東京金(チャート分析)

tkgmac

 本日の東京金は、小反落。MACでは、2月14日にヒットした買いのトリガー継続。LMA(5833円)〜HMA(5660円)を下値支持帯とした上昇トレンド継続。RSIは、高水準で短期的な買われ過ぎ感。
tkgichimoku

 2019年5月安値を起点とする上昇チャネル継続。今週〜3月上旬にかけて変化が起こりやすい対等数が重なる。24日が新月。上ヒゲ陰線で引けており、調整安も要想定。RCIも短期的な買われ過ぎ感を示唆。
tkgrenko

 練行足は陽転継続。

日経225(チャート分析)

225mac

 本日の日経225先物は、大幅続落。MACでは、2月19日にヒットした売りのトリガー継続。LMA(23210円)〜HMA(23690円)を上値抵抗帯とした戻り売り基調継続。
225ichimoku

 雲を割り込み下げ加速。雲の厚みは薄くなる時間で、抵抗線としても支持線としても信頼性の落ちる時間が続く。24500円〜25000円水準が上値抵抗帯。2019年8月安値を起点とした上昇チャネル割れ。
225renko

 練行足は陰転。

日本は人口の約3割が高齢者

新型コロナウィルスの致死率は低く、死亡率が高いのは高齢者と言うが、超高齢化社会の日本は人口の約3割(28.1%:2018年)が65歳以上の高齢者。

ダイヤモンド・プリンセス号での4人目の死者

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗っていた80代の人が死亡。同船での死者は4人目。

CFTC建玉明細

cftc_41usdjpy_short-term

シカゴ円:CFTC建玉明細(2/18現在)によると大口投機玉は、27,221枚の売り越し。前週(26,188枚の売り越し)から拡大。

cftc_11gold_short-term

NY金:CFTC建玉明細(2/18現在)によると大口投機玉は、353,649枚の買い越し。前週(307,974枚の買い越し)から拡大。

cftc_13platinum_short-term

NY白金:CFTC建玉明細(2/18現在)によると大口投機玉は、61,615枚の買い越し。前週(61,840枚の買い越し)から縮小。

cftc_21crude_short-term

NY原油:CFTC建玉明細(2/18現在)によると大口投機玉は、411,764枚の買い越し。前週(396,769枚の買い越し)から拡大。

cftc_31soy_short-term

シカゴ大豆:CFTC建玉明細(2/18現在)によると大口投機玉は、15,864枚の売り越し。前週(23,684枚の売り越し)から縮小。

cftc_32corn_short-term

コーン:CFTC建玉明細(2/18現在)によると大口投機玉は、43,773枚の買い越し。前週(38,221枚の買い越し)から拡大。




NY原油(チャート分析)

wti

 NY原油(4月限)は、続落。200日移動平均線〜基準線が上値抵抗帯として機能した。心理的節目50ドル〜2月4日安値(49.5ドル)を維持できるか否かが焦点。

NY金(チャート分析)

nyg

 NY金(4月限)は、続伸。一目均衡表からは、V=1696.4ドル、N=1703.9ドル、E=1780.7ドルなどが上値目標値。基準線〜転換線が下値支持帯。一陰介在十二陽連で、短期的な買われ過ぎ感が意識されてくる。
 24日が新月。対等数値の時間は、3月4日。

人民元の対ドル基準値

25日の上海外国為替市場では、中国人民銀行(中央銀行)が取引開始の目安として示す人民元の対ドル基準値が1ドル=7.0232元に設定された。前営業日に比べ0.0014元の元高・ドル安。

寄り付き予想

000海外市況速報

昨晩の海外市場はこちら。

000最終約定価格

本日の東京市場は、

貴金属市場は、金が +49 円前後、白金が -95 円前後、
原油市場は、 -1760 円前後、
穀物市場は、大豆が -970 円前後、コーンが -550 円前後で始まる見通し。

イスラエル再々選挙

イスラエルの2度目のやり直し総挙は、3月2日(投開票、国会定数120)に迫ってきた。

1月下旬にトランプ米大統領が発表した中東和平案は、選挙情勢にあまり影響を与えていない。1年以内に3度目の選挙が行われるのは1948年の建国以来初めての事態だが、ネタニヤフ首相率いる右派与党リクードを中心とする右派・宗教勢力と、首相打倒を目指すガンツ元軍参謀総長の中道野党連合「青と白」などの中道・左派勢力の支持は昨年9月の前回選挙と同様に拮抗しており、いずれも過半数となる61議席以上の獲得は困難な状況。

イスラエルでは昨年4月に総選挙が行われ、右派・宗教勢力が国会の過半数を占めたが、同勢力内の対立でネタニヤフ氏は連立政権の発足に失敗。同9月のやり直し総選挙後にはネタニヤフ、ガンツの両氏が組閣を試みたが、いずれも過半数の支持を得られず不調に終わった。

ネタニヤフ氏が収賄などの罪で起訴されたことを背景に、リクードの支持は伸び悩んでいる。3月17日にはネタニヤフ氏の初公判が行われる予定。

G20共同声明

一、世界経済は2020年と21年に向けて緩やかに上向くが、貿易摩擦や地政学上のリスクが残る

一、新型肺炎の拡大を含め、世界経済のリスク要因への監視を強化。さらなる行動を取る用意がある

一、経済のリスクに対処するため政策を総動員する

一、経済のデジタル化に対応した法人課税ルールの見直しについて、20年末までの最終報告の合意に向けた決意を再確認する

一、法定通貨を裏付け資産とする「ステーブルコイン」に関しては、サービス開始前にリスク評価と適切な対処が必要だとした昨年10月の合意を再確認する

日本への渡航情報「注意を強化」に引き上げ

米国務省は22日、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、日本への渡航情報について、危険度を4段階で下から2番目の「注意を強化」に引き上げた。

中国で「ピーク」到達も世界的流行の恐れ を警告

世界保健機関(WHO)は24日、中国で新型コロナウイルスによる感染症の流行が「ピークに達した」との見解を示した。一方、同国外での感染者急増に「深い懸念」を表明し、各国に対しパンデミック(世界的な大流行)に備えるよう呼び掛けた。

昨晩のシカゴ穀物

cs

昨晩のシカゴ大豆(3月限)は続落。前日比16.25セント安の874.25セントで終えた。
韓国での感染者州急増に加え、イラン、イタリア、クウェートなどでも感染者が発見されるなど、中国以外の国でコロナウイルスの感染者数が拡大していることが嫌気された。また、依然として中国から米国産大豆への大規模な需要が見られないことも一因となった。

cc

シカゴコーン(3月限)も続落。前日比4.75セント安の372.25セントで終えた。
週間輸出検証高は前週を上回る好調な内容だったが、新型コロナウイルスの中国以外の国々での感染者数の拡大を受けた世界的な株安が嫌気された。

週間純輸出検証高(2月20日までの週)



大 豆:59万4536トン(前週改定値:100万5050トン)

ex-corn2

コーン:91万2922トン(前週改定値:79万5399トン)

小 麦:41万1523トン(前週改定値:50万3082トン)
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール

菊川 弘之

当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ