ドル円111円台

yen

YAHOOファイナンス(9日17日)に寄稿した通りの展開。

昨晩の海外市場

ドル円  112.13 - 0.93

NY金  2017/12 1296.5 + 18.3

NY銀  2017/12 1737.3 + 30.1

NYプラ 2018/1 954.6 + 18.4

NYパラ 2017/12   992.90 + 8.05

NY原油 2017/12 56.55 + 1.41

シカゴ大豆  2017/1  990.50 +18.50

シカゴコーン 2017/12   343.00 + 6.50

〜風林火山〜

「期待と期待外れが、相場のエネルギー」

ムガベ大統領は退陣要求受け入れず

アフリカ南部のジンバブエで16日、自宅軟禁下にあるロバート・ムガベ大統領とコンスタンティノ・チウェンガ国軍司令官が面会。ムガベ氏は軍の退陣要求を受け入れていない模様。

銀見通し(GFMS中間報告)

 トムソンロイターGFMSとシルバー・インスティチュート(SI)の中間報告によると、2017年の銀は955トンの供給過剰の見通し。前年の591トンの供給不足から供給過剰に転じる。

供給は鉱山生産の減少を二次供給の増加が相殺し、前年比0.1%増の3万1352トン。需要は投資需要が同37%減の4044トン、宝飾・銀器が同2.6%増の8242トン、工業用が同3%増の1万8071トンとなるなか、同5%減の3万0357トンとなった。

平均価格は17.13ドルと前年の17.14ドルから下落する見通し。ただ2018年は18.80ドルに上昇すると予想された。

東京コーン(チャート分析)

tkc

 本日の東京コーンは反落。 MACでは、13日にヒットした売りのトリガー継続。LMA(21500円)〜HMA(21720円)を上値抵抗帯とした戻り売り基調。

東京原油(チャート分析)

tkr

 本日の東京原油は、反落。MACでは、16日にヒットした売りのトリガー継続。LMA(41970円)〜HMA(42790円)を上値抵抗帯とした戻り売り基調。

東京ゴム(チャート分析)

TKR2

 本日の東京ゴムは続落。 MACでは、16日にヒットした売りのトリガー継続。LMA(196.8円)〜HMA(202.6円)を上値抵抗帯とした戻り売り基調。 E=178.6円、V=175.2円などが一目均衡表からはカウント可能。

東京白金(チャート分析)

tkpt

 本日の東京白金は続伸。MACでは、売り買い共にシグナルなしの状態。終値ベースで、LMA(3383円)〜HMA(3416円)レンジ放れ待ち。

東京金(チャート分析)

tkg

 本日の東京金は続落。MACでは、売りのトリガーヒット。LMA(4639円)〜HMA(4667円)を上値抵抗帯とした戻り売り基調。

日経225(チャート分析)

225

 本日の日経225は続伸も、高値は売られて上ヒゲ陰線引け。 転換線が上値抵抗として機能した。11月16日安値を割り込むと、ダブルトップ完成となる。この場合の下値ターゲットは、N=21347.59円、V=21187.28円などが一目均衡表からはカウント可能だ。同水準は、雲の上限や、9月安値〜11月高値までの上昇に対する半値押し(21310円)水準とも重なる。

リターンムーブからの反落パターン

Yahooファイナンスに「リターンムーブからの反落パターン」を寄稿しました。

参考にして頂ければと思います。

初の弾道ミサイル積載潜水艦

今月5日の新浦造船所の商業衛星画像で、北朝鮮が初の弾道ミサイル積載潜水艦の建造・展開を積極的なスケジュール通りに進めていることが示されたと、ウェブサイト「38ノース」でアナリストが報告。

テロ支援国家に再指定の可能性

 トランプ大統領は来週前半にも北朝鮮をテロ支援国家に再指定する見通し。テロ支援国家に指定されれば金融制裁などの対象となる。サンダース米大統領報道官は16日、明らかにした。

 トランプ氏は16日、自身のツイッターで、中国の習近平国家主席の特使が17日に北朝鮮を訪問することについて「大きな動きだ。何が起きるか見てみよう」と書き込んだ。中国による働き掛けの結果を注視した上で、再指定について最終的な決断を下す可能性。

 

アラスカ非常事態計画委員会

 アラスカ非常事態計画委員会のメンバーのジェレミー・ジデック氏は地元民に朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)からの核攻撃に備え、放射能の拡散に対処する薬を常備するよう呼びかけた。デイリーメール紙が報じた。

 アラスカの住民に常備が呼びかけられたのは食糧と医薬品で、その中には核攻撃に備えて放射能の作用に対処できる薬も含まれている。このほかにも家には飲用水、懐中電灯、ラジオの常備を勧めている。

記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール
日産証券セミナーサイト
当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ