr

 本日の東京ゴムは、続伸。 MACでは、買いのセットアップとなった。明日、終値ベースで、HMA(6/28:196.7円)を上抜くと、買いのトリガーヒットとなる。

東京白金(チャート分析)

tkpt

 本日の東京白金は、反発。MACでは、9日にヒットした売りのトリガー継続の状態。HMA(6/28:3340円)が上値抵抗として機能中。

東京金(チャート分析)

tkg

 本日の東京金は反発。MACでは、買いのセットアップとなった。明日、終値ベースで、HMA(6/28:4480円)を上抜くと買いのトリガーヒットとなる。

日経225(チャート分析)

225

 本日の日経225は反落。20日の上ヒゲ高値が、当面の高値候補。転換線割れで、基準線をためす流れ。

レギュラーガソリン小売価格(全国平均)

店頭価格推移(全国平均、週間)

資源エネルギー庁が28日発表した石油製品価格調査によると、26日現在のレギュラーガソリン1リットル当たりの小売価格(全国平均)は、前週比0.4円安の130.6円。
3週連続の値下がり。

石油連盟週報

28日発表の石油連盟週報(6月18〜24日)によると、

週末在庫は、 
国内ガソリン在庫

ガソリンが、前週比2.2%減の184万9804キロリットル。

国内灯油在庫

灯油が、前週比2.7%増の152万0213キロリットル。

週間原油処理量は、1.6%増の313万3190キロリットル。

出荷量は、
 ガソリンが、前週比2.8%減の93万8191キロリットル。
 灯油が、前週比40.4%増の11万2281キロリットル。

世界白金市場は3年連続で供給過剰

 米商品調査会社CPMグループは27日公表の報告書で、2017年の世界白金市場は3年連続で供給過剰になるとの見通しを示した。消費傾向の変化で一部製品向けの需要が押し下げられているが、供給量は横ばいとした。

 CPMは近年の需要伸び悩みについて「自動車・宝飾産業の傾向の変化が逆風となっている」と指摘。

 CPMは17年の白金加工需要が706万オンスと、前年実績(705万オンス)からは0.1%増えるものの、13年の水準(720万オンス)をかなり下回ると予想。

 17年の供給過剰規模は19万1000オンスと、前年の19万7000オンスから縮小する見通し。年間供給量は16年比横ばいの720万オンスと見込んだ。

7月に産油国会合

 石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国は、5月25日に減産期間を2018年まで延長することで合意したが、米国の増産や、減産対象外のナイジェリアとリビアの産油量が増加し、原油価格は下落している。

 OPEC代表者は、一層の減産の可能性について「近く検討される公算は小さい」と述べ、7月にロシアで開催する会合で協議する可能性があると指摘。

 減産合意を監視する5カ国とサウジアラビアの石油相は、7月24日にロシアで会合を開く予定。11月の次回総会に向け、減産合意の修正を勧告する可能性がある。

S&Pケースシラー住宅価格指数

S&Pケースシラー住宅価格指数(4月):5.67%

予想:5.90% 
前回:5.88%(5.89%から修正)(20都市・前年比)

独立記念日に伴う休場予定

独立記念日2017

本日の経済指標

時間国名 経済指標・行事 事前予想
17:00ユーロ5月マネーサプライM3[前年同月比]+5.0%
23:00米国5月住宅販売保留指数[前月比]+1.0%
23:30米国前週分EIA週間石油在庫統計  
納会米国---NY金2017年6月限納会  
納会米国---NYパラジウム2017年6月限納会  

昨日の経済指標

時間国名 経済指標・行事 事前予想結果
22:00米国4月ケース・シラー米住宅価格指数  197.19
23:00米国6月消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード) 116.0118.9
23:00米国6月リッチモンド連銀製造業指数  7

IMF見通し

2017年実質成長見通しを2.1%に下方修正(4月時点2.3%)

2018年実質成長見通しを2.1%に下方修正(4月時点2.5%)

本日の寄り付き見通し

海外市況速報20170628

週末の海外市場は、こちら。

最終約定価格20170628

本日の東京市場は、

貴金属市場は、金が20−30円前後のプラス、白金が10円前後のプラス。

原油市場は、400〜500円前後のプラス。

穀物市場は、100〜300円前後のプラスで始まる見通し。
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール
日産証券セミナーサイト
当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ