NY原油

0702-NY今晩は雇用統計などの注目イベントが控えるが、その後は米国は独立記念日の連休入り。

 原油は高値止まりだが、メリマンの重要変化日が6日、昨年高値のアニバーサーリデイトが11日。

 変化の意識されやすい時間帯に入る。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

欧州タイム以降の注目材料

ECB理事会(20:45)
 事前予想:政策金利(1.00%)据え置き

米週間新規失業保険申請件数(21:30)
 事前予想:61万5000件

6月米雇用統計(21:30)
 事前予想:失業率は9.6%
     非農業部門雇用者数は36万3000人減少

5月米製造業受注(23:00)
 事前予想:前月比+0.8%

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ


BRICs株価強し

STOCK今年も半年が過ぎたが、1月〜6月の主要各国の株価の騰落率(%)は、以下の通り。

中国:62.5%。ロシア:50.6%。インド:50.2%。ブラジル:38.8%。日本:12.4%。米国:−2.8。英国:−3.2%。

新興国の強さが目立つ。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

意志あるところに道は開かれる

20090701-00000028-spnavi-fight-view-000昨晩は、伝説の「効くローキック」を受けてきました。1週間ほど痛みが残りそうです。

 かつて、常勝集団と呼ばれた正道会館ですが、石井館長は「結論・目標」を決めてから、そのためにはどうするかと言う「手段」を考えるロジックで常勝の名を得られた。極真会の大会で極真の選手に勝つためには、どういう戦略・戦術が必要で、そのための稽古は何が必要か?審判・観客を見方にするまで考えて、稽古していた団体は、当時なかったと記憶しています。そこまでの徹底さがK-1をここまで大きくしたとも言えます。

 世界一になろうとする覚悟があって始めて日本一になれる。最初から日本一を目指していたら、絶対に日本一にはなれないと、目標を高く持つことの重要性を以前から説かれていたが、マーケットでも同じではないだろうか。

 「大きく勝つ・大きく儲ける」と言う意志があって初めて、勝てる訳である。中途半端な気持ちでマーケットに臨んで勝てる訳はない。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

様子見ムード

asa090702昨晩の海外市場では、6月の米ADP民間雇用統計は47万3000人の減少と、事前予想(39万3000人の減少)を下回ったことを受け、対主要通貨でドル売りの動き。6月の米ISM製造業景況指数は事前予想をやや上回ったが、反応は限定的。米雇用統計を控え、独立記念日で3連休を迎えることもあり、積極的なドル売りの動きも続かず。
 貴金属はドル安を受けて反発。原油は在庫増を嫌気。穀物は急反発。
asa-soku090702本日の国内商品市場の寄付きは、前日比でプラスサイドで始まる銘柄が多そうだが、逆張りの銘柄が多く、雇用統計を控え、一方向へは動きがたいか?

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

時代の流れ

090630_1518今週は、月曜・火曜とTOCOMで行われた海外の先物専門専門トレーダー委員会の研修会に講師として参加。海外のトレーダーから色々と話を聞けたことはもちろん、約10年ぶりにNYで一緒だったA社のMさん(外見は20年前と変わっていませんでしたね。私と違って)にお会いできたこと、M社のUさん、J社のOさん・Tさんらとご一緒したことなど、非常に有意義な時間でした。

 やはり、時間経過と共に、TOCOMの参加者・相場付きも変わっていくのかな。。と感じました。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

半年経過

 本日から7月。1年の折り返しとなりました。某外銀レポートで「年初から半年間のメタルとエネルギーのパフォーマンス」比較がでていました。

Copper:58%up
Lead :57%up
WTI :53%up
Pd :30%up
Tin :26%up
Pt :25%up
Zinc :23%up
Ag :23%up
Nickel:20%up
Gold : 7%up
Aluminum:5%up

高止まりしていたゴールドに他の銘柄群が追随したような格好だが、金の効率性が改めて注目される可能性も指摘されていた。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

全面安

asa090701昨晩の海外市場は、ドル高・商品安。
 夜間立会いとの比較でも続落、為替も円高ドル安気味に推移していることを考慮すると、本日の国内市場の寄付きは、ほぼ全面安で始まりそう。
asa-soku090701穀物は注目の作付面積・四半期在庫が発表されたが、コーンの弱気報告を受けて東京とうもろこしは、S安予想。7〜8月の天候相場の残りの時期を考えると、安値を新規で売り込むことは避けたいと考える。既存の売玉を利食い、チャートの底打ちパターン確認後、リバウンド狙い戦略。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

作付面積

米農務省発表の作付面積 
 コーン:8703.5万エーカー
(事前予想平均:8415.8万エーカー) 
 大 豆:7748.3万エーカー
(事前予想平均:7830.5万エーカー) 
 全小麦:5977.5万エーカー
(事前予想平均:5833.7万エーカー) 

米農務省発表の四半期在庫(6月1日現在) 
 コーン:42億6600万Bu
(事前予想平均:41億9000万Bu) 
 小 麦: 6億6700万Bu
(事前予想平均: 6億7000万Bu) 

 昨晩のシカゴは、大豆続落、コーンS安。コーンの作付面積が減少予想を裏切って急増したことがパニック売りを誘い、S安に張り付いた。予想を上回る四半期在庫やドル高・原油反落も圧迫要因。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

寄付き5分前

asa090630昨晩の海外市場は、こちら。
 ドル円反発。貴金属軟調。原油反発。穀物続落。

asa-soku090630夜間立会いとの比較では、TOCOMザラ場銘柄は上昇している銘柄が多く、本日寄り付きは、円安もあり、概ね堅調で始まりそう。

 レンジの広い逆張り対処で。ちゃぶつきに気を付けたい。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

週間作況報告

大豆
 開 花: 5%
(前週は発表なし、前年5%、平年10%)
 発 芽:91%
(前週は84%、前年89%、平年95%)
 作 付:96%
(前週は91%、前年95%、平年98%)
 良以上:68%
(前週は67%、前年同期は58%)
 劣以下: 6%
(前週は 6%、前年同期は11%)

コーン
 シルキング:4%(前週は発表なし、前年5%、平年8%)
 良以上:72%(前週は70%、前年同期は61%)
 劣以下: 7%(前週は 7%、前年同期は11%) 

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

異常気象

 気象庁によると、本日正午現在で、東京・練馬34.1度。今年一番の暑さになっている。ゲリラ豪雨があったり、真夏の日差しだったりと日本も異常気象が感じられるが、中国やインドでも高温や台風による被害が懸念されている。

 インドでは、例年6月ごろから9月までモンスーン(雨期)となるが、今年はモンスーン到来が遅れており、深刻な水不足への懸念が強まっている。北部や中部では、気温が例年を大幅に上回り、45度近くに達する日が続いている。インドは国土のほぼ半分が農地で、そのうち6割が雨水に依存する。
 
 中国でも、福建省では台風上陸を受け、20万7000人以上が被災、耕地3万2000ヘクタールに被害が発生。倒壊家屋は100戸、直接的な経済被害は3億3600万元(約47億円)と報じられている。

 湖南省、江西省、福建省、広西チワン族自治区と広東省の一部河川の流域で警戒水位を超えた洪水が発生し多大な損失をもたらしたと同時に、北方地区では干ばつ災害が例年より早く発生し、被害が深刻な模様。

 7月は天候相場の天王山。また、米国ではハリケーンシーズンでもある。異常気象というファクターも忘れずに対応したい。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

スーパーソブリン(超国家)準備通貨

 昨日の当欄では、金に関しての中国の動向をお伝えしたが、中国人民銀行は26日、年次金融安定報告書を発表し、一部の準備通貨への過度の依存を低減するよう国際社会に求める考えを示した。人民銀行は、1つの通貨が世界の金融システムを独占する状況は深刻な問題だと指摘。

 報告書は、人民銀行の周小川総裁が提示したスーパーソブリン(超国家)準備通貨の創設(3月末に、国際通貨体制の見直しを求める論文を発表し、国際通貨基金(IMF)の特別引き出し権(SDR)が米ドルに取って代わることが可能との見解)をあらためて提示。

 中国が再びマーケットの波乱要因となってきた。時間をかけて覇権が「米国→中国」と言う流れになるのであれば、マーケット参加者も必然的に中国情勢・動向に注目せざるを得ない。

 来週は華僑圏のお客様を迎える予定。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

反落

asa090627昨晩の海外市場でドル円は、5月の米個人所得・消費支出や6月のロイター/米ミシガン大消費者信頼感指数確報値は良好な内容となったものの、中国人民銀行(中央銀行)が再びドルに替わる準備通貨(スーパー・ソブリン準備通貨)が必要との考えを示したことや米債入札が好調による金利低下などが売り要因に。また、5月の米個人所得・消費で貯蓄率が前月比6.9%上昇と、過去15年で最も高い伸びとなったことから、消費が7割近くを占める国内総生産(GDP)の回復が遅れることへの懸念や株式相場の下落なども一因となった。
asa-soku090627商品市場は、夜間立会い時点まではこれまでの流れを継いで続伸していた銘柄もあったが、海外市場の引けに向けて値を崩したことから、夜間立会い引け時点との比較では、下げている銘柄が多い。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

ジム・ロジャーズの見方(新興国)

0f926b56.JPG6月11日に行われたインタビューからの抜粋です。

Q:「スリランカ、台湾、モンゴル」は投資魅力が高いとのことですが、具体的な理由をお教え下さい。

A:スリランカは、30年に及ぶ内戦にようやく終止符を打ったところだ。戦争の終結した国はいつも、非常に良い投資先だ。また、スリランカは天然資源にも恵まれている。
 
 台湾と中国は60年間で初めて最良の友好関係にある。この関係は、台湾にとって様々な面で追い風となる。

 モンゴルは、資源が豊富で開発が進められている。現在、コモディティは強気相場にあり、モンゴルのように資源の豊かな国はこの相場から恩恵を受ける。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール

菊川 弘之

お客様感謝DAY
日産証券セミナーサイト
当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ