昨日の経済指標

時間国名 経済指標・行事前回事前
予想
結果
8:50日本6月輸出 (前年比)8.1%7.0%6.7%
8:50日本6月輸入 (前年比)14.0%5.3%2.5%
8:50日本6月貿易収支-578.3 (十億)534.2 (十億)721.4 (十億)
17:30英国6月小売売上高 (前年比)3.9%3.7%2.9%
21:30米国7月フィラデルフィア連銀業況指数19.921.525.7

昨晩の海外市場(ヘッドライン)

yen

ドル円:パウエルFRB議長は、前日まで2日間にわたる議会証言で緩やかな利上げを進める方針を改めて表明した。しかし、トランプ大統領がCNBCテレビのインタビューで足元のドル高基調に不満を示すとともに、FRBの利上げ方針に「必ずしも同意しない」などと発言すると、ドルは急落した。
dow

NYダウ:反落。米主要企業の4〜6月期決算の発表が佳境に入る中、ダウ構成銘柄であるクレジットカード大手アメリカン・エキスプレス(アメックス)と保険大手トラベラーズの業績に対する失望売りが膨らみ、相場を下押した。
nyg

NY金(8月限):反落。時間外取引ではドル高を受けて軟調となった。日中取引では、好調な米経済指標を受けて2017年1月以来の安値を付けたが、米大統領の発言をきっかけにドル高が一服したことを受けて下げ一服となった。
nyslv

NY銀(9月限):続落。好調な米経済指標によるドル高を受けて一代安値を付けた。
nypt

NY白金(10月限):続落。好調な米経済指標によるドル高などを受けて一代安値を付けた。ただ米大統領の発言をきっかけにドル高一服したことを受けて下げ一服となった。
nypal

NYパラ(9月限):続落。ドル高やテクニカル要因の売りを受けて売り優勢となり、2017年7月以来の安値853.30ドルを付けた。
wti

NY原油(8月限):続伸。サウジアラビアの石油輸出国機構(OPEC)理事であるアマ氏が、同国の8月の原油輸出が日量10万バレルほど減少すると示唆したことが好感された。
cs

シカゴ大豆(11月限):続伸。干ばつに見舞われたアルゼンチンからの買い付けが見られたことが好感されたほか、前週末、今週明けと一代の安値を更新した後の修正のための買戻しが引き続き見られた。
cc

シカゴコーン(12月限):続伸。米コーンベルトでの作柄悪化が引き続き懸念されたことに加え、米農務省(USDA)発表の週間純輸出成約高の強気な内容を好感した買いが入った。

「衝撃的でっち上げ」中国外務省

中国外務省の華春瑩副報道局長は19日、習近平国家主席が米中貿易戦争回避に向けた合意を妨げていると米国家経済会議(NEC)のカドロー委員長が批判したことについて、「衝撃的」で「でっち上げ」の非難だ述べ、不快感を示した。

EU離脱に伴う損失試算(IMF)

 国際通貨基金(IMF)は19日、英国が欧州連合(EU)から自由貿易協定をめぐる合意がないまま離脱した場合、EUは域内総生産の約1.5%に相当する長期的な阻害を受ける可能性があるとの見方を示した。

 IMFは「ユーロ圏と英国との間の緊密なつながりを踏まえると、英国のEU離脱(ブレグジット)による勝者はいない」と指摘。
IMFの推計によると、英国の「合意なき離脱」が現実となった場合、EU経済は約2500億ドルの損害を受けるとみられる。また、域内雇用者数の0.7%に相当する100万人を超える雇用が失われる可能性がある。

 IMFはブレグジットにより最も大きな影響を受けるのがアイルランドで、次いでオランダ、ベルギー、ルクセンブルクとなると予想。このほかドイツも供給網を通して影響を受けるとした。

 IMFは今回の報告書では英経済が離脱により受ける影響の試算は示していない。

米フィラデルフィア連銀製造業景況指数

米国 フィラデルフィア連銀業況指数1
米フィラデルフィア連銀は19日、7月の第3連邦準備地区の製造業景況指数が総合で25.7と、前月の19.9から上昇したと発表。市場の予想値(21.5)も上回った。 主な個別指数では、新規受注指数は31.4(前月は17.9)、雇用指数は16.8(同30.4)だった。  内訳を見ると、全体の業況が良くなったとの回答が44.1%、悪化したとの回答は18.5%、変わらずが37.4%。 一方、6カ月先の見通し指数は総合で29.0となり、前月34.8から低下。改善するとの回答が42.1%、悪化は13.1%だった。

新規失業保険申請

米国 新規失業保険申請件数1

米労働省が19日発表した14日までの1週間の新規失業保険申請は、季節調整済みで20万7000件と前週比8000件減少。市場予想の22万件を下回った。

申請件数は1969年12月6日(20万2000件)以来の低水準。

失業保険受給者総数は7日までの1週間で175万1000人と、8000人の増加。市場予想は173万人。

トランプ大統領、利上げ牽制

トランプ米大統領は19日、米CNBCテレビとのインタビューで、米連邦準備理事会(FRB)の利上げを「好ましくない」と述べた。ユーロ圏の金融緩和や中国人民元の下落で「不利になる」と語り、利上げがもたらすドル高にも懸念を示した。

 トランプ氏は自らがFRB議長に指名したパウエル氏を「非常に良い人物を据えた」と自賛しつつも、「必ずしも(政策運営に)賛成する必要はない。彼は金利を上げている。喜ばしくはない」と利上げ路線に明確に異論を唱えた。一方で「それと同時に、私は彼らが最善だと感じることをさせたい」とも話した。

 利上げの問題点を「(景気が)上向くたびに、彼らはまたやりたくなる」と指摘。「我々は経済に打ち込んでいる。それで金利が上がるのをみるのは好ましくない」と語り、減税を軸にした景気刺激への努力がそがれるとの懸念を示した。

 さらに欧州の金融緩和やユーロの下落、中国人民元の大幅な下落を引き合いに「我々の通貨は上昇している。それは我々を不利な状況に置いている」と強調。利上げ継続を背景にしたドル高の動きに不満を表明した。

昨晩のNY金

昨晩のNY金(8月限)は小反落した。前日比3.9ドル安の1224.0ドルで終えた。一時1210.7ドルと昨年7月中旬以来の安値を付けた。

 ただし、トランプ米大統領が米CNBCテレビのインタビューで米連邦準備理事会(FRB)の利上げについて「好ましくない」と述べたのを受けてドルが売られると、金は下げ幅を縮めた。

昨晩のNY原油

昨晩のNY原油(8月限)は3日続伸した。前日比0.70ドル高の1バレル69.46ドルで取引を終えた。

前日に米エネルギー情報局(EIA)が発表した週間在庫統計で原油在庫が市場予想に反して増えた事や、ノルウェーの油田で労働者のストライキが終わったことなどから朝方は売りが優勢だったが、サウジアラビアの原油輸出量が減るとの観測(8月から同国の輸出量を日量10万バレル程度減らすとの声明を発表)が出て、買いが優勢となった。

 

昨晩のNYダウ

昨晩のNYダウは、6営業日ぶりに反落し、前日比134ドル79セント(0.5%)安の2万5064ドル50セントで終えた。自動車関税を巡る米欧の貿易摩擦への警戒感が相場の重荷となった。

 トランプ米大統領は、欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長などとの会談を前に、自動車の交易条件の改善に向けた交渉が進まなければ「大規模な報復」も辞さないとの強硬姿勢を示した。これに対し、マルムストローム欧州委員は、米が自動車・同部品に関税を発動した場合、報復関税の「準備をしている」と表明した。

前日まで5日続伸していたため、利益確定の売りも出やすかった。

 ナスダック総合株価指数は続落し、同29.148ポイント(0.4%)安の7825.296で終えた。

昨晩の海外市場

ドル円 112.48 - 0.38

NY金  2018/8 1224.0 - 3.9       

NY銀  2018/9 1540.2 - 17.2    

NYプラ 2018/10 806.3 - 11.5   

NYパラ 2018/9  866.20 - 35.60      

NY原油 2018/8  69.46 + 0.70   

シカゴ大豆  2018/12 846.00 + 3.75  

シカゴコーン 2018/11 351.25 + 4.00  

NY株式サマーラリーの後に控えるもの

NY株式サマーラリーの後に控えるもの」を寄稿しました。

参考にして頂ければと思います。

1〜6月の貿易統計速報

 財務省が19日発表した1〜6月の貿易統計速報(通関ベース)によると、輸出額は前年同期比で6.2%増の40兆1305億円と2年連続で前年同期を上回った。

 上期に40兆円を超えるのは2008年以来、10年ぶり。

 特に半導体関連製品の中国向け輸出が伸びた。輸出から輸入を引いた貿易収支は黒字を確保したが、原油などの資源高で黒字幅は縮小。

輸入制限をめぐる公聴会

 米商務省は19日(日本時間同日午後)、自動車・同部品の輸入制限をめぐる公聴会をワシントンで開催する。
米国、日本、欧州連合(EU)など各国の政府関係者や業界団体など45超の代表が参加。証言者の多くが自動車への高関税などの輸入制限が経済に及ぼす影響に関して懸念を表明する見通し。

 商務省は5月、通商拡大法232条に基づき、輸入自動車と同部品に関する影響調査を始めた。早ければ今月中に調査を終える。輸入の増加が安全保障上の「脅威」に当たると判断すれば、輸入車などに高関税を課す。

 自動車関連は米国の輸入全体の15%強を占める最大品目。232条を根拠に先に輸入制限の対象とした鉄鋼(同1%強)に比べると経済に与える影響は大きいとされる。

 完成車や部品の関税が大幅に引き上げられれば、米国内での自動車の販売価格は年間830億ドル(約9兆3700億円)値上がりするとの試算もある。

 トランプ大統領は産業界の意見を踏まえ、11月の中間選挙までに関税発動の是非につい
て最終判断を下す意向とされている。

東京コーン(チャート分析)

tkcorn

 本日の東京コーンは続伸 MACでは、7月6日にヒットした売りのトリガー継続。12日の長い下ヒゲ〜13日の上ヒゲ高値とのレンジ放れ待ち。 上ヒゲ高値は、HMAと重なる水準。
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール

菊川 弘之

アクセスクロス
日産証券セミナーサイト
当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ