地球2個必要

地球 世界自然保護基金(World Wide Fund for Nature、WWF)報告書「生きている地球(Living Planet)」で、「現在のペースで二酸化炭素の排出と天然資源の乱用が続けば、2030年までに地球が2つ必要になる」と報告された。

 また、全人類が現在の米国やアラブ首長国連邦(UAE)と同じ勢いで資源を使えば、地球4.5個が必要になると指摘。

 地球外への移住が20年以内に可能となれば別だが、このままの現状が続けば、

 ・資源高騰・枯渇→資源争奪→戦争→人口減

 ・自然災害・伝染病などの蔓延→人口減

などでなければ地球が持たない?

 家族で喰う分だけは、食料を確保しておきたい。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

チリ鉱山落盤事故、33人全員が生還

 「75%が工学、25%が奇跡だった」と 救出トンネルの掘削に貢献した地形学者のマカレーナ・バルデス氏が語ったチリの鉱山落盤事故の救出劇は、33人全員が生還となった!

 ピニェラ大統領が「立派な船長ならそうするように、あなたも最後まで船に残りましたね」と話した最後の1人、リーダーのルイス・ウルスアさんへの賞賛が付きないが、自分だけ助かろうと思うようなリーダーには誰も付いていかない。

 現在の日本も、事故当初のチリ落盤事故のような絶望的な状態(政治・経済)とも言えるが、強いリーダーと強い意志があれば、必ずや克服できると信じたい。

 自分だけ救命艇に乗ろうなどと言う経営者や政治家は、もう要らない。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

シンガポール、金融引き締め

シンガポールドル シンガポール金融管理庁(=MAS、中央銀行に相当)は本日、意表を突いて金融引き締めに踏み切った。この決定を受け、シンガポールドルの対米ドル相場が急伸。本日のドル安の一因となっている。

 MASは、貿易高を加重平均した通貨バスケットの範囲(非公開)内でシンガポールドル相場を誘導しているが、シンガポールドルの対米ドル通貨バンドを拡大。実質的な自国通貨切り下げを実施した。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

米中間選挙後のマーケットを読む

e14655eb.jpg 11月6日(土)の13:00からセミナーを開催致します。

 タイトルは

菊川弘之のマーケット戦略
  =米中間選挙後のマーケットを読む=」

 ここにきて激しく動意付き始めた貴金属・穀物市場を中心として、中間選挙後の米国の政治戦略はどこに向かうかなどをお話したいと思います。

 今セミナーでは、本セミナー参加者だけのミニ売買コンテストも予定されているそうです。お楽しみに。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

上海ゴム(チャート分析)

SHANHAIR上海ゴムは反発。長い上ヒゲ形成も30000は維持。
 ストキャスティクスは短期的な買われ過ぎ感を示しており、早々に本日の上ヒゲ高値を更新しないと、上げ過程で空けたGAP埋めが意識される。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

NY原油(チャート分析)

WTINY原油は、反発。時間外取引も続伸している。
 国際エネルギー機関(IEA)が2010年の世界石油需要を上方修正したことや、米追加金融緩和期待で金が史上最高値更新していることなどが材料視されている。
 一目均衡表の転換線が下値支持として機能している。10月7日高値〜心理的節目85ドルが上値抵抗帯。同水準を上抜けると、4月・5月に付けた87ドルも見えてくる。

 日本時間15日午前0時には米エネルギー情報局(EIA)が週間石油統計を発表されるが、事前予想は、米原油在庫が前週比110万バレル増加、留出油在庫が同110万バレル減、ガソリン在庫は100万バレル減の見通し。事前予想以上に強気となれば、上値抵抗帯へのトライも要想定。

HURI 金が強気の間は、金・原油比価からも下げ難いと思われるものの、足もとの金の上昇スピードは、薄商いの中の飛ばし過ぎと言う感触もあり、明日は週末と言う事も想定すると、高値更新後の修正安などの高値波乱相場にも備えたいと考える。
 独自要因で気を付けたいのが、ハリケーン動向。米ハリケーンセンターの情報は、逐一チェックしておきたい。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

「G7」VS「G20」

 81円台前半に円高ドル安が進行している事で、「介入がいつか」が意識され始めている。
 
 昨日発表の中国外準統計では、7-9月期に1940億ドル増加。年初来では2489億ドル増と、9月に2.1兆円(250億ドル程度)のドル買い介入を行い、保有外債のクーポン収入等も含め年初来で550億ドル程度増加した本邦と比べて5倍程度の規模。

 これが15年前との違い。

 米国の関心が日本ではなく中国に向いているのは仕方ないところ。

 介入に関してもG7では介入主義敬遠される傾向があるものの、G20では反対に、中国を始め介入主義がマジョリティとも言える。

 G7と比較して、21−23日のG20財務相・中銀総裁会合では、介入そのものに対する批判的な合意が形成される可能性は低いとも言える。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

東京ガソリン(チャート分析)

tkgas本日の東京ガソリンは、反発。
三角保合いを形成中だが、足もとは、4日に付けた十字線高値(55600円)と12日に付けた十字線安値(53800円)のレンジ放れ待ち。短期的にはブレイクした方向に動意付くと見る。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

東京金(チャート分析)

tkg東京金は続伸。ただし、NY金が史上最高値更新しているのに対して、円高が海外高を相殺し、上値は抑えられている。
 足元は10月8日高値(3625円)を終値ベースで上抜く事ができるか否か。頭打ちなら、ネックライン(3520円)の攻防が焦点になってくる。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

東京とうもろこし(チャート分析)

tkcorn東京とうもろこしは、昨日の長大陰線に続き、はらみ足。
 昨日安値(24200円)を割り込むと、短期的な修正が意識される。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

東京ゴールドウィーク

img_goldpass 今年も東京ゴールドウィークが始まった。期間は、10月7日〜11月7日。
 金に関する催しや会議が予定されている。金価格が史上最高値を更新している中、一般の方の興味も高まっている。
TOKYOGOLD今年の「ゴールド ドリーム アワード2010文化芸能部門」は、女優の堀北真希さん、「金の卵部門」は、子役の濱田龍臣さんが受賞されました。

091015_1458 銀座の田中貴金属では、昨年も好評だったラージバー重量当ても実施されています。お近くに行かれた方は是非!

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

石油連盟週報

GAS 石油連盟週報(3〜9日)によると、ガソリンの週末在庫は前週比0.4%増(前年同期比8.9%減)の186万4149キロリットルとなり、2週間ぶりに増加に転じた。週間原油処理量は同0.6%増(同0.8%増)の371万8124キロリットルで4週ぶり増。

HO 灯油在庫は同0.8%増(同21.8%減)の260万8944キロリットルで2週ぶりの増加。

 週間出荷量は、ガソリンが同4.0%増の107万5332キロリットルで2週ぶり、灯油が同9.7%増の31万2681キロリットルで2週連続、それぞれ増となった。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

中国長者番付

CHIINAMONEY 英国のジャーナリスト・フージワーフ氏(中国名「胡潤」)が始めた中国長者番付(「胡潤百富」)の2010年度版が12日に北京で発表された。

 資産額10億元を超える富豪が1千人以上ランク入りし、トップは「飲料業界のキング」と呼ばれる杭州娃哈哈グループ会長の宗慶後氏で、資産額は800億元。

 今回のランキングで資産額10億元以上の富豪は1363人に上り、100億元以上は97人。10年前のランキングでは10億元以上がわずか24人で、100億元以上は1人だけだった。

 2位は深セン市海普瑞薬業公司の李リ氏、3位は玖龍紙業(株式)有限公司の張茵氏、4位は三一重工株式有限公司の梁穏根氏、5位は百度の李彦宏氏。中国は世界一女性の富豪が多く、一代で10億ドル以上の資産を築き上げた世界の女性富豪20人のうち、11人が中国出身。トップは張茵氏で、資産額は380億元。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

米国は金を売るべき(FT)

609f1e9f.jpg 12日のFinancial Timesに「America should open its vaults and sell gold」(「アメリカはその金庫を開けて、金を売るべきである」)という署名記事が出た。

 仮に金が大きく下落するなら、これらが思惑として囃されたケースも考えられるので、スタンダードバンクの池水さんが、簡単に訳されているのを、少し長いがそのままご紹介したい。↓

 
「金業界ではアメリカは最後までその金準備を触らない国として信じられており、事実過去30年間、アメリカはまったくその金準備の売却はしてこなかった。その理由は、産金業界からの抵抗から、国際金融システムに対する不安までいろいろと考えられるが、今こそその考えを改めて、金を売却する絶好のチャンスであると。

 アメリカの保有金は8100トン以上だが、1920年代の大恐慌時代からまったくのリターンなしに持ち続けているだけである。現在の1300ドルで評価すると3400億ドルとなる。財務長官が大統領の合意を得られれば、彼がもっとも国民の利益になると判断した時に金を売ったり買ったりできるのである。金売却による利益は当然、国の財政赤字解消に使う。

 今のマーケットで準備金をすべて売却すると財政赤字を150億ドル解消することになる。そしてその上、簿価が42.2ドルの金を1300ドルで売るということで、究極の安値買い、高値売りを実行することになる。また現在金の需要が供給を大きく超えているために価格が急騰しており、供給を増やすと意味で社会的にもメリットにある行為である。投資家が金を買うのは政府に対して不安が大きいからであり、そういった人々に金を売るのは意味のあることだ。そして金がバブルであるといわれているが、バブルであればいつかははじける。大きくなりすぎる前にアメリカの売却によってバブルを冷やすことは投資家を助けることにもなる。

 金にすでに投資している投資家や、産金業者から以外にも当然反対意見はあろう。相場を壊してしまうのではないかという恐れ。しかしそれは現状、CBGAによる金売却はほとんどなくなり、いくつかの中央銀行は買いに回っており、IMFの403.3トンの金売却の2/3はもはや終わっていることを考えると、アメリカが慎重に行動する限りそれほど心配の必要はないだろう。

 もうひとつの反対意見として、金本位制への回帰の可能性のために金をもっておくべきだという意見があるが、金本位制はもはや一世紀も前の遺物であり、不安定な物価、賃金、生産、雇用といったシステムに戻る可能性は無に等しい。世界の金融システムの改善への話合いの中でも金本位制は話題にも上らず、IMFの憲章では金本位制は禁じられているのだ。またこれに近い意見として、「雨の日」のために金準備はもっておくべきだという意見もある。しかし、近年の経済・金融危機で、これから何年もその影響が残るという悲惨な状況において、アメリカが行動を起こすためにはこれ以上どんな「土砂降り雨」が必要なのだろうか。」

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

シカゴコーン(チャート分析)

ccornシカゴコーン(12月限)は高値更新も、上ヒゲ陰線。ストキャスティクスは、高水準でのデッドクロスとなった。
 ただし、トレンドの勢いを表すADXは高水準でトレンドの勢いは強い状態のままで、S高で空けたGAPが下値支持帯として意識される。
 
 早々に高値更新できなければ、調整入りが意識されるが、値幅での調整となるのか、保合いで日柄での調整となるのか、現段階では不透明で、どちらのパターンになるのかを見極めで次の戦略・戦術を考えたい。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール
日産証券セミナーサイト
当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ