草食男子・肉食女子

 日本男子・大和撫子という言葉は、もう死語なのか?
あきれたニュース。理解できない。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

投機規制(CFTC)

 米商品先物取引委員会(CFTC)が8月30日、店頭でのリテール(個人向け事業)の外国為替証拠金取引(FX)に、レバレッジ規制を導入すると発表。

 10月18日に施行され、円やユーロ、豪ドル、スイスフランなど主要10通貨については50倍、その他の通貨は20倍にレバレッジの上限を制限する。

 ビル・グロスの言う「ニューノーマル」の世界では、レバレッジ縮小、政府規制の強化、グローバル化の後退が進むと言うが。。。。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

異常気象

65b2e 気象庁は本日、今年の夏(6〜8月)の平均気温が平年より1.64度高く、統計を開始した1898年以降で最も高かったと発表。

 猛暑の原因として
)未離ホーツク海高気圧や寒気の影響を受けにくかった
∧仞症が例年より北寄りに蛇行し日本付近が強い太平洋高気圧に広く覆われた
エルニーニョ現象の影響で北日本中緯度帯全体で気温が高かった

などが要因。

 ロシアの130年ぶりの干ばつや、パキスタンの洪水など世界的にも異常気象が観測されているが、この異常気象の頻度が高まる感じがしないでもない。

 この異常が恒常的になるようなら、やはり、穀物市場に大きな影響が出るだろう。

 米国産穀物は、今年も豊作観測だが、旺盛な需要は豊作でなければ賄えない構図となっており、来年も再来年も上値リスクの高い状況は続くと考える。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

防災の日

100901_1630 本日は「防災の日」。

 政府は、複数の巨大地震が同時に発生したとの想定で防災訓練を行った。日銀の前でも暑い中、ヘルメットをかぶった行列がゾロゾロ歩いていた。

 「備えあれば憂いなし」

 マーケットでも常に「有事」を想定しておきたい。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

英ザーニコフ社見通し(粗糖)

nysug 英ザーニコフ社は31日、世界の砂糖需給が2010/11年度も、バランスが取れるとの見通しを発表。
 これまで、記録的な豊作により供給過剰に転じるとの予測を出していたが、取り消した格好。

 世界の多くの産地の天候異変による悪天候を理由に、同年度の生産高予想を1480万トンとし、5月予想から15%下方修正した。

 2011年度の世界の砂糖消費は、1億7130万トン。2010年の1億6790万トンから増加見通し。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

石油連盟週報

gas 石油連盟週報(8月22〜28日)によると、ガソリンの週末在庫は、前週比1.2%(前年同期比1.6%増)の204万4956キロリットルと、2週連続で増加。
ho 灯油は同3.3%増(同27.1%減)の217万9847キロリットルで8週連続増。
 週間原油処理量は同1.5%増(同3.9%増)の423万8084キロリットルで、2週ぶりに増加。週間出荷量は、ガソリンが同2.6%増の115万8466キロリットル、灯油が同53.6%増の14万0764キロリットルでそれぞれ2週ぶりに増加に転じた。

 米エネルギー情報局(EIA)から、今晩発表される8月27日までの週間石油統計での在庫に対する予想は、原油が前週比110万バレル増加、留出油が同120万バレル増加、ガソリンが同20万バレル減少。 

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

金融時報(人民銀行発行)

 中国人民銀発行の金融時報が1日報じたところによると、中国人民銀行の研究員は金市場について、米国を含む海外の中央銀行による大規模な売りで価格が「急落」する可能性があり、投資家は金購入に慎重になるべきだと警告。

 短期的な上昇に対する調整の後付け材料として使われる可能性は注意したい。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

ヒンデンブルクの予兆(オーメン)

2ec4235 株式市場で話題になっているのが、「ヒンデンブルクの予兆(オーメン)」。先日は日経新聞にも取り上げられて、目にされた方も多いだろう。

 この「ヒンデンブルクの予兆」は、1937年に起きた巨大飛行船ヒンデンブルク号の爆発事故から名付けられた。映画も面白かった。

 ニューヨーク証券取引所で過去52週の高値と安値の銘柄が同時に急増することや10週移動平均の上昇などが特徴で、株価急落直前に複数回表れるとされる。

 8月に「ヒンデンブルグの予兆」が複数回、現われた事が警戒感を呼んでいる訳だが、2008年の暴落の時には、6月からこのシグナルが連続して点灯した。秋は株価下落のアノマリーが意識されやすい時間帯でもある。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

小沢氏政見に反応

 民主党のウェブサイトで、小沢氏の政見がアップされたが、「円高効果を活かす一方、急激な円高に対して市場介入を含むあらゆる方策を果断に実施する」と掲載された事も材料視されている模様。

 菅首相の政見には、円高対応などの具体策は掲載されず。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

s-P1010864本日20:00からのテレビ東京「いい旅・夢気分」に登場する「うぶや」。

 富士山を河口湖側から見たい時には、私も利用する宿だが、「うぶや」自体は良い旅館で部屋から眺める景色も良いが、その回りの景観(廃墟となったホテル・旅館)が良くない。観光地に来たのに興ざめになってしまう。富士山の眺めが相殺してくれるものの、初めてワクワクして行った方にとっては期待外れとなる。

 撤去するにはコストがかかり、放置されているのが現状。これは河口湖近辺だけでなく日本の地方観光地の共通点。

 中国を始めとした観光客を誘致しようとするなら、この辺りを改善しないと、再訪する客はいないだろう。

 ディズニーリゾートのリピーターの多さは、一時的に「世離れした世界で夢を見れる」ため。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

本日の注目(米国時間)

 今晩は、8月のADP全米雇用報告(日本時間午後9時15分)、7月の米建設支出(同午後11時)、8月の米ISM製造業景況指数(同午後11時)などのマクロ指標が注目。

 週末の雇用統計を占う上にも、経済指標を受けた株価動向に市品市場も左右されそう。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

自己閉鎖の方向

 ブルームバーグやロイターが報じたところによると、JPモルガン・チェースが、米金融規制改革によって成立した新たな規制の順守に向けて、自己勘定商品(コモディティー)取引デスクのトレーダーに同部門を閉鎖する意向を伝えた。他の自己勘定取引デスクも徐々に閉鎖する計画。

 ゴールドマン・サックス・グループは、自己勘定による株式トレーディング部門をヘッジファンドに転換する案を検討している。

 米銀行業界では、包括的な金融規制改革法に銀行の自己勘定取引を制限するボルカー・ルールが盛り込まれたことを受け、トレーディング業務を見直す動きが広がっているが、この報道通り自己部門閉鎖の動きが取られるなら、流動性の問題が生じてくる市場も出てくる。

 この報道を見て思ったのが、PIMCOビル・グロスの年初の言葉。

「2010年後半から経済成長は鈍化する。第一に負債を減らすためにレバレッジを落とす動き。第二に先行きの規制強化の動き、第三に反グローバル化の台頭、がその根拠」

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

政治的空白

 月曜日の顧客レポートで「日銀追加金融緩和は事前報道の範囲内に収まる可能性が高く、実弾介入も即時に実施される可能性は低いことから、本邦サイドからの円安効果の持続性には疑問符が付く。」と書いたが、もう少し上があるかとも思ったが、想像以上に株もドル円の上値も重い。

 民主代表選(9/14)に向けた政局不透明感が高まっていることも不安定要因。雇用統計・レイバーデーに伴う連休入り出の薄商いの中、投機筋が政治的な空白を突く可能性には注意したい。

 
民主代表選:9月14日
新月:9月8日
ラマダン:8月11日〜9月9日。
水星逆行:8月20日〜9月11日。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

事前予想上回る

 中国PMIは4カ月ぶり改善。事前予想を上回り、豪2QGDPも市場予想を上回る。豪ドル上昇・ドル円上昇で反応。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

国連食糧農業機関(FAO)

 FAOは31日、2010年の世界の小麦生産を前年比5%減の6億4600万トンと予想、従来予測値を下方修正。干ばつ被害を受けたロシアの減産(昨年の小麦輸出量は世界3位)が要因。

 ロシアの10年の小麦生産予想は4300万トンと、従来予想(4800万トン)から下方修正。これで米国と中国で見込まれる増産分は打ち消される。

 一方、10〜11年度の世界の小麦消費予想は6億6500万トンと、従来予想か
ら600万トン引き上げた。

 8月高値から一服感のある小麦相場だが、ロシアの冬小麦作付動向次第では、来年にかけて再度の上値試しも想定しておきたい。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール

菊川 弘之

日産証券セミナーサイト
当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ