寄り付き予想


000海外市況速報

昨晩の海外市場はこちら。

000最終約定価格

本日の東京市場は、

貴金属市場は、金が +22 円前後、白金が -21 円前後、
原油市場は、 -1140 円前後、
穀物市場は、大豆が -40 円前後、コーンが +30 円前後で始まる見通し。

米石油協会(API)週間在庫

API1

原油:5億3000万バレル(前週比870万バレル増)

クッシング在庫:340万バレル減少

原油処理量:日量33万2000バレル増加

ガソリン在庫:前週比110万バレル増。

ディスティレート(留出油)在庫:690万バレルの増加

本日の経済指標

528

昨晩のドル円

yen

昨晩のドル円は、前日比15銭円安・ドル高の1ドル=107円65〜75銭で取引を終えた。

米経済活動の正常化への楽観論から米株式相場が上昇し、円売りドル買いが優勢だったが、米中関係の悪化懸念を受け、上値は限定的。

ポンペオ米国務長官は27日の声明で「もはや香港が高度な自治を維持できるとは誰も主張できない」との見解を示した。中国は28日に香港の統治強化をめざす「香港国家安全法」の制定方針を採択する見通し。トランプ米大統領は週内にも中国への制裁を科す可能性を示唆する一方、中国も報復措置を取る構え。

昨晩のシカゴ穀物

cs

昨晩のシカゴ大豆(7月限)は続伸。前日比1.50セント高の848.50セント。
米農務省(USDA)発表の作柄報告で24日時点の作付進捗率は平年の55%を上回る65%と発表されたが、事前予測を下回ったことに加え、米産地では今後も雨がちな天気が続くことが見込まれ、作付ペースがさらに鈍化するとの懸念が材料視された。

cc

シカゴコーン(7月限)は続伸。前日比1.50セント高の320.50セント。
24日時点の作付進捗率は平年の82%を上回る88%だったが、米産地では一部で洪水が発生していることに加え、今後も雨がちな天気が続くと見られていることを受けて、生育遅れ懸念が強まった。

昨晩のNY白金

nypt

昨晩のNY白金(7月限)は反発。、前日比4.8ドル高の878.1ドルで終えた。
経済活動再開に対する期待感から押し目を買われ、金の下げ一服や株高を受けて地合いを引き締めた。

昨晩のNY金

nyg

昨晩のNY金(6月限)は反発。前日比5.1ドル高の1トロイオンス1710.70ドルで取引を終えた。
時間外取引の安値を割り込み、テクニカル要因の売りから、7日以来の安値1701.6ドルを付けたが、米中の対立に対する懸念やドル高一服を受けて安値拾いの買いが入って下げ一服となり、1728.5ドルまで戻した。

香港情勢を巡り、トランプ米大統領は週内にも中国に制裁を科す可能性を示唆するなど、米中対立が深刻化している。

昨晩のNY原油

wti

昨晩のNY原油(7月限)は反落。前日比1.54ドル安の1バレル32.81ドルで取引を終えた。

経済活動の再開による原油需要の持ち直し期待で、前日に2カ月半ぶりの高値を付けるも、ネックラインを上抜けず、利益確定売りが出やすかった中、香港に対する国家安全法の採決を28日に控えて、中国とその他の主要国の対立激化が警戒された。ポンペオ米国務長官は香港が高度な自治を維持しているとは断言できないとし、これまで香港に認められてきた貿易の特別待遇が失われる可能性を示唆した。

来月の石油輸出国機構(OPEC)加盟国を中心とした産油国会合で、協調減産の強化が合意に至ると期待されている反面、ロシアが7月以降に減産幅を縮小する方針を固めたと伝わり、従来から減産に消極的なロシアが足並みを乱す可能性が警戒されていることも圧迫要因。

昨晩のNYダウ

dow

昨晩のNYダウは続伸。前日比553ドル16セント高の2万5548ドル27セントと、3月6日以来の高値で終えた。

ニューヨーク市のデブラシオ市長は26日、6月前半から段階的な経済再開に入る可能性を示唆した。米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長は27日、新型コロナの感染の「第2波」を避けられる可能性があると指摘。ウォルト・ディズニーがフロリダ州のテーマパークの営業を7月に再開する計画を公表するなど、企業の営業再開に向けた動きも広がり、米経済活動正常化期待が強まった。

欧州連合(EU)の欧州委員会は27日、7500億ユーロの基金創設を含む復興計画を公表した事も一因。

ナスダック総合株価指数は3日続伸し、同72.14ポイント高の9412.36と2月21日以来の高値で終えた。

昨晩の海外市場

ドル円:107.80 + 0.26

NY金2020/6:1710.7 + 5.1     

NY白金 2020/7:878.1 + 4.8  

NYパラ 2020/6:1976.60 - 12.50     

NY原油 2020/7:32.81 - 1.54

シカゴ大豆 2020/7:848.50 + 1.50

シカゴコーン 2020/7:320.50 + 1.50

昨晩の海外株式市場

NYダウ:25,548.27(+553.16)

S&P500:3,036.13(+44.36)

ナスダック:9,412.358(+72.137)

相場格言

運・鈍・根

香港からの移住希望者受け入れ拡大(台湾)

中国が全国人民代表大会で反体制活動などを禁じる国家安全法を香港に導入する方針を打ち出していることに関し、台湾の蔡英文総統は27日、「われわれはこれからも自由民主を追求する香港人の決意を支持していく」と改めて強調した。

その上で、「台湾政府として香港人に人道支援の手を差し伸べる」と表明。香港からの移住希望者受け入れ拡大が柱となる見通し。

シカゴコーン鍋底形成、買い場探し

お客様メニュー市場分析レポートで「シカゴコーン鍋底形成、買い場探し」を更新しました。

参考にして頂ければと思います。

追加経済対策117兆円規模

政府は27日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた令和2年度第2次補正予算案の歳出総額を31兆9114億円とする方針を固めた。

事業規模の総額は117兆1千億円程度で、1次補正と合わせて200兆円を超える。
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール

菊川 弘之

当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ