ADP雇用統計

ADP本日は米ADP雇用者数が発表予定。事前予想は、30千人減(前月比)。前回から雇用者数の減少幅が縮小すると見通し。予想レンジは、11万人減〜5万人増。

米ISM製造業景況指数を構成する雇用指数は53.3となり06年8月以来の高水準で、製造業の雇用情勢改善が伺われる。

 ADP雇用統計とは、米国の給与計算アウトソーシング会社であるADP(Automatic Data Processing:オートマティック・データ・プロセッシング社)が発表する民間発表の雇用調査レポートです。

 ADP雇用統計は、「雇用統計」の先行指標として注目されています。この理由としては、ADP雇用統計の集計方法が米国労働省発表の雇用統計と近い方法を採用しており、雇用統計の2日前に発表されるデータであるためです。(ADP社は、全米約50万社、約2400万人の給与計算業務を代行しており、ADP雇用統計のサンプル数も非常に多い)

 このADPによって集められたデータを基に、元FRB理事であるマイヤー氏が設立した経済予測会社Macroeconomic Adivisers, LLC(マクロエコノミック・アドバイザーズ)社が雇用統計の非農業雇用者数などの数値を予測して、ADP雇用統計として発表されます。

 雇用情勢が悪化すれば、家計給与所得も悪化し、最終的には個人消費の低迷に繋がります。米国GDPの7割以上が個人消費で占められていますので、雇用情勢の悪化は米国景気悪化を連想させます。
 このため、米国全体の雇用情勢を示す米国・雇用統計は、数ある経済指標の中でも最も注目される一つとなっています。
週末の雇用統計を占う上でも注目したい。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

週末から来週にかけての値動きイメージ

 ここ2日間、オバマショックやギリシャ問題を受けてのリスク回避の動きから、リスク許容度の高まり時に見られる値動き推移となっている。

 ここからの値動きだが、雇用統計・G7を控え、週末にかけて一旦は買い方の利食いも入り易いと思われる。

 その後は雇用統計でネガティブサプライズがなければ、改めて押し目が買われるものの、11日が東京休場、13日から中華圏での旧正月入り、15日が米プレジデンツデーで休場予定を考慮すると、新月(13日)の週に高値を付けた後は、来週央以降は再度、様子見ムードが強まる展開か?

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

欧州タイム以降の注目

独非製造業PMI確報値(17:55頃)
 事前予想:51.2

ユーロ圏非製造業PMI確報値(18:00頃)
 事前予想:52.3

ユーロ圏小売売上高(19:00)
 事前予想:0.4%(前月比)
 事前予想:-2.4%(前年比)

英CIPS非製造業PMI(18:30頃)
 事前予想:56.5

米MBA住宅ローン申請指数(21:00)
 事前予想:N/A(前週比)

ADP雇用統計(22:15)
 事前予想:30千人減(前月比)

ISM非製造業景況指数(4日0:00)
 事前予想:51.0

NZ失業率(4日6:45)
 事前予想:6.8%

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

米ISM非製造業景況指数

ISM本日は米ISM非製造業景況指数が発表される。市場予想は、51.0。 景気判断の分岐点である50を上回ると予想されている。

 市場予想並となれば2008年5月以来の高水準。ただ、サービス業の企業景況感は製造業ほど回復が鮮明ではない。雇用指数も41〜44程度で停滞気味。2日に発表されたISM製造業景況指数ほどポジティブな内容にはならないとの見方が大勢。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

石油連盟週報

GAS石油連盟が本日発表した原油・製品供給統計週報(1月24〜30日)によると、ガソリン在庫は同0.6%増(同9.2%増)の229万5928キロリットルで4週連続の増加。
 灯油の週末在庫は前週比4.2%増(前年同期比9.2%増)の236万8639キロリットルとなり、4週ぶりの増加。
HO週間原油処理量は同0.6%減(同0.1%減)の445万8702キロリットルで、5週ぶりに減少。

 週間出荷量は、灯油が同25.1%減の53万1068キロリットル、ガソリンが同1.8%減の103万1871キロリットルでともに2週連続減。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

NY白金(チャート分析)

nyptNY白金(4月限)は、2日続伸。1月高値からの下げ幅に対する半値戻しを達成。61.8%戻し(1588.7ドル)に迫る戻りとなった。

 基準線も上向きに変化しており、下値支持として機能している。しばらくは1月の高安のレンジでの逆張りが続きそうだが、終値ベースで抜けた方向に大きく動意付きそうな感触。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ
 

SEC&CFTC予算増額

 予算教書では、証券取引委員会(SEC)と商品先物取引委員会(CFTC)への予算が増額。

 株式市場などの監督権限を持つSECの11年度予算は、前年度比10.3%増の12億3500万ドル。法執行部門の予算は約10%、ブローカーディーラーや投資アドバイザーなどの監査を担当する部門の予算は8.7%それぞれ引き上げ。

 また、商品先物取引の監督権限を持つCFTCの予算は2億1600万ドルと、前
年度の1億6880万ドルから28%増加。

 規制強化が意識された増額だが、FRBのウォーシュ理事はFT寄稿記事で、金融規制拡大案は同国経済を圧迫する可能性があるとの見方を示している。

 投機規制の問題は、中間選挙に向けて度々、材料として浮上してくるものと思われるが、グローバル化が急速に進んだ現在、米国だけで効果的な規制は困難と考えるが。。。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

2010年の恵方は西南西

 本日は節分。マーケットでは彼岸と共に天底の節目の時間帯として意識されています。節分とは「季節を分ける」ことを意味し、立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日を指しますが、新年の始まりに相当する「立春」の前日に当たる節分がもっとも重要視されたため、現在の形として残ったと言われています。

 節分には、「豆まき」「イワシの頭とヒイラギを戸口に挿す」「恵方巻きを食べる」などが行われています。

 恵方巻きは、恵方(吉方位)を向いて太巻きを丸かぶりする関西発祥の行事。恵方は、その年ごとに居場所を変える歳徳神(頗梨采女・櫛稲田姫)のいる方角とされ、その年の「干支」の「十干」によって決まっています。2010年(平成22年)は、庚寅(かのえ とら)の年なので、庚の方角(255度・西南西微西)が恵方です。

 さぁ、本日の昼食は西南西を向いて恵方巻き!

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

NYダウ(チャート分析)

dow12月の米住宅販売保留指数は前月比1.0%上昇。11月は10カ月ぶりに低下したが、税控除措置の期限が当初11月末に設定されていたことが
要因で、住宅市場が底堅い回復軌道にあるとの見方や、オバマ米大統領による中小企業の雇用促進を目的とした中小企業融資基金設立、財源として不良資産救済プログラム(TARP)資金300億ドルを転用する計画などに加えて、欧州委員会が財政赤字削減のためのギリシャ提案を承認するとの噂などを好感してNYダウは反発。
 NYダウは一目均衡表の雲で下支えられた格好。昨年からの上昇チャネル下限や雲の上限、基準線などが重なる10330〜10400ドル水準が上値抵抗帯。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

フィボナッチからの戻り目処

 1月高値〜安値までの下げ幅に対するフィボナッチからの戻り目処。

金:50%(3282円)。61.8%(3319円)
白金:50%(4551円)。61.8%(4617円)
ガソリン:38.2%(53600円)。50%(54520円)。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

陽転銘柄

 本日の時事通信社「テクニカル分析情報」に掲載したトレンド系指標が陽転した銘柄は、金・白金・原油・石油製品など。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

ボルカー証言

ボルカー米経済再生諮問会議議長は議会証言で、銀行による自己取引はリスク、高リ
スクの取引を公的資金で支援する理屈は通らない、政府は銀行の自己取引にセーフティーネットを与えてはならない、目標とすべきは救済ではなく安楽死、など金融改革 案を推し進めることを主張。海外の銀行も米国の規制を受け入れるべきとの主張も。

これに対し、シェルビー上院議員やドッド上院銀行委員長はボルカールールを強く支持することを表明。

ボルカー証言については、昨晩の当欄で書いたように、事前に証言原稿が報じられていたこともあり、サプライズなしの格好。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

昨晩の海外市場

asa-soku100203昨晩の海外市場は、こちら。画像をクリックすると拡大します。
 昨晩、欧州委員会は財政赤字削減のためのギリシャ提案を承認するとの噂が広がり、ギリシャとドイツの10年物国債のスプレッドが縮小したことを受け、ユーロはドルに対して上昇。米政府による中小企業向け300億ドルの融資プログラム提案の報も株価上昇の一因となり、リスク許容度の高まりから商品市場も大幅続伸。
asa100203本日の東京市場は、前日大幅上昇での続伸で始まる見通し。短期筋の利食いも予想されるが、押し目は改めて買われる流れとなるか?

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

必要なのは、どうして勝ちトレードは勝ちで

 「必要なのは、どうして勝ちトレードは勝ちで、負けトレードは負けなのか、ということです。それが分かれば、トレードを選択するようになり、負けにつながるトレードを回避できるようになります。」

 マーケットの魔術師でのランディ・マッケイの言葉。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

ボルカー証言原稿

ボルカー米経済再生諮問会議議長の上院銀行委員会証言を前に、証言原稿が伝わっており、商業銀行の自己勘定取引やヘッジファンドとのヒジネスを制限することはリスクを減らすとの見解などを示す見通し。
 オバマ米大統領の1月21日の提案と変わらない模様。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール

菊川 弘之

くりっく365
日産証券セミナーサイト
当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ