東京金(チャート分析)

tkg本日の東京金は、昨日のつつみ足のレンジ内で寄り付き、レンジ内で引けた。引き続きつつみ足のレンジ放れに、短期的には追随しそうだが、来週には雲のねじれの時間帯に入る。
 来週は様々なイベントもあり、14日は新月でもある。上昇トレンド継続も、来週にかけて高値警戒感もでてくる感触。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

ドル円(チャート分析)

tkyen三川宵の明星で反落したドル円だが、本日の東京市場では、MACのLMAを割り込み、売りのセットアップ。明日以降、続落なら売りのトリガーが発生する。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

本日の注目

 本日も米30年債入札の好調が続き利回りが低下するようだと、ドルはもう一段の調整も。ただし、ややハト派的なFed高官発言や、好調な米国債入札にもかかわらず、米金利上昇トレンドに変化は出ておらず、ドル円が下落トレンドに戻ったか否かの判断は時期尚早か。

 その他には豪雇用統計、BOEおよびECBの金融政策決定が予定されている。BOE、ECBは政策変更は予想されていない。
 ECBについては、先般のEU首脳会議時にトリシェ総裁が現在の一時的に緩和された適格担保基準を来年以降も継続すると述べギリシャ懸念を和らげた面があったが、それを含めた担保基準の変更の詳細を発表する予定。

 期間の長いオペが終了に向かう中で、担保基準の正常化の動きはECBの出口政策への動きを想起させる可能性はあるが、足許はギリシャ問題に関する不確実性が高く、ユーロの上値抑制要因となっている。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

ガイトナー訪中

インド訪問中のガイトナー米財務長官が,予定していなかった中国を訪問。急きょ中国の王岐山副首相と北京で8日に会談する。会談は非公開。

 12、13日にワシントンで核安全保障サミットが開催され、オバマ大統領と胡錦 濤国家主席の2国間会談も行われる。人民元問題も話し合われる可能性もあり、地ならしの可能性も。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

昨晩の海外市場

asa100408昨晩の海外市場は、こちら。画像をクリックすると拡大します。
昨晩は、ギリシャの財政問題再燃などを背景にしたユーロ絡みのクロス・円の下落や、短期的な買われすぎ感の広がり、米当局による早期利上げ期待の後退などからドル円は下落。終盤ににかけてはリスク回避パターン。原油反落。貴金属続伸。中国のコーン輸入の噂もあり穀物反発。
asa-soku100408本日の東京市場は、原油・石油製品市場は調整、貴金属も高値警戒感が出てくるか?穀物は堅調予想も、需給報告前に積極的な手は控えられる見通し。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

2%ルール

「トレード額の2%以上をリスクにさらしてはいけないと思うんだ。もちろん、最初に想定していた損切り値を超えて、マーケットが窓を開けて始まれば、2%なんて言っていられないけどね。」

 マーケットの魔術師でのウィリアム・エックハートの言葉。

 「投資苑」の著者アレキサンダー・エルダー博士も、1トレードのリスクは運用資金合計の2%以下にするべき、と述べています。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

NY金(チャート分析)

 夜間のNY金は、5分足でみると今度は、ダブルボトム完成でダブルトップのネックラインへの戻り。教科書通り、抵抗を受ける格好となるか。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

NY金(チャート分析)

 東京市場が休んでいる間(15:30〜17:00)に、夜間のNY金は、5分足でみるとダブルトップを完成。

 前述したように8日取引日付の寄り付きは、本日レンジ内で始まる見通し。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

東京金(チャート分析)

tkg東京金は三角保合いを上放れてから急上昇。テクニカル分析の教科書通りの展開となっている。
 本日は、長大陽線でのつつみ足となった。本日のレンジ(3394円〜3459円)内で、次の足が寄りつくようなら、本日のレンジ放れに短期的には動意付く可能性。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

今晩の要人発言予定

・白川日銀総裁会見(15:30)

・OECD会見(18:00)

・ダドリーNY連銀総裁講演(8日1:15)

・バーナンキ議長講演(8日2:30)

・ホーニグカンザスシティー連銀総裁(8日3:00)

・グリーンスパン前FRB議長とルービン元米財務寛がサブプライム調査委員会に出席

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

欧州タイム以降の注目点

独非製造業PMI(購買担当者指数)・確報値(16:55頃)
 事前予想:54.7

独製造業受注(19:00)
 事前予想:-0.5%(季調済・前月比)
 事前予想:22.6%(季調済・前年比)

ユーロ圏非製造業PMI(購買担当者指数)・確報値(17:00頃)
 事前予想:53.7

ユーロ圏GDP・確報値(18:00)
 事前予想:0.1%(前期比)
 事前予想:-2.1%(前年比)

ユーロ圏生産者物価指数(PPI)(2月)18:00
 事前予想:0.2%(前月比)
 事前予想:-0.4%(前年比)

米MBA住宅ローン申請指数(20:00)
 事前予想:N/A(前週比)

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

過越(pesach)の祭

 ユダヤでは過越の祭り(2010年:3/30−4/6)、最初の2日間と最後の2日間は、生活に必要な最低活動以外、一切の作業/仕事が禁じられている。

 マーケットに携わる人の中では、ユダヤ人が占める割合は多く、祭り明けの7日に動意付く可能性を指摘する声も海外では見受けられる。

 要注意。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

ギリシャ問題

b59b4275.jpg 昨日は東京時間から、ギリシャ当局者が今後IMFから支援を受ける際の条件を通知されたところ、厳しい内容であるため受け入れられないと述べているとの報道を受けてユーロが対主要通貨で大幅に下落。

 先般ユーロ圏が合意したユーロ圏諸国とIMFの協調支援の枠組みにおいて、実際に支援を行う場合にユーロ圏参加国の融資は各国の国内手続きに時間がかかるため、最初の融資はIMFから行われる可能性が高いとみられていただけに、IMF支援が難しいとなると短期的な資金繰り支援が機能しなくなるとの懸念が高まった。
 いわゆるPIGS問題は長引くものと思われ、ユーロの上値抑制要因。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

FOMC議事録要旨

 FOMC議事録要旨では低金利長期化の可能性が言及されたが、同時に低金利継続(extended period)に関して、これまで一部Fed高官が示していたように一定期間(半年程度)の据え置きを示す表現ではなく、経済動向に依存するとの議論が明らかになった。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

ボルカー発言

2c01c004.jpg オバマ米政権の経済再生諮問会議議長を務めるボルカー元FRB議長が、高水準の米国の赤字が、いずれドルを試すことになるとの見解を示した。
 反発を見せてきたドル円も、東京市場のチャートは、三川宵の明星。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール

菊川 弘之

日産証券セミナーサイト
当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ