0930

asa080930米欧の金融不安の高まりから金は質への逃避で買われるもその他の商品は全面安。また午後には米金融安定策が下院での否決の一報からリスク回避の売りに原油は下げ幅を加速。


にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

金融安定法案

◆最大7000億ドルの不良資産買い取り資金を半分ずつに分け、後の部分に
ついては議会の検証を条件とする。

◆最高経営責任者(CEO)の報酬を抑制する。

◆金融機関の新株取得権を受け取る。

◆金融機関が破綻(はたん)した際には納税者が優先して資産を受け取る。

◆議会選出の監督委員会を設置する。

◆年金や地方政府、小規模銀行からの不良資産買い取りを認める。

◆政府は住宅差し押さえを減らすため、ローン条件の変更権限を行使する。

◆政府系住宅金融会社の株式投資で生じた損失控除を中小地方銀行に認める


にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

0927

asa080927米金融安定策(TARP)の早期成立困難との見方からリスク回避の流れで商品が全面安の様相。金は質への逃避から一時900ドル台を回復も、その後は米大統領の発言などで株価の回復から上げ幅を縮小。




にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

ユーロ下落

昨日の顧客向けレポートで、ユーロ下落リスクに付いて書いたが、夕方からパパデモスECB(欧州中銀)副総裁発言(ユーロ圏減速は金融機関危機が原因でより長くなりそうだ)を受け、欧州金融機関への不安が嫌気、ユーロ売り・商品売りの展開となっている。
 29日は新月。金融安定化策(TARP)の行方が短期的な焦点


にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ



0926

asa080926米金融安定化策の議会承認間近との観測から金はポジション調整で反落。原油はIEAと米エネルギー省から緊急戦略備蓄放出の必要性なしとの示唆もあり、反発。




にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ


0925

asa080925米FRB議長発言や米石油在庫を受けてNY原油は下落、金は堅調も前日東京時間の夜間比ではマイナス。




にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

寄付き5分前

f24d3648.jpg 日本の休場中の海外市場は、大荒れの月曜日、様子見の火曜日となった。NY原油は一時130ドル。
 米株式は連日の下げとなったが、ゴールドマンサックスがバークシャーハザウエイから増資を受けることを発表(永久優先株を50億ドルに普通株25億ドル、さらに今後数年内で110ドル(1株あたり)で購入できる権利を有する)を受け、先物は時間外で大幅高。
 今週も上下に荒い展開が予想される。ボラティティの高まりに振り回されないよう注意したい。


にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

0924

asa080924前日の急騰の反動もあり、商品市場は軟調。




asa-kyujitu08092423日(火)は秋分の日で日本は休日。連休中の海外市場の値動き(終値ベース)推移。




にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

0923

e057734f.jpg 昨晩の海外市場は、大幅続伸。NY原油は、一時130ドル。金も900ドル乗せとなっている。

 今晩の海外市場との合算と、昨日の東京時間の引け段階との比較で、今回の休場が、買い方・売り方、いずれに吉と出るか?


にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

0922−17:30

a07aab8f.jpg17:30時点の夜間取引


にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

0920

e44f651c.jpgとりあえず、下げ一服。




にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

0919

asa080919金はリスク回避の買いに続伸。




にほんブログ村 先物取引ブログへ

にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

Safe Haven

 昨晩の記録的な金の値動きに関しては、こちらを参照

0918

asa080918リスク回避の動きから金が大幅高。一日の上げ幅としては80年以来過去最大。




asa-soku080918




にほんブログ村 先物取引ブログへ

にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

大底掴まず

 米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)に対する連邦準備制度(FRB)による850億ドル(約9兆円)の米国史上最大規模の救済策が発表されたことを好感したアジア株式市場の反発もあり、商品市場も概ね反発。
 明日以降、下値が切り上がれば、目先の底打ち感もでようが、巨大労組を持つ自動車大手が破綻するのではないかという噂も出ており、予断は許さない状態。
 ここ数日の値動きをよく観察したい。大底を掴もうとうせず、底打ち確認後の出動が賢明。


にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール
日産証券セミナーサイト
当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ