連休前

 日本は週末から三連休。23日は勤労感謝の日。
米国では、26日が感謝祭(Thanksgiving Day)。この日から米国ではクリスマスモードとなる。

 金の騰勢が続いているが、修正が入るとすれば、休場前のポジション調整絡みか?

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

投機規制の途中経過

 米下院農業委員会は17日、米連邦準備制度理事会(FRB)に米国の先物取引所の監督権限を持たせる内容の法案に反対する姿勢を示した。

 法案が承認されれば、FRBは金融業界におけるシステミックリスク(連鎖的破綻)を監督する機関創設などにより、その権限を拡大することになる。

 同委員会のピーターソン委員長は現在、先物取引所を監督する米商品先物取引委員
会(CFTC)に言及し、「FRBがCFTCを監督することになれば、これは大きな問題だと思う」と述べ、強力な権限を持つ監督機関を設立する必要性に懐疑的な見方を示し、FRBにその中心的な役割を担わせることに反対だとした。

 同委員会の共和党幹部、フランク・ルーカス氏は、FRBは日常的な市場の監督業
務において経験が不足していると指摘。議会は現行の先物市場の「優れた規制体系」を尊重すべきだと訴えた。

 CFTCのゲンスラー委員長は、政府や議会が審議する法案が通れば、証券取引所
や先物取引所に対する監督が二重になる可能性があると指摘。CFTCと米証券取引委員会(SEC)はそれぞれ、商品先物取引所および証券取引所の傘下のクリアリングハウス(清算機関)に対する単独の監督当局という立場を維持し続けるべきだとの考えを示した。

 投機規制の必要性が叫ばれているが、リスク許容度の高まりがマーケット支えており、この梯子を外すわけにも行かず、各所轄の権力争いも加わり、「抜け道のない投機規制」実施は困難か??

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

独リヒト

nysugF.O.リヒトは17日発表のリポートで、今年度(09年10月〜10年9月)の世界砂糖需給について、600万トンの不足になるとの見通しを示した。前年度は1070万トンの不足。

 「前年度は、それまでの在庫余剰分が残っていたため、実際の砂糖の不足はなかった。ただ、今年度は、インドなどの砂糖の最大消費国で在庫が減少することから、この状況は変わる可能性がある」と指摘。

 国際砂糖機関(ISO)が先週発表した予想によると、今年度の世界砂糖需給は7
20万トンの不足で、不足幅は前年度の1130万トンから縮小するとしていた。

 供給不足幅は縮小するも、供給超過にはならず、新穀が出回りを始めるまでは下げにくい地合となるか?

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

欧州タイム以降の注目点

ユーロ圏経常収支(18:00)
 事前予想:N/A(季調前)
 事前予想:N/A(季調済)

トリシェECB総裁講演(17:40) 

英金融政策委員会(MPC)議事録(18:30)

MBA住宅ローン申請指数(21:00)
 事前予想:N/A(前週比)

米消費者物価指数(22:30)
 事前予想:0.2%(前月比)
 事前予想:-0.3%(前年比)
 事前予想:0.1%(食品・エネルギー除くコア)(前月比)
 事前予想:1.6%(食品・エネルギー除くコア)(前年比)

米住宅着工件数(22:30)
 事前予想:600千件

米住宅建築許可件数(22:30)
 事前予想:580千件

ブラード・セントルイス連銀総裁講演(23:15)

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

レオ・メラメド中国訪問

091118_1326中国の知人によると、中国の国務院副総理王岐山(金融担当)が,中南海でCMEの名誉主席レオ・メラメドと会見した模様です。

 レオ・メラメドといえば、「金融先物市場の父」と呼ばれる方で、先物市場に通貨などの金融商品を導入された方です。日本のシンドラーこと杉原千畝により、幼い頃リトアニアから脱出した経緯があり、日本にも縁のある方だが、金融の立場からは、やはり、中国に目が向いているよう。

 ジム・ロジャーズも大連取引所の顧問に就任したが、日本の株価のように日本だけ取り残されていくと感じている人が増えているのではないか。

 本日の池水さんのメールに、某ファンドマネージャーのコメントが掲載されていたので一部ご紹介。

「日本にグロースを期待して日本に投資するのではない。 日本株式市場には 「mispricing の機会が豊富に存在するから日本市場でプレーするのだ」との発言があり、決して日本の経済基盤を信認した日本投資でないことを知って愕然とした次第です。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

ジム・オニールの見方

 「BRICs」と言う言葉を産んだことで有名なゴールドマン・サックスのジム・オニール氏は17日付の英夕刊紙イブニング・スタンダードに寄稿し、中国は18年後の2027年までに米国を抜いて世界一の経済大国になると予測。

 これまで同氏は41年までに世界1になると予想していたが、これを繰り上げた。

 昨年の中国の国内総生産(GDP)はドル換算ベースで約4兆3000億ドルで、米国と日本に次いで世界3位だった。

 ジム・オニール氏は「来年末までに5兆4000億ドル前後になり、日本を楽々追い越して世界2位になるだろう」と述べ、41年に米国を抜く可能性があると03年に予想した際、パイプドリーム(夢想)にすぎないと考えた人々も少なくなかったが、実際にはもっと早く、18年後には世界1になりそうだ」と述べた。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

2012

b12b13ec.jpg 日本でもマヤ暦による2012年終末説を描いた「2012」が今週末に封切られるが、その中でのシーンで登場人物が支払いは「one billion dollars?」かと聞くと、相手側の答えは「no, one billion Euros」。

 ドルの将来を暗示しているかのようなシーン。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

高寄り予想

asa-soku091118昨晩の海外市場は、こちら。画像をクリックすると拡大します。
 バーナンキFRB議長発言から一日、ドル買い優勢。短期的な下げすぎ感などからドル買い戻しの動きが優勢となった。この日発表された複数の米経済指標は強弱まちまちで、市場への影響は限定的。金はまちまち。白金はJM報告を受けて続伸。原油は、石油製品在庫の減少見通しなどで続伸。大豆も高い。 
asa091118本日の東京市場は前日比プラスサイドで始まる銘柄が多い見通しだが、高値では警戒感も強まるか?

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

トリシェECB総裁発言

「インフレ圧力、中期的に低い」

「現在の金融政策スタンスは適切」

「最新の情報、下半期の回復を示唆」

「10年に緩やかな回復を予想」

「強いドルに関する米当局者の発言を歓迎」

「強いドル、世界全体の利益」

「前日のバーナンキ米FRB議長発言は非常に重要、議長の分析と完全に一致」

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

ジョンソン・マッセイ報告

3d7dbb19.bmp ジョンソン・マッセイ(JM)社が17日発表した「プラチナ2009中間調査報告書」によると、09年の世界白金需要は前年比4.4%減の184.0トンに落ち込む一方、供給は同1.8%増の188.3トンに拡大する見通し。同年は4.3トンの供給過多予想。2010年は若干の供給不足になる可能性を示唆。

 今後6カ月の価格動向については、1280〜1550ドルと予想。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

「利食い千人力」

091114_1806_003「利食い千人力」とは、利益確定の大切さについての格言です。

 投資では(新規の)買いよりも(利益を確定する)売りの方が難しい(重要)と言われます。実際、早く売りすぎて、そのあと更に大きく上昇してしまったり、逆に欲を出したがために売り時を逃し、株は下落してしまったなどよくある話です。

 また、含み益を、現実の儲けと錯覚する方がいます。含み益とは、実際に決済しなければ、どうなるかわからないものである点を理解する必要があります。「利益を確定して初めて儲けになる」訳です。ウォール街では「株券は売り放つまで利益を得たりというべからず」という格言もあります。

 利食いで市場から回収した資金が、ゆくゆくは千人の味方に相当する、これが「利食い千人力」の大意です。

 一緒に覚えておくと良い格言に「頭としっぽはくれてやれ」「利食いをして破産した相場師はいない」などがあります。


にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

地金、約1200キロを密輸

1c69cc27.jpg 金の地金約1200キロを密輸し、消費税など約1億5400万円を脱税したとして、東京地検特捜部は17日、関税法違反(無許可輸入)と消費税法違反などの容疑で、土地家屋調査士を逮捕。

 2008年4月から今年2月にかけ、金の地金を手荷物に隠して空港の税関検査で申告せず、計56回にわたり約1200キロ(31億円相当)を密輸。金の輸入に課される消費税など約1億5400万円を免れた疑い。

 今後、金価格上昇、消費税引き上げなどが行われる思惑が強まると、この手の犯罪も増えてくる予感。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

ジョンソン・マッセイ報告

a56611d3.jpg 今晩日本時間の午後10時に英ジョンソン・マッセイ社(JM)が需給見通しと価格予想を発表する予定。

 本日の東京市場は、昨晩のNY金の史上最高値更新もあり、JM報告での強気を先取りしたような値動きとなった。既にNY白金は、前回JM報告で予想されたレンジ上限1350ドルを上回っている。

 中国などの景気回復による需要増加期待、来年の減産予想は、かなり織り込んでいる状況。金との比較での割安感はあるが、大きく上昇している金の下落で鞘が修正される可能性も想定しておきたい。

 今晩のJM報告で強気の内容となっても、金の修正幅が大きくなるようだと、白金も金に追随する可能性も。

 中長期的には、金同様、上昇トレンド継続と見るが、短期的には「噂で買われて事実で売られる」展開もありえるか?

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ


NY金、投機玉の買い越しは過去最高水準

09af4acb.jpg CFTC建玉明細によると、依然としてNY金の大口投機玉の買い越しは、過去最高水準を維持している。
 11月末に決算を迎えるヘッジファンドが多い中、他市場ではロング、ショートの違いはあるものの、期末に向けてのポジションの手仕舞いと見られる動きが観測されている。
 高水準を維持している金や豪ドルなどのポジションが、期末に向けてこのまま維持されるのか否かにも注視していきたい。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ


東京金(チャート分析)

tkg本日の東京金は、反落。陰線引けとなった。RSIは逆行現象。
天井候補であった11月5日の上ヒゲ高値から一節、10月26日高値から明日で二節となる時間帯。本日は新月でもあり、一旦は高値の節目が意識されやすい時間帯。
 長期上昇トレンドは継続しているものの、一旦修正に入った場合は、11月5日高値と重なる転換線(3217円)が試されるか?

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール
日産証券セミナーサイト
当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ