1031

asa081031昨晩のNYは、朝方に発表された7−9月期・米GDP速報値は前期比マイナス0.3%成長と事前予想(同マイナス0.5%成長)ほど減少しなかったが、2001年第3四半期(同マイナス1.4%成長)以来の大幅な落ち込みとなった。特にGDPの7割近くを占める個人消費が前期比3.1%減少と、1999年以降で初めてマイナスとなり、減少率は1980年以来で最大を記録したことから、リセッション入りは確実との見方が広がった。商品全般の需要減少思惑が意識されやすい地合は変わらず、リバウンドを見せていた各商品も、ほぼ反落となった。

asa-soku081031本日は日銀金政策決定会合に注目。利下げを織り込みながら動いてきただけに、据え置きとなった場合「円高・株安」トレンド再会のきっかけになる可能性も。



にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

FOMC声明文

 米連邦公開市場委員会(FOMC)は本日、フェデラル・ファンド(FF)金利の誘導目標を50ベーシスポイント引き下げて、年1.00%にすることにした。
   
 経済活動のペースは、主に個人消費の落ち込みにより、著しく減速した模様。過去数カ月間に企業の設備投資と鉱工業生産は弱まり、多くの国での経済活動の減速は米国の輸出見通しを抑制している。さらに、金融市場混乱の深刻化は、家計や企業の借り入れ能力を一段と低下させるなどし、支出を一段と抑制する可能性が高い。
     
 エネルギーなどの商品価格の下落や経済活動の一段の減速見通しを踏まえ、当委員会は、インフレが今後数四半期で物価安定と一致する水準に緩和すると予想している。
  
 本日の利下げ、中央銀行による協調利下げ、異例の流動性対策、金融システム強化に向けた当局の措置を含む最近の政策行動は、時間とともに信用状況を改善し、緩やかな経済成長への回帰を促進する一助になるだろう。しかし、経済成長の下振れリスクは依然存在している。当委員会は、経済と金融の動向を注意深く監視し、持続可能な経済成長と物価安定を促進するため、必要に応じて行動する。
            
 今回のFOMCの金融政策に対して、ベン・S・バーナンキ委員長、ティモシー・ F・ガイトナー副委員長、エリザベス・A・デューク、リチャード・W・フィッシャ ー、ドナルド・L・コーン、ランドール・S・クロズナー、サンドラ・ピアナルト、チャールズ・I・プロッサー、ゲリー・H・スターン、ケビン・M・ウォーシュ各委員が賛成票を投じた。
     
 関連措置として理事会は、公定歩合を50ベーシスポイント引き下げて、1.25%にすることを全会一致で承認した。この措置を講じるにあたり、ボストン、ニューヨーク、クリーブランド、サンフランシスコの各地区連銀理事会の要請を承認した。


にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

1030

asa081030注目のFOMCは、FF金利誘導目標と公定歩合の各0.5%引き下げ。FF金利誘導目標は1.0%に、公定歩合は1.25%になった。参加した全員が賛成で決定。

以下に声明文。

Release Date: October 29, 2008
For immediate release

The Federal Open Market Committee decided today to lower its target for the federal funds rate 50 basis points to 1 percent.

The pace of economic activity appears to have slowed markedly, owing importantly to a decline in consumer expenditures. Business equipment spending and industrial production have weakened in recent months, and slowing economic activity in many foreign economies is damping the prospects for U.S. exports. Moreover, the intensification of financial market turmoil is likely to exert additional restraint on spending, partly by further reducing the ability of households and businesses to obtain credit.

In light of the declines in the prices of energy and other commodities and the weaker prospects for economic activity, the Committee expects inflation to moderate in coming quarters to levels consistent with price stability.

Recent policy actions, including today’s rate reduction, coordinated interest rate cuts by central banks, extraordinary liquidity measures, and official steps to strengthen financial systems, should help over time to improve credit conditions and promote a return to moderate economic growth. Nevertheless, downside risks to growth remain. The Committee will monitor economic and financial developments carefully and will act as needed to promote sustainable economic growth and price stability.

Voting for the FOMC monetary policy action were: Ben S. Bernanke, Chairman; Timothy F. Geithner, Vice Chairman; Elizabeth A. Duke; Richard W. Fisher; Donald L. Kohn; Randall S. Kroszner; Sandra Pianalto; Charles I. Plosser; Gary H. Stern; and Kevin M. Warsh.

In a related action, the Board of Governors unanimously approved a 50-basis-point decrease in the discount rate to 1-1/4 percent. In taking this action, the Board approved the requests submitted by the Boards of Directors of the Federal Reserve Banks of Boston, New York, Cleveland, and San Francisco


asa-soku081030NY株式市場は、0.5ポイント利下げを織り込みながら強含んだが、利下げ決定後は、利食い売りと追加金融緩和を見越した買いが交錯しながらも、ダウはマイナスサイドで引けた。ドルも高値からは反落。今晩は、週間失業保険申請件数、3QGDP速報値の発表もあり、再び乱高下する可能性も。
 商品市場は、全般的に反発で、国内市場は高寄りしそうだが、株・ドル円の上値が抑えられるようだと、S残を残すコーンや粗糖以外で、戻りが売られる銘柄も出てきそうだ。


にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

セミナー開催

 本日は、高寄りした銘柄が多かったものの、円安一服・夜間軟調もあり、値を崩す銘柄が多かった。今晩のFOMCを受けた株式・為替市場に注目。大幅続伸となれば、市場に落ち着きも出てこようが、反落となるようなら、市場の疑心暗鬼は継続。個々のファンダメンタルズが材料視されるのは、まだまだとなる。

 22日(土)セミナー開催です。金(GOLD)は亀井幸一郎さんが、その他銘柄を補完する格好で、私が講師を務めます。米大統領選挙の結果も判明しているはずで、来年に向けた戦略をお話する予定です。


にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

寄付き5分前

e142cdb1.bmp 本日は新月。金など高値を付けやすい時間帯。長期スタンスで臨まれる方は、直近安値にストップロスを置いてホールドでも良いだろうが、短期売買で臨まれる方は、噴値利食い、押し目を再度買い狙うスタンスで。日銀が利下げに動かなかった場合の反動にも注意したい。

 株価も校で、ドンドン切りあがると言うよりも、ボラタイルな底練りとなるシナリオも想定しておきたい。


にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

1029

asa081029NY株は大幅反発。アジア、欧州と続けて株式相場が急伸したことを好感。米連邦公開市場委員会(FOMC)会合で追加利下げを実施するとの見方も材料視。ダウ平均は13日に過去最大の値上がりとなったが、今回は史上2番目の大幅上昇。また、ニューヨーク証券取引所の売買高が約17億株、 NASDAQ市場で28億株を超えており、安値はチャンスとの積極的な商いも見られた。

 FOMCでは0.5ポイントの引き下げ予想が強まっているが、声明での金融政策方針も注目。

asa-soku081029本日の国内商品市場は、円安+夜間堅調で概ね、高寄り予想。戻りは売られる場面もあろうが、株価が大きく崩れなければ、押し目を買う動きも予想される。

 各市場とも大幅な下げであった分、自律反発もそれなりに出る可能性。今回の反発が底打ちにつながるか否かは、ここ数日の動きを見る必要あり。



にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

欧州タイム

 金はS高のままも、ドル円は再び95円割れ。他の国際商品も高値からは値を削る展開。まだ予断許さない状況。大引けまで、あと1時間ちょっと。


にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

金S高

 円安加速もあり、東京はS高。他の国際商品も基本的には追随の様相。欧州時間入り後も、東京時間の流れが続くようなら、短期的なリバウンド入りも要想定。ただし、現段階ではあくまで下げすぎに対する修正高であり、その後の戻り売り圧力の度合いを見て戦略を考えたい。



にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

GAP UP

 後場は、ギャップを空けて寄り付いた銘柄が多い。日経平均が戻り足を強めるなら、商品市場も短期的に追随するか?


にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ


シカゴ夜間急伸

シカゴの夜間取引が急伸しているが、「28日に米農務省(USDA)が今月10日に発表した需給報告を修正することを明らかにしたが、大豆の作付面積と収穫面積が下方修正されるのでではないかとの噂」が一因の模様。


にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

1028

asa081028昨晩のNY金は大幅続伸。南アの鉱山会社アングロ・プラチナム(アングロプラット)は、ルステンバーグ鉱山の一部坑道で労働者が事故死したことを受けて調査のため、閉鎖している。NY原油は続落。穀物は、週間輸出検証高が事前予想を上回ったことに大豆が急反発。コーンも連れ高。


asa-soku081028オーストラリア準備銀行(RBA)が28日、豪ドル買い介入を実施した模様。


にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

G7緊急声明

 先進7カ国(G7)の財務相・中央銀行総裁は27日、「円の過度の変動と、それが経済・金融の安定に悪影響を与え得ることを懸念する」として、外国為替市場での急速な円高進行をけん制する共同声明を発表。声明は「強固かつ安定した国際金融システムがわれわれの共通の利益であることを再確認する」と強調。円高への強い懸念を示した上で「引き続き為替市場をよく注視し、適切に協力する」との方針を示した。

 G7が特定の通貨に関する声明を出すのは異例。

 市場の反応は、現段階では限定的となっている。




にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ


 

1027

asa-soku081027朝方から為替市場は不安定な動き。キャリー解消が続く中、本日の商品市場もボラタイルな展開に。



にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

1025

asa081025投げ・投げ・総投げ。キャリーバブルの終焉。




asa_soku081025月曜寄付き段階での為替の状況次第では、寄付き予想値も変化してくる。



にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

OPEC

石油輸出国機構(OPEC)は、臨時総会で日量150万バレル清算削減決定。


にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール

菊川 弘之

お客様感謝DAY
日産証券セミナーサイト
当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ