昨晩の海外市場

20110602 昨晩の海外市場は、こちら。画像をクリックすると拡大します。
 5月の米ADP雇用統計は3万8000人増加と事前予想(17万5000人増)を大幅に下回り、5月の米ISM製造業景況指数も53.5と事前予想(57.1)を下回った。足元の米景気の弱さが改めて示され、米株式市場は大幅反落。米金利低下もあり、ドル円は反落。
 ギリシャのデフォルト(債務不履行)懸念後退で売られていたNY金は、株価下落に伴う逃避買いで反発。株価との相関の高いPGM系は反落。
 原油市場も中国の5月の購買担当者指数(PMI)が9カ月ぶりの低水準になったこと、5月の米ADP雇用統計が事前予想を大幅に下回り、5月の米ISM製造業景況指数も予想以上に低下し、2009年9月以来の水準へと落ち込んだことが嫌気されて反落となった。
 穀物市場は、作付遅れから反発。
20110602-2 本日の東京商品市場は、時間外がマイナス方向で動いている銘柄が多い事もあり、原油市場・ソフト市場中心に軟調で始まる銘柄が多い見通し。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

昨晩の海外市場(ヘッドライン)

ドル円:複数の米経済指標の予想以上の悪化や米金利低下などから反落

NY金:株価急落による景気に対する不透明感から逃避買いが入り反発

NY白金:中国PMI低下や株価急落、米自動車販売の減少を嫌気して反落

NY原油:中国の景気鈍化や米指標悪化などで反落

シカゴ大豆:作付け遅れやコーン急伸をはやして反発

シカゴコーン:コーンベルト東部の作付け遅れをはやして反発

NYコーヒー:ブラジル産地の降霜懸念後退から反落

NY粗糖:米経済指標悪化や原油急落で利益確定を進める動きから反落

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

生命

「人間一個の生命は叩けば叩くほど、
磨けば磨くほど輝きと力を増すものであり、
甘やかし、欲しいままにさせてゆけば、
とことん堕落してゆくものだと思う。」


〜大山倍達〜

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

東京金(チャート分析)

tkgold 東京金は価格帯別出来高の厚い4月11日高値(4049円)水準で上値を抑えられている格好。
 このまま同水準を超えてくると、ストキャスティクスもゴールデンクロスとなるが、抑えられた状態が続くと、中段での反落も要想定。
 明日は新月。高値の節目を付け易い時間帯に入ってくる。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

東京白金(チャート分析)

tkpt 東京白金は保合いを上放れて急騰したが、本日は十字線。この十字線で付けた高値(4851円)を早々に上抜けないと、上げ過程で空けたGAP埋めも要想定。
 十字線高値の攻防が焦点。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

ロイヤルパークホテル開業22周年

ロイヤル 会社近くのロイヤルパークホテルから、開業22周年の案内が届いていた。
 この6月1日で開業22周年になるそうだ。

 私がNYUに留学するために出発前日に宿泊したのが、開業して間もなかったロイヤルパークホテルだった。

 中国でセミナー講師を務めるようになってから、お世話になっている某自動車・ゴム関係の社長も、日本へ留学していた頃、このロイヤルパークホテルでアルバイトしていたそうだ。

 色々と思い出や縁の感じるホテルである。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

MFグローバルの見方(原油価格)

wti 「原油価格が中国からの需要とドル安を背景に数日以内に1バレル=105ドルに上昇する可能性」と、MFグローバル・ホールディングスが1日付のリポートで指摘。

 中国の消費が米国の減速を埋め合わせ、「緩和的な金融政策」が商品の魅力を高めると予想。石油輸出国機構(OPEC)の余剰生産能力の減少も原油にとって強気の市場環境を支援する材料になるとの見方を示した。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

5月の新車販売台数

 日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表した5月の新車販売台数(軽自動車は除く)は、前年同月比37.8%減の14万2154台。

 また、全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が発表した5月の軽自動車新車販売台数は前年同月比25.4%減の9万5210台。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

石油連盟週報

GAS 石油連盟週報(5月22〜28日)によると、ガソリンの週末在庫は前週比3.0%減(前年同期比15.9%減)の213万7128キロリットルと、4週連続で減少。
 週間原油処理量は同5.5%減(同10.9%減)の303万4789キロリットルで、4週連続で減少した。
HO 灯油在庫は同2.2%減(同26.5%増)の227万5968キロリットル。震災後の統計公表再開(3月27日〜4月2日分)後では、初めて減少した。
 週間出荷量は、ガソリンが同1.9%増の91万8031キロリットル、灯油が同79.1%増の21万7880キロリットル。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

中国PMI

中国PMIは、51.6で10ヶ月ぶり低水準。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

ジム・ロジャーズの見方(投機規制・ソロス・金)

 昨晩放送された日経CNBC「震災後の日本と金」から抜粋。


・(投機規制に関して)米国は最悪の間違いを犯そうとしている。

・商品取引を国内から締めだそうとしている訳だから。香港やシンガポールは喜ぶだろう。

・ソロス金売却の事は分からないが、私は10〜15年は金を売らない。子供に引き継がせるだろう。

・金はいずれバブルになると思うが、それは今ではない。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

ジム・ロジャーズの見方(中国・金)

 昨晩放送された日経CNBC「震災後の日本と金」から抜粋。


・既存の油田は枯渇しつつあり、世界はエネルギー危機に瀕している。ここ数年で深刻な危機に陥るだろう。

・原発は再び開発されていくだろう。我々が取れる選択肢は多くない。

・私は今の状況をクラッシュだとは思わない。金の下落率はまだ6〜7%だ。銀は30%下がったけれども、この2年で倍以上も上がっている。銀は4月に25%も上がった。25%も上がったものは下げて当然だ。銀が急落した事は良い事だ。私は金も銀も売っていない。

・今の状況は健全な状態だ。アップダウンを繰り返しながら、順調に値上がりを続けている。

・急騰したものは急落する。これは健全な事。

・昔から自分を守る方法は、実物資産を持つ事だ。

・中国は過去50〜60年間、金を買えなかった。今は簡単に購入でき、政府も金や銀の購入を奨励している。この動きは始まったばかり。中国には13億人の人口があり、皆が金を持ちたいと考えている。

・中国は最大の生産国だ。自国で生産して国民が売買する。そして国も金を買う。彼らの金は国際市場には出てこない。

・いずれ金や銀を輸入する事になるだろう。なぜなら、中国人は自国産出量を超えて金を買うようになるから。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

ジム・ロジャーズの見方(中国・金)

 昨晩放送された日経CNBC「震災後の日本と金」から抜粋。


・中国の政策は十分ではない。しかし、今インフレを潰しておかないと後々、問題は大きくなる。

・中国の問題は、通貨を閉じ込めている事だ。為替をコントロールしている。

・それで、マネーは中国を出る事ができず、国内に留まらざるを得ない。

・金や銀を持っている人は、売ってはいけない。持っている人には未来は明るいからね。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

ジム・ロジャーズの見方(ユーロ)

 昨晩放送された日経CNBC「震災後の日本と金」から抜粋。


・2010年6月にユーロが下落した時にユーロを買った。ギリシャやアイルランドが破綻すると皆が言っていた時だ。それは今も保有している。

・ユーロはドルよりも安定している。米国に比べ全体では大きな債務はない。

・両国が破綻すれば、ユーロはより強い通貨となる

・私は金利差を追ってユーロを買っている訳ではない。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

ジム・ロジャーズの見方(QE2)

 昨晩放送された日経CNBC「震災後の日本と金」から抜粋。


・米国の債務は膨れ上がり、政府は紙幣を発行し続けている。これは正常な状態とは言えない。いつかは崩壊してしまうだろう。それは、10年後か10ヶ月後かは分からないが、必ず崩壊する。

・だから、皆が金貨や銀貨、そして金地金を買い始めている。金ETFも。

・円は国外に沢山ある。キャリートレードのせいでね。日銀の金利はとても低いから貯蓄する層が破壊されている。

・この夏にはQE2を終了するだろう。しかし、再び状況が悪くなり始めれば、政府は同じことを始めるだろう。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール

菊川 弘之

くりっく365
日産証券セミナーサイト
当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ