白金

 シンガポールからも「東京白金は、なぜ、こんなに上がっているの?」と問い合わせがあったが、4月9日付け「テクニカルワンポイント」で書いた目標値は、

昨年7月から10月までの下げ幅に対する
38.2%戻し(4,062円)、
50%戻し(4,614円)、
61.8%戻し(5,165円)。

 ETF上場思惑を背景とした買いと思われるが、上場申請却下のような梯子を外されるような展開とならなければ、「株価上昇→白金上昇」の流れは続きそう。

 下値支持は、2〜3月のレンジ上限の3426円〜レンジブレイクアップ後の安値3495円水準。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

ジム・ロジャーズの見方

1501831f.jpg先週、ジム・ロジャーズは北京でのイベントに参加したようだが、

「世界の株式相場は底が見えた可能性があるが、最終的な底打ちではない」
「株式相場の上昇が本物ならば、株式よりも商品を保有することを好む」と述べた模様。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

オバマ大統領

 週末はイースターで海外市場は休場であったが、米国では休日返上でオバマ大統領を中心に、バーナンキ連銀議長、ガイトナー財務長官、ベイアー長官、サマーズ経済会議議長などの経済トップがホワイトハウスに集まり、景気分析と追加策の検討が行われた模様。大手19行のストレステストは、月末まで進捗状況は伏せられた格好。

 お辞儀問題など保守系評論家(マスコミ)が、オバマ批判を始めているが、米国在住の連中に聞いてみると、一般国民のオバマに対する信頼は揺らいでいないとの事。前任者が前任者だけに、よく働く大統領のイメージが、今のところ強いとの事です。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

ソンクラン水祭り

 タイの知人に当てたメールは、宛先不明で返信されてきた。ソンクランの水祭りの時期でもあり、電話連絡も取りにくい。。。
 例年だと、ソンクラン明け(15日)辺りからは、減産期明けが意識されてくるが。。4月の陽線確率の低い東京ゴムだが、既存の買玉は、噴値で利喰い優先か、トレイリングストップを用いてトレンドを追いかける戦略を考えたい。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

弱気な数字に対して反応薄

 先週末発表された米3月の財政赤字が1923億ドルと3月としては過去最大の赤字で、事前予想を大きく上回ったものの市場の反応は限定的。また、S&Pがクライスラーの破綻回避は困難との見通しを示したが、こちらも限定的な反応となった。

 今週は、欧米金融機関の決算、米銀ストレステスト(資産査定)を巡る発言などを見極めようと様子見の展開が予想されるが、弱気な数字に対しての耐久力は高まっている点には注意したい。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ


夜間と為替に左右される展開

asa-soku090413イースターのため10日の海外市場は休場。夜間では、貴金属がプラスサイドで動いている分、寄り付きで大きく動かなければ、貴金属は堅調寄り付き、他銘柄はほぼ変わらずでスタートか?

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

タイ非常事態宣言

 タイのタクシン元首相派市民団体は、アピシット首相退陣を要求してデモ隊約千人が、東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(日中韓)が開催されていたパタヤのホテルに突入、各首脳はヘリコプターで脱出。議長のアピシット首相は「各国首脳の安全が確保できない」として12日までの日程すべてを中止。パタヤなど会場周辺に一時、非常事態を宣言。

 2月に日本を公式訪問した際のアピシット首相講演を拝聴したが、「タイは安定を取り戻した」とアピールするとともに、日本からの投資拡大を呼び掛け、バンコクの空港閉鎖について、「このような問題が二度と起きないよう措置を講じた」と話していたが。。。

 端正な顔立ちにオックスフォード仕込みの英語で、第一印象は「若いなあ」と感じたと同時に、SPに厳重に囲まれながらの講演だなぁと違和感を覚えた記憶がある。

 タイ在住の知人に現地の様子はどうかとメールを送ってありますが、「いつものこと」と返答がくるのかどうか?、改めてお伝えします。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

オバマ大統領、お辞儀問題

 米大統領は外交儀典上、「外国元首に一切お辞儀してはならない」と定められているとは、今回のオバマ大統領お辞儀問題で初めて知ったが、お辞儀するのが礼儀の我が国は、礼を尽くせば尽くすほど、我が国はあなたの家来ですと、忠誠を誓っていると、とらえられていた?

 文化の違い、発想の違いを十分熟知していないと、外交だけでなく、投資の世界でも海外勢の行動パターンを読み違える事があると改めて実感。「敵を知り己を知らば百戦危うからず」

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

IEA月報

s-2009_04040304IEAレポートでは、今年の石油需要は昨年比2.8%減の日量8343万バレルと予想。3月から引き下げ。下方修正は8ヶ月連続。
 需要減少が上値抑制要因だが、50ドル水準で値固めしている間に株価上昇となれば、NY原油も60ドル〜70ドルを試す流れに移行する。
 まずは決算を受けた株価動向に注目。

オバマ発言の要旨は以下の通り。

・米国の経済は厳しい環境の中「希望の光」をみることができる
・経済の始動に貢献するため中小企業金融をすすめる
・問題に対処する際、銀行システムに伴うノンバンクシステムに自信

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

米金融機関決算

 来週から米金融機関の第1四半期の決算発表が本格化する。ウェルズ・ファーゴは22日発表予定の2009年第1四半期の決算について、四半期としては過去最高水準の純利益を計上するとの見通しを明らかにし、昨晩のNYダウ急伸につながった。決算を受けた株価の推移がマーケットの焦点。
  
14日:ゴールドマン・サックス(日本時間21:30)
16日:JPモルガン・チェース(日本時間19:30)
17日:シティグループ(日本時間19:30)
17日:メリルリンチ(未定)
20日:バンク・オブ・アメリカ(未定)
21日:USバンコープ(米株式市場開始前)
21日:バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(日本時間19:30)
21日:ステートストリート(未定)
21日:モルガン・スタンレー(未定)
22日:ウェルズ・ファーゴ(日本時間21:00)

 10日にオバマ大統領から、ストレステストに関するコメントが出る可能性もあり、来週、決算を受けて株価が大きく崩れなければ、原油・白金などは上昇トレンド継続となりそう。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

オバマ発言予定

 米財務省は、米東部時間の10日朝に予定されている、オバマ米大統領、ガイトナー米財務次官、バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長、ベアー米連邦預金保険公社(FDIC)総長、シャピロ米証券取引委員会(SEC)委員長らの会合終了後に、オバマ米大統領が何らかの発表を行うことを明らかにした模様。

 同会合は、主要19行のストレステスト(健全性審査)について協議する予定となっており、ストレステストについて何らかのコメントが出る可能性。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

金ETF・白金ETF

ETF世界最大の金塊上場投資信託(ETF)であるSPDRゴールド・トラストは10日、4月9日時点の金塊保有量が前日比0.31トン増の1127.68トンとなり、過去最高の水準になったと発表。この大きく膨れ上がった残高が、金価格の下値支持要因となっている。

 白金・パラジウムETFが米国SECに上場申請されており、承認されれば保有残高は3倍以上に拡大する可能性も指摘されているが、市場規模の点から、反対の声もあり、申請が通った場合のシナリオ、却下された場合のシナリオも合わせて想定しておきたい。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

NYダウ戻りの目処

VIX市場の不安感を表すVIX指数が40を割り込んで下落した。現在の水準(終値ベース)は、2008年9月26日以来の数値。

DOWその際の、NYダウは11,000ドル台であった。決算を受けて大きな波乱なく、VIXが落ち着きを見せるなら、同水準が、NY株式市場の戻りの目処の一つとなる。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

決算予定(復習)

来週の金融機関決算予定は、こちら


にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

元売の引き締め

 出光興産は、4月11日〜17日に出荷するガソリンの卸価格を1リットル当たり前週比1.8円値上げする。値上げはこれで3週連続。なお、灯油は1.6円、軽油は同0.5円、A重油は同0.6円値上げ予定。

 GW向けのガソリン需要期待も浮上しつつある。

 今年の元売の定期修理のピークは、6月の予定。

 NY原油が50ドル台で下値固めに移行する中、春〜夏にかけて国内市場も価格支持要因が、増加してくる。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール
日産証券セミナーサイト
当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ