期待感から買われたものの・・

 連休中に発表されたガイトナーNY連銀総裁の財務長官起用や、シティ・グループに対する支援策発表を受け、各市場とも下げ一服となり、本日の国内市場も株高・円安・商品高となったが、顧客向け動画サービスでお話したように、オバマ次期政権に対する期待感だけで、世界的な景況感悪化を止めることは困難と考えられ、今回の期待感からの「株高、円安、商品高」の流れは長続きしないと考える。

 CFTC建玉明細によると、NY原油市場のファンドロングポジション解消は、ほぼ終了しており、27日にサンクスギビングデー(感謝祭)や29日にOPEC臨時総会を控え、薄商いの中、売り方の買戻しから値が飛ぶ事も予想されるが、本格的なトレンド転換には、金融市場の落ち着きに加え、OPEC総会での事前予想を上回る大規模減産発表(250〜300万バレル)や、厳しい寒波到来が必要と見る。

 今週は米国で主要経済指標の発表が多く予定されており、本日発表される3QGDP・暫定値、3QS&Pケース・シラー住宅価格指数、11月コンファレンスボード消費者信頼感指数、明日発表される新規失業保険申請件数、10月個人消費、10月耐久財受注、11月シカゴPMI、10月新築住宅販売等に注目。

 弱気の数字に反応しなくなれば、底打ちを考ええても良いが、期待感から買われた戻りを弱気数字が打ち消すようなら、まだまだ日柄はかかりそう。


にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

連休中の値動き推移

asa-renkyuu081125日本の連休中に、オバマ次期大統領が財務長官にガイトナーNY連銀総裁を起用との報道や、シティグループに対する救済策などをを好感して欧米の株価が上昇、円は主要通貨に対して続落。商品市場も軒並み上昇となっている。

asa-soku081125本日の寄り付きは、休み前と一変し、全面高予想。サンクスギビング前にとりあえず、安心感を与えた格好。



にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

ゴールドマン白旗宣言?

 NY原油の50ドル割れで、今朝から電話取材が殺到している。日本・中国・シンガポール・タイのメディアや投資顧問などから、見通しを聞かれるが「短期的には株次第」としか答えようがない。

 原油の上昇トレンド下では一世を風靡したゴールドマン・サックスも「2009年の価格見通しを86ドルから80ドルへ下方修正」すると共に「我々は石油のトレーディングに関する全ての推奨を撤回する」と今回の予想が最後になるとコメントした・・・。

 OPEC臨時総会や感謝祭前の売り方の手仕舞いによる上昇は予想されるが、本格的に底打ちを確認できるか否かは株次第。OPECでの予想を上回る減産か寒波到来によるヒーティングオイル急騰、(産油国に絡む)地政学リスクの急浮上などがなければ、戻り売り基調は継続か?




にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

 

中期戦略では・・

 前場は、全面安の展開。寄付きから、前引けにかけて金などは、多少買われたが、全般的にはリスク資産縮小の流れには逆らえない状況。

 後場は、3連休前の売り方の買戻しも予想されるが、基本的には短期売買中心で持ち越しリスクは避けたい。

 金と白金の価格差が、再び縮小してきた。ビッグ3への対応次第では、年内に価格差逆転も予想されるが、ここからの価格差縮小・逆転場面では、分割して「金売り・白金買い」を仕込む中期戦略を考えたい。

 

 
にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

BloombergTVダイジェスト

本日、ブルームバーグTVダイジェストです。

Q:NY原油相場は50ドルを割り込みましたね?
Å:株価急落に伴う需要減少思惑が材料視されました。

Q:NY原油下落は続きそうですか?
A:一旦落ち着きを見せていましたが、再び金融市場の波乱に追随する様相に戻っている感じがします。

Q:株価下落は、しばらく材料視されますか?
A:オバマ政権が来月発足するまでは金融市場の動向に左右される展開が続くと思います。

Q:OPECの動きはいかがでしょうか?
A:50ドル割れ水準となった事で減産の動きになると思いますが、今は供給面よりも需要減少が大きく材料視されている状況。

Q:来週はいかがですか?
A:来週はアメリカがサンクスギビングデーで、週末に向けて薄商いになると思います。休み前に売り方の手仕舞いが出るのではないでしょうか。

Q:少し上昇もありそうですね?
A:来週の前半は株安に追随して売られて、週末はサンクスギビングデーとOPEC総会を控え、売り方の買戻しからリバウンドが入るのではないかと思います。

Q:レンジはいかがですか?
A:40ドル〜60、65ドルくらいを見ています。

Q:東京市場はいかがでしょうか?
A:海外安に加え円高が進んでいるので、2000円以上の大幅安で始まると思います。

Q:NY金相場ですが、ドル安が有利ですか?
A:ドル安に対する買いで上げましたが、上値ではキャッシュ化に伴う売り圧力が強いと思います。

Q:利下げ観測も出てきていますね?
A:株価の下落を受けて、さらに利下げをする可能性があるので、金にとってはプラス材料だと思います。

Q:揉み合いが続きそうですか?
A:ドルの下落はプラス要因ですが、ユーロの下落はマイナス要因なので、700ドル〜750ドルくらいのレンジ相場が続くと思います。

Q:東京市場はいかがですか?
A:海外高を円高が相殺する格好で、20円前後の安寄りだと思います。金利の引き下げ余地のない円が買われやすい地合いが続くと思われ、円高が国内の金価格を抑える流れが続くのではないでしょうか。

Q:穀物市場も急落ですね?
A:独自材料に欠ける中、他の国際商品並びに株式市場に追随する格好。

Q:さらに下げそうですか?
A:作付け期水準よりも大きく下げているので下値は限定的だと思います。上値も下値も限定的な保ち合いが続くのではないか。


にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

Big3、BigProblem

b5c68d47.jpg「金融システムに対する不安」から「実体経済の悪化」に市場の関心が移る中、「ビッグ3の救済がどうなるか」が目先の最大の焦点。NYダウも10月安値を割り込み、底抜け状況。
 
 国内商品も全般的に売り優勢で始まる見通し。ここ数週間のレンジを維持している銘柄に関しては、逆張り継続で対処したいが、3連休前でもあり、持ち越しは避けたい。


 来週はサンクスギビングデーで海外市場も薄くなる。


にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

11月21日海外市況

asa081121昨晩の海外市場は、米週間新規失業保険申請件数(54万2000件と、1992年以来の高水準)や、10月の米景気先行指数(前月比0.8%低下と事前予想(同0.6%低下)を下回る)、11月のフィラデルフィア地区連銀景況指数(マイナス39.3と事前予想(マイナス35.0)を下回る)などに加え、米自動車大手3社への政府救済が間に合わない恐れなどから、株安・ドル安・商品安。リスク資産は全て手仕舞われるような展開。

asa-soku081121本日の国内市場の寄り付きは、海外安+円高で大幅安予想。NY金は、ドル安・株安に対して買われたものの、国内は円高が相殺する。ただし、国内は3連休を控え、売り方の手仕舞いも予想されるため、大幅安からの手仕舞いによるリバウンドも想定しておきたい。



にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

寄付き5分前

 10月下旬〜11月初旬にかけて「株安、円高」の流れは、ペースは緩慢なものとなっていたが、第4四半期入り後実体経済の悪化が更に加速していることを欲付ける経済指標の発表が相次ぐ中、景況感の一段の悪化を背景に「株安、円高」が再び加速する可能性が高まっている。
 NYダウが10月安値を抜けるか否かに注目。今晩発表される11月フィラデルフィアFedインデックス、新規失業保険申請件数の内容如何では、米株下落が加速し、一段の円上昇に繋がる可能性も。また、「エマージング売り、円買い」の兆候も窺え、注意したい。

 商品市場も金融市場に追随する流れに変化は見えず、短期売買での逆張りに徹したい。


にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

11月20日海外市場

asa081120NY株は急落。ダウ平均は終値で8,000ドル割れ。ドル円は、95円台半ばまで値を下げた。住宅着工および建築許可件数が揃って過去最低を更新、米金融当局の景況感が悲観的になったことや、自動車メーカーを政府が救済に乗り出すか否か不透明な事も嫌気された。
 ビッグスリーの幹部は前日に続いて議会証言し、窮状を訴えた。民主党は、支援する構えだが、共和党は、自動車会社が破産法の下で更生するべきだと主張。ホワイトハウスも難色を示している。
 商品市場も、リスク回避の動きが強まっている事から、全面安の様相。

asa-soku081120本日の寄り付きは、「円高+海外安」を受けて、全面安で始まる見通し。レンジ内での逆張り継続。


にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

11月19日:昨晩の海外市況

asa081119NY株は3日ぶりに反発。景気後退の不安は根強いが、売られ過ぎの感も強いことが相場の支えとなった。ドル円も株高好感だが、値動きは小さい。基本的に動意の薄い展開。今晩はCPI、住宅着工と重要な指標発表があるが、それほど大きな動か。感謝祭に向けてホリデー気分が広がり、薄商い担っていく可能性。商品市場もこの動きに追随する。徐々にボラティティも落ちついてきた感。

asa-soku081119本日の商品市場の寄り付きは、まちまち〜やや弱目で、もち合い気味の始まりか?トレンドが明確に発生するまでは、逆張り継続


にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

JM中間報告:供給超過ではなく、供給不足  

 ジョンソン・マッセイ(JM)社「プラチナ2008中間報告書」の要旨。
     
           

 2008年のプラチナ市場は7.5トンの供給不足になる見込み。プラチナの供給量が前年比4.2%減の195.3トンになるのに対して、需要は前年比2.3%減の202.8トンとなると予想。

 供給量は前年比8.6トン減の195.3トン。電力供給問題、精錬所の操業停止、熟練スタッフ不足、その他の問題のため、南アフリカのプラチナ供給量は前年比7.9トン減の148.7トンになる見込み。ロシアのプラチナ生産量も26.6トンまで下落すると予想されるが、北米およびジンバブエの供給量は増大予想。

世界の触媒加工用のプラチナ総需要は前年比2.7トン増の131.6トンに達する見込み。北米では、自動車生産台数の減少に伴い、需要が9.5トン減少。ただし、この減少分は、欧州における軽トラックによる微粒子フィルターの前暦年以上の搭載拡大、中国やその他新興経済地域における自動車生産台数の増大いよって相殺。

宝飾品メーカーによるプラチナの純新規購入量は前年比10.6トン減の34.8トンとなる見込み。価格高騰が上半期のプラチナ宝飾品の値頃感にも悪影響を及ぼした。一方、日本では中古のプラチナ宝飾品のリサイクルが大幅に増大。ただし、最近のプラチナ価格の下落に伴い宝飾品業界も在庫を補充できるようになり、リサイクルも減少し、需要がいくぶん回復。

投資需要は前年比0.8トン減の4.5トンとなる見込み。価格上昇に伴い、第1四半期にETFを通じて大量の在庫が積み増されたため、流動性が低下し、価格がさらに高騰。第3四半期には償還に伴ってプラチナが市場に戻ったことが価格下落の一因に。

 ファンダメンタルズは、現在の経済状況にもかかわらず比較的強含みで推移すると見られる。現在の経済危機が続き、投資家が商品取引を避けるならば、プラチナは今後6カ月間に700ドルの安値をつける可能性。一方、リスクリターンを求める志向が強まれば、ファンダメンタルズをより密接に反映して、同期間に1400ドルの高値をつけることも予想される。


にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ


ジョンソン・マッセイ中間報告

今晩(日本時間: 11月18日 22:00)、ロンドンにて英貴金属大手ジョンソン・マッセイ社(Johnson Matthey)は、2008年度のプラチナ需給の中間報告を発表する。

 発表が、現行の保合いの放れのきっかけになるのか否か、注目したい。

 強弱いずれの材料になるにしろ、既存のレポート等で述べているように、金との鞘縮縮小・逆転場面では、中・長期スタンスでの「金売り・白金買い」を考えたい。



にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

豪華メンバー勢揃い

 昨晩、出席したセミナーは、豪華メンバーでした。

青木前参議院議員会長
石破農林大臣
甘利大臣
金子国土交通大臣
谷垣前政調会長
細田自民党幹事長
宋文洲さん(ソフトブレーン創業者)
伊藤隆俊東大教授
渡辺喜美元金融大臣
中川秀直元幹事長
鳩山総務大臣
小池百合子元防衛大臣
中川昭一財務大臣
アントニオ猪木
谷川FEG社長
K−1武蔵選手
K−1船木選手

 加藤ゆりさんと一緒に伺ったが、皆さんのオーラで会場は熱気ムンムン。熱い時間でした。詳細は、来週の放送で。


にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ


セミナー開催

 本日の「(ミス東大)加藤ゆりの経済教室」のゲストは、亀井幸一郎氏。金の世界では、知らない人はいない方。

 その亀井氏と22日(土)セミナーを行います。
応募は、こちらから。亀井さんが金を中心とした貴金属、私が為替・石油・穀物市場を解説、今後の展望をお話しする予定です。


にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

逆張り継続

 逆張り継続としたが、前場は豪準備銀行(RBA)議事録を受けた豪ドル急落に追随し下げた場面もあったが、押し目は買い拾われる展開。安値売らず、高値買わず。短期売買に徹した逆張りで。



にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール

菊川 弘之

くりっく365
日産証券セミナーサイト
当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ