欧州タイム以降の注目点

英消費者物価指数(18:30)
 事前予想:0.1%(前月比)
 事前予想:1.4%(前年比)
 事前予想:1.8%(コア・前年比)

小売物価指数(18:30)
 事前予想:0.1%(前月比)
 事前予想:-1.0%(前年比)
 事前予想:1.8%(除くモーゲージ利払い)

ユーロ圏貿易収支(19:00)
 事前予想:N/A(季調前)
 事前予想:N/A(季調済)

米生産者物価指数(22:30)
 事前予想:0.5%(前月比) 
 事前予想:-1.8%(前年比)
 事前予想:0.1%(食品・エネルギー除くコア)(前月比)
 事前予想:1.4%(食品・エネルギー除くコア)(前年比)

対米証券投資(23:00)
 事前予想:300億ドル

米鉱工業生産(23:15)
 事前予想:0.4%(前月比)

米設備稼働率(23:15)
 事前予想:70.8%

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

IMF金をモーリシャスに売却

9816c7c9.gif IMFがモーリシャス共和国に金2トンを売却。販売額は7170万ドル。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

中国 初の国産軍用機製造へ

a93459cf.jpg 中国本土政府・財政部は、10月の中央と地方を合わせた全国財政収入が増加、前年同月対比28.4%増の6,844億9,300万人民元となり、6カ月連続してプラスになったと発表。

 軍事面では、中国本土の航空機製造企業の一つである中国航空工業集団は、大型の軍用輸送機の生産が進み、本年末に試作機を公開するとコメント。中国本土国産の大型軍用機の製造は初めて。

 TBSで放送されていた「官僚たちの夏」で、池内総理が「オリンピックの象徴である聖火を、国産初の旅客機で運ぶ姿を全国民に披露したい。」と話していたのが思い出されます。

 リスク許容度拡大の動きから、「株高・ドル安・商品高」の流れとなっているが、日本の株価の上昇率は他国の株価と比べると目を覆うものがある。。。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

NY金、史上最高値更新

NYGOLDNY金は、11月12日に付けたそれまでの史上最高値を上抜いた。COMEXクローズ間際に、あるファンドが5000lot(約15.5t)、4月COMEXGOLDcallOptionを買ったことで、噴き上げた模様。
 12日にテクニカルワンポイントで書いた1155.7ドル、心理的節目1150ドルが上値ターゲット。
 下値支持は1100ドル〜転換線(1111.3ドル)。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

  

本日の注目点

091114_1806_002本日は重要指標が少ないことから、昨晩からのリスク許容度拡大の持続性を見極めようとする展開に。

 前日に続き大型の投信設定(外貨分の設定上限1.51兆円)が予定されている(分散型3000億円とAUD、BRL、ZARが各4000億円の通貨選択型)。昨日の実際の設定額は、上限1.41兆円に対し390億円と3%程度しか集まらなかったが、本日はレアル建て分にどれだけ集まるかが焦点。
 昨日のお客様向け週間レポートにも書いたように、前回10月30日の大型設定では実際の設定は上限の2割弱、うちレアル分は上限の7割を集め予想以上に好調であったことから、一時的にクロス円の下支え要因となった。
 今回も同様の結果となれば、レアル円・豪ドル円などの一時的な下支え要因となる可能性も。商品市場にとっても一時的なプラス要因に。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

本日は新月

asa091117昨晩の海外市場は、こちら。画像をクリックすると拡大します。
 昨晩は商品市況や欧米株価が大幅高となる中、豪ドルなど資源国通貨やエマージング通貨全般の買い・ドル売りの動きが強まり、ドル全面安。昨日発表された米経済指標は、小売売上高は総合が1.4%と市場予想を上回ったものの、前月計数が下方修正、除く自動車ベースは市場予想を下回ったほか、NY連銀製造業景況指数も前月および市場予想を下回ったことからまちまちの内容。 
asa-soku091117NY金は史上最高値更新。原油・穀物も急速な切り返しを見せている。
 本日の東京市場は、円高が相殺するものの海外高を受けて、堅調で始まる見通し。

 本日は新月。サイクルからは高値の節目を付けやすい時間帯だが。。。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

バーナンキFRB議長発言

「ドルの価値の変化に注意している」

「FRBの責務に対する通貨のリスクを回避するよう政策を引き続き策定する」

「最近のドル安、安全資産への資金流入の巻き戻しを反映」

「金利を長期間異例に低水準とすることが正当化される状況続く公算と再表明」

「経済状況や見通しの重要な変更、政策見通しの変更につながる」

「リソースの緩みは高水準、長期的インフレ期待は安定的だが注視すべき」

「商品価格の上昇、世界経済の回復・最近のドル安を反映」

「最近の米経済の回復は一時的な要因だけでない、10年は成長の公算大きい」

「銀行の貸し渋り・弱い労働市場、重要な逆風要因」

「労働市場の低迷により家計は引き続き支出に慎重となる公算」

「景気拡大の初期段階では雇用の増加は緩やかとなる公算大」

「逆風要因により拡大はわれわれが望むほど堅調とはならない」

 昨晩は、バーナンキ発言を受けて、一旦ドル買いを見せたが、金利低下を受けて急激にドルは売り直され、ドル円は一時88円台。

 結局はドル売り/株高/コモディティー高のリスク許容度拡大相場となっている。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ


リスク許容度拡大

NY金:1,139.2(+22.5)
シカゴ大豆:1,010.00(+23.00)
シカゴコーン:402.25(+11.75)
NY白金:1,444.6(+55.9)
NYコーヒー:136.35(+5.25)
NY粗糖:23.23(+0.51)
NY原油:78.90(+2.55)
ドル円:89.10(-0.56)
NYダウ:NYダウ:10406.96(+136.49)

 日本の7−9月期GDPが予想以上に拡大したことを受け先行きの景気回復に対する楽観ムードの広がりから、欧米株式相場が一段と上昇→リスク許容度拡大を進める展開から「株高・ドル安・商品高」の展開。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

米商いは上げ下げ二つより出て、心の道のおおきこと糸筋の如し

091114_1806「米商いは上げ下げ二つより出て、心の道のおおきこと糸筋の如し」

 ここで言う「糸筋」とは、気持ちの迷いのことです。相場は上がるか下がるか、2つにひとつなのに、惑わすものが多い。このことは、時代は変われど、いつの時代も同じこと。

 しかし、宗久は「それが相場というもの」と言います。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

香港商品交易所、金上場計画

df79ac75.jpg中国の知人からのメールによると「香港商品交易所(HKME)の張会長が来年の第一四半期(早ければ1月)に同取引所で金の上場を実現する」と発言した模様です。

 当初、燃料油の上場を計画していましたが、受け渡しの問題があり計画変更。金上場の後、銀、銅の上場も予定しているそうです。

 金の取引時間は香港時間の朝8時から夜10時の予定で、受け渡しは香港国際空港の倉庫と、その他の国際金融取引センターで可能とのこと。

 上海の出来高が増加する中、アジア地区での主導権争いが意識された動きだが、日本が蚊帳の外にならないよう、期待する。頑張れ!日本。負けるな日本。 

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

NY金(チャート分析)

NYGOLDNY金は、八陽連の後、陰線を入れたものの、週末は陽線引け。11月12日高値を上抜くようだと、ストキャスティクスは、ゴールデンクロスとなる。同高値の攻防が焦点。
 ただし、17日は新月。東京金の高値の節目をつけやすい時間帯となる。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

 

NY原油(チャート分析)

WTINY原油は、金が史上最高値を更新しているのに対して、上値の重い展開。足もとの需給を反映している格好だが、下値も押し目での買いが支えている。
 テクニカル面からは、10月高値を起点とした下降チャネルを形成中。今までのレンジの上限であった75ドル〜73ドル前半が下値支持帯。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

現場との乖離

 各医療機関に、新型インフルエンザのワクチンが配布され始めましたが、知人の医者聞くと、例年行なわれている季節性インフルエンザのワクチンは、1ccのバイアルに入っているものと、0.5ccのシリンジ(注射筒)に入っているものがあるそうですが、小児には、その年齢に応じて、0.1cc、0.2cc、0.3ccとシリンジに吸わないといけないそうです。

 知人の医院に届いたバイアルの中に、10cc入りのものがあったそうで、現場はびっくりしたそうです。バイアルは、一度、封を切ると、その日のうちに使い切ってしまわなければならず、10cc入りのものだと、その日の内に、大人なら20人を集めておかなければ、残りが無駄になってしまいます。

「お上は、まったく、現場の実態を知らない・・・」との声が上がっているそうです。

 ワクチンが足りない足りないと言いながら、一方では、このような無駄も横行しているようです。

 このような無駄も、日本売りの一因??

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

欧州タイム以降の注目点

ユーロ圏消費者物価指数(19:00)
 事前予想:0.3%(前月比)
 事前予想:-0.1%(前年比)
 事前予想:1.1%(コア・前年比)

米小売売上高(22:30)
 事前予想:0.9%(前月比)
 事前予想:0.4%(自動車除くコア・前月比)

NY連銀製造業景気指数(22:30)
 事前予想:30.00

米企業在庫(17日0:00)
 事前予想:-0.7%(前月比)

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

今秋の注目点(通貨市場)

 今週はバーナンキ議長をはじめFed高官発言が多く予定されている。低金利政策継続スタンスを確認するものとなるとみられ、小売売上高や住宅着工といった米指標が相対的に注目度が高くなる可能性。

 本邦では、月曜(外貨分設定上限1.41兆円)に、通貨選択型(USD、AUD、BRL、RUB、INR、CNY、ZARが各2000億円)、火曜(外貨分設定上限1.51兆円)には、分散型3000億円と通貨選択型(AUD、BRL、ZARが各4000億円)の投信が設定予定。

 前回10月30日の大型設定では実際の設定は上限の2割弱、うちBRL分は上限の7割を集め予想以上に好調であったことから一時的にクロス円の下支え要因となったが、今回も同様の結果となればレアル円を中心に一時的な下支え要因となる可能性も。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール
日産証券セミナーサイト
当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ