東京白金(チャート分析)

tkpt東京白金も、金と同様、先限は12月限とほぼ同鞘で始まっている。LMA(2/24時点:4380円)の終値ベースでの攻防が焦点。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

東京金(チャート分析)

tkg東京金は、先限ベースでLMAを維持。先限は12月限とほぼ同鞘で発会しているため、12月限ベースでも、ギリギリ上昇トレンドが継続されている状況。
 終値ベースでの同水準(2/24時点:3212円)の攻防が引き続き焦点。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ
 

欧州タイム以降の注目

独GDP・改定値(16:00)
 事前予想:0.0%(季調済・前期比)
 事前予想:-2.4%(季調済・前年比)
 事前予想:-1.7%(前年比)

独GFK消費者信頼感調査(16:00頃)
 事前予想:3.0

ユーロ圏製造業新規受注(19:00)
 事前予想:-1.0%(季調済・前月比)
 事前予想:7.6%(季調済・前年比)

米MBA住宅ローン申請指数(21:00)
 事前予想:N/A(前週比)

 米新築住宅販売件数(25日0:00)
 事前予想:354千件

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ


NY粗糖(チャート分析)

nysug日々、制限値幅高安を繰り返す荒っぽい動きを見せている粗糖だが、NYのチャートは、昨晩、雲の下限を割り込み三役逆転。
 三角保合いを上抜けてから上げ加速した流れは、保合い頂点の時間帯での戻り高値で終了した格好。
 25セント水準を早々に回復できなければ、今までのレンジ(25〜30漫砲ら、20〜30センとの昨年先口に形成していたレンジへ切り下がる可能性。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

シティ、ヘッジファンド部門売却?

 オバマ大統領の金融規制法案が表明されて以降、投機規制に関してマーケットはナーバスになっているが、WSJによるとシティグループは、ヘッジファンド部門(40億ドル規模)の売却を検討している模様。
 スカイブリッジキャピタルが交渉中と報じられている。

 中間選挙を控え、決定打なく危機拡大のオバマ政権による人気取り政策(投機規制)の動きが強まる可能性には留意したい。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

中国、IMF売却分を購入せず?

 チャイナ・デーリー紙によると、チャイナ・ゴールド・アソシエーションの関係筋の話として、国際通貨基金(IMF)が売却を決めている金資産191.3トンを中国が購入する公算は小さい模様。

 中国は金を市場で購入するのではなく、海外の鉱山買収により、引き続き金準備を積み増していくとの見解を示した。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

マカオ

38451d3d.jpg 春節期間中のマカオのカジノでは、テーブルゲームの収入は2月1日からの3週間で約90億パタカに達した模様。(1バカタ=11.2円)
 また、2月には1日のテーブルゲーム収入が9億パタカを超えた日があり、1月の最高だった8億パタカを上回った。中国本土からの客が多量にお金を落としていったと思われる。

 バブルだと思うものの、簡単には崩れない感触。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

NY原油(チャート分析)

wtiNY原油は、ストキャスティクスがデッドクロスで反落。下値支持は雲の下限と重なる転換線。その次が基準線水準。基準線が支持されるようなら、時間経過と共に遅行線は好転してくる。
 大きな枠では、75ドル±5ドルのレンジ相場継続。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

投機規制

 米商品先物取引委員会(CFTC)は23日、金塊や銀塊、銅の先物市場でポジション制限が必要かどうか検討するための公聴会を3月25日に開催する予定。

 公聴会の実施に加えて、4月30日まで国民からの意見を募集する。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

春節メール

 今年の春節には、中国からメールでお正月の挨拶を結構頂いたが、春節期間中、中国の携帯電話ユーザが発信した各種ショートメッセージ総数は、前年同期比10%以上増の累計230億通に達したと、「京華時報」が伝えた。

 中国移動(チャイナモバイル)、中国聯通(チャイナユニコム)、中国電信(チャイナテレコム)の通信キャリア3社の携帯電話ユーザ累計が約7億3500万人であることから、春節期間中、全ての携帯電話ユーザが平均31通のショートメッセージを発信した計算。

 大晦日と元旦の2日間だけで、ショートメール発信件数は130億通に達したとか。

 日本の人口が約1億2000万人。やはり、スケールが違うと改めて実感。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

ドルの基調

yenweekly米公定歩合が引き上げられた際、当欄で「ドル高の持続性」と言うタイトルで「短期的にはドルの戻しが試されると見るが、米国では経常赤字から来るドル売りを資本流入で賄えない構図が続いており、拡大している財政赤字、地方自治体の財政危機等も考慮すると、ドル安の大きな流れに変化が出ると考えるのは時期尚早。」と書いたが、ほぼ想定通り、ドル高の持続性は短いものとなっている。
 明確にドル高転換が意識されてくるのは、52週移動平均線を終値ベースでしっかり超えてから。それまでは戻り売り基調継続。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

東京白金(チャート分析)

tkpt東京白金は、円高+NY安を受けて大幅反落。MACでは、本日終値ベースで、4370円を維持できるか否かが強弱の分岐点。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

東京金(チャート分析)

tkgold東京金は、円高+NY安で反落となっている。MACでは本日終値ベースで3197円を維持できるか否かが焦点。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

リスク回避

独IFO昨晩は、独Ifo景況感指数の現況指数主導での予想比下振れや、格付け機関Fitchによるギリシャ大手銀行の格下げなどを受けてユーロ反落。

 議会証言でキングBOE総裁などBOE高官が景気下振れリスクや量的緩和再拡大の可能性を改めて示したことなどを受けてポンドも下落。欧米株価の下落もあり、リスク回避の動きから資源国通貨売り、対主要通貨でドル買い・円買いの流れに。
消費者信頼感指数米消費者信頼感指数が市場予想を下回り、米2年債入札結果が好調だったことを受けて米中長期金利も低下したことで、ドル円は一時89円台。ユーロや豪ドルの下落が継続したことから、クロス円も大幅続落となった。
 再びリスク回避の展開となっているが、ユーロドルの直近安値の攻防が焦点。
今晩の注目点に関しては、前述コメントを参考

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

本日の注目

 本日は米新築住宅販売およびバーナンキ議長半期議会証言が注目。景気認識の改善や、出口政策が中心となり、特に今後の出口政策実施のペースに関する発言が注目。

 住宅販売について市場予想比強めの数字が出るなら、リスク回避的な動きに一定の歯止めがかかる可能性。

 本日は上限1.82兆円程度の外貨建て投信設定が予定されており、クロス円での関連フローがみられるようだとドル円の支持要因になる可能性。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール
日産証券セミナーサイト
当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ