欧州タイム以降の注目点

ユーロ圏消費者物価指数(18:00)
 事前予想:-0.4%(前月比)
 事前予想:1.7%(前年比)
 事前予想:1.0%(コア・前年比)

NY連銀製造業景気指数(21:30)
 事前予想:8.25 

対米証券投資(22:00)
 事前予想:N/A

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

水星逆行

ラマダン:8月11日〜9月9日。
水星逆行:8月20日〜9月11日。

 アストロでは、水星の逆行期は、金融・商品相場の方向性が極めて不安定になる傾向が強いとされる。相場の上下動が激しく、テクニカル面での支持線、抵抗線、パターン分析など信頼できないため、短期売買に徹する事が良いとされる。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

2番底

 お盆休みで閑散の中、ディーラーも暇なのか、2番底の歌をメールしてきました。
 お暇なら。。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

菅首相・日銀総裁会談の見方

 週初にも行われる可能性がある首相・日銀総裁会談までは警戒感からドル円は下支えされようが、会合が実現しない場合や、実現しても具体的な円高対応策が打ち出されない場合には失望を招き円高圧力となる可能性。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

国内GDP

 内閣府が発表した2010年第二四半期GDP成長率は、前期比+0.1%、前期比年率+0.4%。事前予想は前期比+0.6%、前期比年率+2.3%。

 事前予想比、悪い数字であったものの、ドル円市場の反応は限定的。円高ドル安の流れに大きな変化は出ていない。GDPは弱気だった事で、本日の日経平均にとってマイナス要因となる可能性があり、リスク回避の動き→円高の動きとなる可能性にも注意したい。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

週末の海外市場

0816週末の海外市況はこちら。再掲します。画像をクリックすると拡大します。
 週末のポジション調整が中心の動き。
0816-2週明けの東京商品市場は、TOCOM銘柄は軟調、穀取銘柄は堅調で始まる見通し。
 8:50発表予定のGDPの事前予想は年率2.3%増。減速見通しだが、最近の円高ドル安の流れを覆す材料にはなり難い。やはり、管首相と日銀総裁の会談に注目が集まる事に。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

戦後65年

s-DSCF0393戦後65年。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

閑散

090813_0709_001お盆です。駅の構内も今朝は、閑散です。

 欧米も夏季休暇。イスラム圏もラマダン入りと全般的に閑散モード。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

昨晩の海外市場

0814昨晩の海外市場は、こちら。画像をクリックすると拡大します。
米経済指標は強弱まちまちの内容。通貨市場は週末を控えたポジション調整絡みの動きが中心。
 金は景気減速懸念に対する逃避買いとドル高の強弱材料交錯でほぼ変わらず。白金・原油は株安を嫌気する動きが継続。穀物は輸出堅調を好感し続伸。 
0814-2週明けの東京商品市場は、TOCOM銘柄は軟調、穀取銘柄は堅調で始まる見通し。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

 

自分で考えるべきこと

「 Do not let others do your thinking for you 」

自分で考えるべきことを他の人に考えてもらってはいけない

ジム・ロジャーズの言葉。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

インプラッツ労使交渉決裂

 南アフリカ共和国の全国鉱山労組(NUM)は13日、同国白金大手インパラ・プラチナム(インプラッツ)労組と会社側の賃金交渉が決裂し、労組が来週にもストを実施するかどうかを組合員に諮る見通しであると発表。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

プーチンVSメドベージュフ

 プーチン首相は今週、「禁輸措置が近い時期に解除されるとの期待を持つべきではない。禁輸が来年まで延長される可能性もある」と述べていたが、メドベージェフ大統領は12日、穀物禁輸措置を期限の12月31日以前に解除する可能性があると述べた。同大統領は「(禁輸)措置は一時的なものだ。政府は(輸出を)早い時期に再開できるか検討すると言ってきた」と話した模様。

 強弱思惑が交錯する中、判断し難い材料。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

本日の注目

 本日も菅首相と白川日銀総裁の会談が設定されるとの報道があり、実弾介入および日銀の緊急決定会合への警戒感・期待感が材料視される可能性。

 ドル円の85円割れ、日経平均の9000円割れを試す展開→首相・日銀総裁会合というパターンは、昨年12月1日の日銀緊急決定会合開催→追加緩和を決定した状況との類似点を挙げる声も。

 追加緩和策としては、2003-2004年の巨額介入時のような非不胎化介入を演出するための当座預金残高拡大、新型オペの供給額の拡大や期間の長期化、低金利政策の長期化へのコミットメント、そして究極的には国債買取増加などが考えられる。

 ただし、具体的な対応が取られない場合、実際の行動を伴わないと見透かされる場合もありうるし、介入を催促するような仕掛けも中期的には考えられる。

 またドル円は、米景気減速懸念と米中長期金利の低下圧力の影響力が大きい中で、今晩の米小売売上高、CPIやミシガン大消費者信頼感指数など主要指標が市場予想を下振れた場合などは、再び円高リスクが高まる可能性には注意したい。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

米需給報告(米国産コーン)

米農務省発表の米国需給報告(8月1日現在:カッコ内は前月見通し)

作付面積:8790万エーカー
 (8790万エーカー)
単収:165.0Bu
 (163.5 Bu)
期初在庫:14億2600万Bu
 (14億7800万Bu)
生産:133億6500万Bu
 (132億4500万Bu)
供給合計:148億0200万Bu
 (147億3300万Bu)
飼料用:53億5000万Bu
 (53億5000万Bu)
食品・種・工業用:60億9000万Bu
 (60億6000万Bu)
エタノール:47億0000万Bu
 (47億0000万Bu)
輸出:20億5000万Bu
 (19億5000万Bu)
消費合計:134億9000万Bu
 (133億6000万Bu)
期末在庫:13億1200万Bu
 (13億7300万Bu)
在庫率:9.7%
 (10.3%)

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

米需給報告(米国産大豆)

米農務省発表の米国需給報告(8月1日現在:カッコ内は前月見通し)

作付面積:7890万エーカー
 (7890万エーカー)
単収:44.0 Bu
 (42.9 Bu)
期初在庫:1億6000万Bu
 (1億7500万Bu)
生産:34億3300万Bu
 (33億4500万Bu)
供給合計:36億0300万Bu
 (35億3000万Bu)
圧砕:16億5000万Bu
 (16億4500万Bu)
輸出:14億3500万Bu
 (13億7000万Bu)
消費合計:32億4300万Bu
 (31億7000万Bu)
期末在庫:3億6000万Bu
 (3億6000万Bu)
在庫率:11.1 %
 (11.4 %)

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール

菊川 弘之

アクセスクロス
日産証券セミナーサイト
当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ