昨晩の海外市場

20101202 昨晩の海外市場は、こちら。画像をクリックすると拡大します。
 11月の中国購買担当者景気指数(PMI)が8カ月ぶりの高水準となり、11月の米ADP雇用者数が事前予想を上回ったことが好感されNY株式市場は大幅高。
 2日の欧州中央銀行(ECB)理事会で、債務危機波及を阻止するため債券購入規模の拡大など何らかの策が打ち出されるのではとの期待感や、米国は国際通貨基金(IMF)経由での欧州金融安定化機構の金融支援拡大を支持する用意があるとの報を受けて、ユーロドルは急伸。
20101202-1 商品市場も株高によるリスク許容度の高まりや、中国の景気堅調が続くとの見方から、全面高。
 本日の東京商品市場は、前日比プラスサイドで始まる見通し。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

昨晩の海外市場(ヘッドライン)

NY円:米指標改善やクロス・円の上昇などでドル円上昇

NY金:続伸も欧州債務問題の後退で、上げ幅を削った

NY白金:続伸。株高や中国PMI上昇による景気拡大、産業資材上昇を好感

NY原油:米ADP雇用統計が事前予想を上回ったことなどから急伸

シカゴ大豆:中国PMI上昇を受けた中国の景気拡大観測などから続伸

シカゴコーン:南米産地の降雨不足や、天候不順による小麦急伸を受けて反発

NYコーヒー:200セントを維持した事から、対ユーロでのドル安などで反発

NY粗糖:需給ひっ迫懸念強く急反発

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

一つの株に恋をしてはいけない

「客観的な評価ができなくなるほど、一つの株に恋をしてはいけない」

~クロード・ローゼンバーグ・ジュニア~

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

中国中央経済工作会議

37cd338b.jpg 毎年12月初旬に行われる中国中央経済工作会議だが、昨年は12月5日~7日。
今年は、5日か7日から行われるとの見方がある一方、10日説も出ている模様。

 このため、中国の各市場も様子見ムードとなっている。

 会議前にはポジション調整が進むと見られているが、会議後には一斉に買い直すとの見方も中国である模様。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

欧州タイム以降の注目

 本日、日本時間19時半にポルトガル国債入札予定。規模は5億ユーロ。
昨日同様、欧州タイムで動きが出そうな感触。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

石油連盟週報

GAS 石油週報(11月21~27日)によると、ガソリンの週末在庫は前週比6.5%増(前年同期比4.9%増)の226万2783キロリットルとなり、3週間連続で増加。
週間原油処理量は同2.2%増(同1.0%減)の429万8692キロリットルで6週連続増。
HO 灯油在庫は同4.4%増(同11.4%減)の275万9579キロリットルで5週ぶり増加に転じた。
 週間出荷量は、ガソリンが同9.0%減の93万0778キロリットルで3週連続、灯油が同16.9%減の39万0416キロリットルで2週連続減少。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

地球外生命体

 NASAは地球外生命体に関する記者会見を、12月2日の午後2時(現地時間)に行うと発表。記者会見はNASA本部の講堂で行われる予定。

 UFOマニアにとっては宇宙人の存在が発表されると期待の声も聞かれるが、「宇宙生物学の起源と進化、そして分布」と「宇宙での生活に関する研究」に関する発表が行われる模様。
 UFOファンは、「ウィキリークス」に期待すべき?

 ちなみに「ウィキリークス」の次のターゲットは、ウォール街との声も。。。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

クリスマスツリー点灯(ロックフェラーセンター)

xmsロックフェラーセンターのクリスマスツリーの点灯式が行われたようです。NYの街並みも完全にクリスマスモード。
 今年のクリスマス商戦は期待されるとの声が強い中、注目の雇用統計待ち。まずは、ADP雇用統計の内容を確認したい。
カルチェ NYの街並みの風景が、昼も夜も綺麗になるのがこの時期。おのぼりさんが増えるのも、またこの時期である。

101125_1836東京の街もクリスマスモード。スカイツリーも500メートル到達と報じられている。完成した折には、クリスマス夜景の名物となるであろう。会社の窓から見えるスカイツリーも、伸びているのが視認できる。

101119_1345_001浅草の風景もスカイツリーができたことで変化している。増上寺と東京タワーは上手く融合した風景を醸し出しているが、浅草寺とスカイツリーも同じような名所となるか?

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

ソシエテ・ジェネラル見通し(原油)

 仏銀大手ソシエテ・ジェネラルは30日、2011年のブレント原油先物の平均相場見通しについて、1バレル=約93ドル前後と、従来見通しを8バレル上方修正。

 11年のニューヨーク原油先物は約92.50ドル前後、ドバイ原油相場は約90ドルとなる見通しとした。

 「第3四半期の経済協力開発機構(OECD)加盟国の原油需要が意外に増加したことが主因」と指摘。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

NY金(チャート分析)

nygNY金は、ネックラインを超え、ダブルボトム完成。1300ドルの下値支持が確認された格好で、三尊天井は否定され、11月高値を試す流れ。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

NY原油(チャート分析)

wtiNY原油は、反落。8月安値を起点とした上昇チャネルの中心線が上値抵抗として機能した。ストキャスティクスもデッドクロス間近。
 ただし、金との比較で割安感もあり、上昇チャネル下限では下値支持感が働きそう。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

ユーロ・ドル(チャート分析)

euro200ユーロ・ドルは200日移動平均線を割り込み下げ加速。同水準が上値抵抗に。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

昨晩の海外市場

20101201 昨晩の海外市場は、こちら。画像をクリックすると拡大します。
 昨晩は、ユーロ周縁国の債務危機波及懸念や株式下落などを背景に、リスク回避の動きが進む中、ユーロ売り。欧州金融機関に流動性問題が生しているとの噂や、フランスの格下げの噂など、様々な憶測が拡大、ユーロ売りを加速させた。安全資産への逃避買いから金(GOLD)買いの動き。前日、急反発した原油は、対ユーロでのドル買いを嫌気。穀物はまちまち。
20101201-2 本日の東京商品市場は、金中心に堅調で始まる見通し。原油・ソフトは軟調見通し。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

千里を走る銘柄は的中

100722_1926昨晩は、ユーロ売りを眺めながら、日本(株)に対する外資系の人達の見方の調査を兼ねてJPモルガン近くで食事。他がダメだから日本国債を買うのと同じ理由で、日本株もウンダーウェイトだから少し買い増す動きも来年は出てくるとの声や、高値で怖いけど、やっぱり「金」と言う声も多かった。

 この辺りを含めて、「2011年展望レポート」を書いているところです。このレポートをベースに新春講演でお話する予定です。

 今年の「千里を走る銘柄」として取り上げた金・コーンは予測通り、素晴らしい上昇を見せました。年初には米国の出口戦略の前倒しなんという声もあった中、出口戦略は大きくずれ込む・欧州危機の予測も的中。
 当ブログに対しても、お礼のコメントを多く頂いています。一言のコメントが「大きなやる気」につながるものです。

 新春講演会で、兎年で「大きく跳ねる銘柄」をズバリお話したいと思います。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

昨晩の海外市場(ヘッドライン)

NY円:中国の追加利上げ観測やユーロ売りに伴うリスク回避傾向から反落

NY金:欧州懸念による安全への逃避買いで大幅続伸

NY白金:金の急伸や、米経済指標の改善で上昇

NY原油:対ユーロでのドル高進行や株安、月末絡みの動きなどから反落

シカゴ大豆:大口の輸出成約や南米の雨不足を好感して反発

シカゴコーン:輸出低迷や大量の受け渡し通知を嫌気して反落

NYコーヒー:ユーロに対してのドル高や月末絡みのポジション調整から下落

NY粗糖:短期的な買われ過ぎ感や月末絡みのポジション調整から反落

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール

菊川 弘之

くりっく365
日産証券セミナーサイト
当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ