ストキャスティクスはゴールデンクロス

s-DSCF0645本日の日中取引の引け段階のチャートで、ストキャスティクスが低水準でゴールデンクロス、もしくはゴールデンクロス間近の銘柄が多くなっている。

 夜間立会いでは、夜間高+円安もあり、続伸している銘柄も多く、明日にかけてチャート形状が良くなるか?

 本日安値を維持できるか否かが短期的な焦点に。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

夏相場

s-DSCF0647今年は改装中で、浅草寺の全景が見れなく残念だった方も多かったようですので、昨年の「ほおずき市」の写真をアップします。


s-DSCF0650ライトアップされた浅草寺は、すごく綺麗です。思わず、写真を撮ったり、絵を描きたくなるくらいの衝動に駆られます。


s-DSCF0651「ほおずき」も昼とは違う、良い味を見せています。夜の浅草寺「ほおずき市」お勧めです。昼ほど暑くもありません。本日の東京も暑い1日でした。外でお仕事をやられている方、営業の方も含めてご苦労様です。

s-DSCF0639入谷のあさがお市、浅草寺のほおずき市と相次ぎ、「夏」を感じる1週間です。相場のほうも、そろそろ熱い「夏相場」を期待したいものです。今後の見通しは、こちら

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

欧州タイム以降の注目材料

英商品貿易収支(17:30)
 事前予想:-6750百万ポンド

英中銀政策金利(20:00)
 事前予想:据え置き(0.50%)

カナダ住宅着工件数(21:15)
 事前予想:130.0千件

米新規失業保険申請件数(21:30)
 事前予想:603千件

米卸売在庫(23:00)
 事前予想:-1.0%

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

半期で初の世界一(中国)

rrr中国の2009年上半期(1〜6月)の新車販売台数(商用車含む、中国内生産分のみ)は、609万8800台と前年同期比17.7%増加、過去最高を記録。

 1月から6カ月連続で米国を上回る販売台数を記録、半期ベースで初めて世界最大の自動車市場に浮上した。
s-DSCF0917ここ数年、中国各地で上海取引所主催の「ゴムセミナー」の講師を務めているが、参加者は、ゴム産地者、タイヤメーカー、自動車メーカー、投資家などだが、昨年の最悪期でも、不動産と共に自動車産業は、国家が下支えるから大丈夫と自信を持っていたのが記憶に残っています。

 もちろん、セミナー参加者の熱心さと元気さは、日本では想像もできないくらい激しいものです。

 これから伸びる国の国民は、エネルギーが違うと、体感しています。ウィグル自治区問題などがあるのは事実ですが、色々なものを巻き込んで突き進むようなエネルギーを感じます。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

いずれどこかの段階で

 本日は「年金に関する勉強会」へ行って来ました。水面下では、色々と動いていますね。商品市場に対しての見方は、中長期的にはいずれどこかの段階でインフレに針が振れるとの見方が優勢でした。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

四万六千日

s-DSCF0342本日から浅草寺の「ほおずき市」。9日・10日の両日行われるが、市が開かれる両日は、「四万六千日」と呼ばれ、この日にお参りすると4万6000日(126年)分の御利益があると言われます。

s-DSCF0339この数については米一升分の米粒の数が約4万6000粒にあたり、「一升と一生」をかけたなど諸説があります。

s-DSCF0336毎年、時間があれば「ほおずき市」にお参りしていますから、既に何百年分もの御利益があるかな(笑)写真の大きなちょうちんの下に描かれている「龍」を見るのも、浅草寺へ行く楽しみの一つ。強い運気を感じる彫り物です。

 このブログを見ていただいている方々にも、「四万六千日」分の御利益がありますように。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

G8(原油)

wti2中国の胡錦濤国家主席が欠席するなど、焦点がぼけた感もある主要8カ国(G8)首脳会合だが、ロシアのメドベージェフ大統領は8日のG8で、石油会社の幹部が1バレル=70〜80ドルを適正な原油相場だとみているとの考えを示した模様。他の首脳の見解もおおむね一致したと報じられている。レンジ合意はなかったとブラウン英首相は述べているが、供給国側・需要国側が、それそれ受け入れられる価格帯が70〜80ドルと言うことであろう。

 ファンドの投げもあり、ダブルトップから急落したNY原油だが、ほぼレンジの倍返しを達成しており、安値売り込みは避けたい水準にまで来たと感じるが。。。。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

ドル円、三尊完成

yensanzonドル円は三尊完成から急落。下値ターゲットのN=93.06円、V=92.92円、E=91.03円を、ほぼ達成。投げ一巡で短期的な戻りが入りやすいか?ただし、中長期トレンドは下向きのまま。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

大幅下落後のシナリオ

 今回、リスク回避の動きから各市場とも大幅続落となった。商品市場もファンドの投げ(損切り)で下げ幅が大きくなっている銘柄も多いが、トレンドフォロー型ファンドの多くは、この値幅での下げであれば損切り後は、途転売りしてくると思われ、ファンドの安値売り込み型になっていくと思われる。

 今週〜来週のCFTC建玉明細でも、大口投機玉の買いの整理が確認されると思うが、今回の下げがファンドの買いの投げが一因となったように、安値売り込みのファンド玉のポジションが、材料次第では踏み上げの火種になる可能性には留意したい。

 ファンドのポジション動向の変化に注意しながら、ここからの中期戦略は、売り玉を手仕舞い、買い場探しと考える。チャートパターンでの底打ち確認を待ちたい。
 
にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

米金融機関決算予定

 来週の注目の一つが米金融機関の決算。以下が予定です。

14日:ゴールドマン・サックス
16日:JPモルガン
    ウェルズ・ファーゴ
17日:バンク・オブ・アメリカ
    シティー・グループ
    モルガン・スタンレー
22日:USバンコープ

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

ジム・ロジャーズの見方(株式)

bd2d9e28.jpgブルームバーグとのインタビューを一部抜粋。

「現時点で購入を検討している株式はスリランカ株だけ」

「すでに所有している中国株は長期間持ち続ける予定」

「2008年の第4四半期に中国株を買い増して、今年はまったく買っていない」

「2009年に中国株を売ることは、1909年に米国株を売るようなものです。私の子供は2003年と2008に生まれました。彼女らはいつか私の株を持つことになるでしょう」

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ


寄付き予想

asa090709昨晩の海外市場は、こちら。ドル円は、景気の先行き不透明感や株安などを背景にしたリスク回避の動きや、テクニカル面の悪化もあり、一時、91円台まで急落。四半期決算発表を控え、リスク回避の動きから商品市場も全面安。原油は、予想を上回る石油製品在庫増加も嫌気された。

asa-soku090709昨日の夜間立会い引け時と比較しても、大幅下落しており、円高も加味され、本日寄り付きも買い方の投げからスタートしそう。前日比で大幅安から始まり、短期リバウンド狙いの買いから小反発、戻りを再度、売られるという流れか?
 今週何度か書いているが、本格的な買い参入は、チャートパターンの底打ちを待ちたい。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

大幅続落

NY金:909.3(-19.8)
NY白金:1,101.8(-34.0)
NY原油:60.14(-2.79)
シカゴ大豆:892.00(-3.00)
シカゴコーン:334.25(-1.50)
NYコーヒー:115.20(-1.50)
NY粗糖:17.21(+0.25)
ドル・円:92.73(-2.05)
NYダウ:8178.41(+14.81)

 昨晩の海外商品市場は、大幅続落。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

GFMS見通し

a7293702.jpg英調査会社ゴールド・フィールズ・ミネラル・サービシズ(GFMS)は8日、金価格について、投資家の買いが入って年末までに高値を更新する見通しを発表。
 
 GFMSのフィリップ・クラプウィジク会長は、「向こう数カ月で金価格は難なく,
1トロイオンス1000ドルの節目に再び到達する可能性があり、今年末までには過去最高値の更新を目指して一段高になるだろう」と述べた。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

欧州タイムの注目指標

ユーロ圏GDP・確報値(18:00)
 事前予想:-2.5%(前期比)
 事前予想:-4.8%(前年比)

ドイツ鉱工業生産(19:00)
 事前予想:0.5%(季調済・前月比)
 事前予想:-20.0%(季調前・前年比)

 株価下落に歯止めがかかるか否かに注目したい。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール

菊川 弘之

日産証券セミナーサイト
当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ