金ETF

bbc54d0a.jpg 世界最大の金塊上場投資信託(ETF)、SPDRゴールド・トラストは20日、17日時点の金塊保有量が1105.98トンとなり、前営業日比13.45トン減少したと発表。1日の減少幅としては昨年10月3日以来で最大を記録。2日連続の減少で、2日間の減少幅は計21.7トンと、昨年9月初め以降で最大。
 
 株高により、景気底打ち感も材料視される中、安全資産への逃避買いの後退が嫌気されている。CFTCによるとファンドの大口投機玉の買いの整理は遅れ気味で、値段の下げと共に、投げが誘発される可能性も想定しておきたい。

tkkinNYは三尊天井、東京はダブルトップ完成とチャート形状は悪化している。

 ただし、800〜850ドル水準では実需筋の買いが下値支持要因になると思われる。将来のインフレが警戒される状況に変わりはなく、突っ込み買いを考えたい。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

連休リスク

 大型連休入りを控え、株式市場では連休急落ジンクスを取り上げる向きも増えてきた。
 2003年は、当時の日経平均バブル後安値を付ける4月28日まで急落。
 2004年は、4月高値から5月安値まで1658円安。
 2005年は、3月高値から5月安値まで1141円安。
 2006年は、5月上旬高値から6月安値まで3073円安。

 「ひな祭りで買って、鯉のぼりで売れば良い」と言われた時期もあったが、2000年から2008年までの年間高値を見ると、「4月7日〜5月7日」の1ヶ月に、9年間のうち4回、年間高値を付けている。

 2007年、2008年は、この連休ジンクスは、崩れた格好だが、2009年は如何に?

 商品市場でも、GWに為替市場が大きく動いた時や、ロシア絡みで白金軽金属が動いたケースもあった。米国産地の天候状況次第では、穀物も大きく動く可能性を秘めている。
 
 連休前と連休後では、マーケットの風景が違う場合も考えられる。ポジション調整を現段階から考えておきたい。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

穀物備蓄

090419_1345昨日は、バーベキュー。
 ホタテ・イカ・サーモンなどの海鮮に加え、サーロイン。ヒレ、イチボ、ミスジ、トモサンカクと、様々な部位の食べ比べを行った。

090419_1355これらの肉牛のえさが、飼料用穀物。中国などが、生活水準の向上に伴い、「鶏肉」→「豚肉」→「牛肉」と、同じ1キログラムの肉をとるために、より飼料の量がかかる肉の需要が増えている。

090419_1339ジムロジャーズが強気を唱えるこれらの穀物に関して、主要8カ国(G8)農相会合で、ビルサック米農務長官は、穀物不足による混乱を回避するための国際的な穀物備蓄機関構想に対し、過剰規制の可能性などについて警告を発した。
 中長期スパンになるが、原油の奪い合い同様、水・穀物が次のターゲットになろう。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

ユーロ安→商品安

 週明けの東京商品市場は、全面安。ユーロ安・円高を嫌気した展開。
ECB政策金利の引下げ余地が限定的となる中、ECBが金利政策以外の非標準的措置へとシフトすることは既定路線化。IMFは4月末に新たな成長率予測を発表する見通しで、ドイツの2009年GDP成長率予測を、現在のマイナス2.5%からマイナス5%に大幅に下方修正する見通し。これはユーロ売り要因。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

yahoo news

ヤフー二ュースにコメントしています。
写真付きです。人差し指が短いです。包帯が取れた指ですが、太く短くなってしまいました。。。
 見た目は悪いですが、折れると強くなると言いますから。。。。

 中身勝負(笑)

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

シティ黒字転換を受け、NY株反発

NY金:867.9(-11.9)
NY白金:1211.6(-4.2)
NY原油:50.33(+0.35)
シカゴ大豆:1051.00(-7.50)
シカゴコーン:
詳細は、図表をクリックして下さい。
asa090418昨晩の海外市場では、ECBの量的な金融緩和見通しの広がりや、シティグループの第1四半期決算が6四半期ぶりに黒字に転じたこと、4月のロイター/米ミシガン大消費者信頼感指数(速報値)が、事前予想を上回ったことなどから、主要通貨でドルと円が買い進まれる中、ドル・円はクロス・円に圧迫された。ただし、クロス絡みの動きが一巡すると、米株高などを背景に、ドル・円は一時、99円台半ばまで買い戻された。
 NY金は続落。銀行の決算が予想を上回って信用不安が後退、安全資産の需要減少、金ETFの保有現物残高の減少、ドル高などが嫌気された。白金も続落。
 NY原油は続伸。シティグループとゼネラル・エレクトリック(GE)の決算報告を好感した株高を材料に切り返すと、一時53ドル台。
 シカゴ大豆は下落。年初来高値接近で利食い優先の動き。コーンは急反落。ドル高や国内需要の低迷観測、産地の好天による作付進展観測、大豆の急反落を嫌気。
asa-soku090418為替が週明け、大きく動かなければ、東京引け時との比較・換算では、貴金属・穀物がマイナスサイド、原油・粗糖がプラスサイドで月曜寄付きは、始まる見通し。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

来週の予定

来週の主要経済統計等

20日:3月米景気先行指数(米カンファレンスボード)
    バンク・オブ・アメリカ決算発表

21日:4月独ZEW景況感指数(独ZEW)
    3月独生産者物価指数(独連邦統計局)
    USバンコープ決算発表(米株式市場開始前)
    バンク・オブ・ニューヨーク・メロン決算発表
    ステートストリート決算発表
    モルガン・スタンレー決算発表

22日:3月貿易統計(財務省)
    ウェルズ・ファーゴ決算発表

23日:3月米中古住宅販売件数(全米不動産業者協会)
    欧州中央銀行理事会(ECB)
    2月ユーロ圏経常収支(ECB)
    GFMS「プラチナ&パラジウム・サーベイ2009」

24日:3月米耐久財受注(米商務省)
    3月米新築住宅販売件数(米商務省)
    4月独ifo業況指数(独ifo経済研究所)
    3月ユーロ圏新車登録台数(商用車)(ACEA)
    G7・G20(ワシントン)

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

UBS見通し

 スイスの金融大手UBSは、2009年のプラチナ現物の予想価格を1トロイオンス1100ドルとし、前回予想から5%上方修正。
また、金の予想価格は1000ドル、銀の予想価格は、14.80ドルと据え置いた。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

トリシェECB総裁講演

 本日、東京・芝で、トリシェECB総裁の講演があったが、要旨は以下の通り。

・ユーロ圏のファイナンス構造を全面的に考慮する
5月7日に非標準的措置について決定
・非標準的措置に関する期待の創出や助長を避けることが重要
・非標準的措置、銀行の積極的な参加を伴って実施する必要
・目先のニーズと長期的持続可能性の適切なバランスを維持する必要
・ユーロ圏の長期インフレ期待、物価安定に沿った水準を維持している
・金融監督の範囲や権限を拡大する必要
・財政・金融刺激策を支えるため、財政の持続可能性と物価安定にコミットする必要
・2009年は困難な年に、2010年には回復の見通し
・強いドルは国益にかなうとの米国の認識を評価する

 マーケットはユーロ売りで反応。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

金ETF残高減少

1d14710b.jpg 金ETFのSPDRゴールド・トラストは、9日以来過去最高水準(1127.68トン)を維持していた金塊保有量が16日、1119.43トンに減少したことを発表。
 これだけの減少は今年に入ってから初めて。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

昨晩の中国経済指標の捉え方

 昨日発表された中国の主要経済指標で、中国の第1四半期GDPが事前予想を下回った事だけクローズアップされたが、全体としてはポジティブな内容だった。

 3月固定資産投資は事前予想より強い数字となり、3月小売売上も不動産価格の落ち着きと中国政府の自動車購入支援策の影響もあり堅調。

 中国政府の景気刺激策効果が鮮明になると思われる第2四半期以降、中国経済の回復ペースは更に速まる可能性。

 8%成長を目標にしている中国当局にとって、更なる景気押し上げ策を講じる可能性は高いと考えられる。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

懐疑の中で

 昨日発表された米国経済指標は、まちまちの内容。
 米新規失業保険申請件数は前週の66.3万件から61.0万件に減少。これは1月24日週以来の低水準だが、先週はイースター休暇の週であったため、数字が歪められている可能性。
 3月住宅着工件数は、過去2番目の低水準となる弱い結果となったが、4月フィラデルフィアFedインデックスは、前月(−35.0)から−24.4に改善。製造業ISMが4月も改善を続ける可能性示唆する内容に。

 懐疑の中で相場は育つ。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

日経新聞1面の件

 今朝の日経朝刊1面でも報じられているように米銀ストレステスト(資産査定)の手法等が4月24日、結果が5月4日に発表される模様。

『米政府が米金融機関の経営の健全度による四分類の対応を検討している』、
『最上位の「A」には公的資金の返済を認める方向』

と報じているが、5月4日に発表される内容は、極力市場にサプライズがない形で行われると考える。

 GWに向けて日本市場が薄商いになる事が予想される中、本件に対する要人発言などには要注意。

 本日は12:00から、来日のトリシェECB総裁の講演がある。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

金星逆行終了

 2009年の金星逆行期は、3月6日〜4月17日。
アストロジーでは、この期間は「極めて困難かつ不透明な時期」と言われる。

 ほとんどの金融市場で、3月6日、及び4月17日の前後10日間に大きく反転する可能性が高いといわれているが、3月6日は、NYダウが安値を付けて反転したポイントとなった。ユーロドルも3月4日に底打ち反転となった。

 株式市場では、逆行期間中は天井を付ける可能性が高く、逆行から順行に転じる期間の前後にはボトムを付ける可能性が高いとされるが。。。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

JPモルガン決算を受け、株堅調

NY金:879.8(-13.7)
NY白金:1,215.8(-9.2)
NY原油:49.98(+0.73)
シカゴ大豆:1058.50(+23.50)
シカゴコーン:385.75(+1.25)
詳細は、画像をクリックして下さい。
asa090417昨晩の海外市場で、ドル・円は変わらず。1−3月期の中国の国内総生産(GDP)伸び率が予想を下回ったことをきっかけに軟化したが、欧米株式市場が地合いを引き締めたことを受け、リスク許容度上昇思惑から円が売られる展開に。NYダウは、前日比95.81ドル高の8125.43ドルと続
伸。JPモルガン・チェースが発表した1―3月期決算が市場予想を上回った事などを好感。
 NY金は急反落。ドルや米株価指数先物の反発を嫌気。白金も反落。中国のGDP成長の減速やドル高、金の急反落を嫌気した。
 NY原油は反発。株高を受けて米景気の最悪期は脱したとの見方から、一時50ドルを突破。
 シカゴ大豆は期近高/期先安。コーンは小反発
asa-soku090417本日の国内寄付きは、貴金属がマイナスサイド、原油・石油製品がほぼ変わらず、穀物が大豆中心に堅調スタートか?

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール
日産証券セミナーサイト
当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ