インプラッツ、解雇交渉開始

 南アフリカ白金大手インパラ・プラチナムは(インプラッツ)18日、ヨハネスブルク西部のルステンブルク鉱山で、最大2500人の労働者解雇をめぐり、政府および労組との交渉を開始したと発表。

 インプラッツは白金生産で世界第2位。同社は先週、2017年には損失が見込まれるとした上で、人員削減の可能性があるとの見方を示していた。ルステンブルク鉱山の操業は近年、労使対立により打撃を受けている。

 失業率が約28%に達する南アにおいて、同国企業は大量に人員削減をする前に、労組や政府と協議する必要がある。

 インプラッツは黒字転換に苦戦しており、ルステンブルク鉱山(労働者3万1000人)では、一層の削減の可能性もあるとしている。

 同社は「ここ数年、労働生産性が低下している上に、ルステンブルク鉱山の白金生産水準も、年産約100万オンスから減少している。18年は68万〜72万トンにとどまる見通しだ」と指摘。

CFTC建玉明細(シカゴコーン)

シカゴコーン終値 (中心限月) 大口投機玉

CFTC建玉明細(9/12現在)によると大口投機家玉は、24,614の売り越し。
前週(14,000の売り越し)から。

CFTC建玉明細(シカゴ大豆)

シカゴ大豆終値 (中心限月) 大口投機玉

CFTC建玉明細(9/12現在)によると大口投機家玉は、3,592枚の買い越し。
前週(2,044枚の売り越し)から途転。

CFTC建玉明細(NY原油)

NY原油終値 (中心限月) 大口投機玉

CFTC建玉明細(9/12 現在)によると大口投機家玉は、374,480枚の買い越し。
前週(382,113枚の買い越し)から縮小。

CFTC建玉明細(NY白金)

NY白金終値 (中心限月) 大口投機玉

CFTC建玉明細(9/12現在)によると大口投機家玉は、37,997枚の買い越し。
前週(37,973枚の買い越し)から微増。

CFTC建玉明細(NY金)

NY金終値 (中心限月) 大口投機玉

CFTC建玉明細(9/12現在)によると大口投機家玉は、254,760枚の買い越し。
前週(245,298の買い越し)から。

CFTC建玉明細(シカゴ円)

シカゴ円 大口投機玉

CFTC建玉明細(9/12現在)によると大口投機家玉は、57297枚の売り越し。
前週(72,945の売り越し)から縮小。

新たなハリケーンにも注意

CapD20170919

米コーンの週間作物進度報告(9月17日までの週)

全米デント進度

デント率:86%(前週75%、前年92%、平年90%)

全米 成熟進度

成熟率:34%(前週21%、前年50%、平年47%)

全米コーン収穫進度

収穫率:7%(前週5%、前年8%、平年11%)

コーン 全米18州作柄状況

「良」以上:61%(前週61% 前年74%)

「劣」以下:13%(前週13% 前年7%)

米大豆の週間作物進度報告(9月17日までの週)

全米落葉進度

落葉率:41%(前週22% 前年43%、平年43%)

全米大豆収穫進度

収穫率:4%(前週−、前年4%、平年5%)

大豆 全米18州作柄状況

「良」以上:59%(前週60% 前年73%)

「劣」以下:12%(前週11% 前年7%)

寄り付き見通し

海外市況速報20170919

昨晩の米国市場はこちら。

最終約定価格20170919

本日の東京市場は、

貴金属市場は、金が40円前後、白金が50円前後のマイナス。

原油市場は、300円前後のプラス。

穀物市場は、大豆が変わらず前後、コーンが変わらず〜30円前後のプラスで始まる見通し。

昨晩の海外市場(ヘッドライン)

yen

ドル円:14日に発表された米消費者物価指数(CPI)統計を受けて連邦準備制度理事会(FRB)による年内利上げ観測が高まっており、米長期金利の上昇を受けたことや、リスク選好意欲の回復で円売り・ドル買いが進んだ。

dow

NYダウ:主要な米経済指標の発表がない中、米金利上昇を眺めて金融株などが買われ、7営業日続伸した。

nyg

NY金(12月限):ダウ平均株価の史上最高値更新に加え、週内に開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)でタカ派の見方が出る可能性などが意識されたことを受けて続落。

nyslv

NY銀(12月限):ドル高や株高を受けて軟調となった。

nypt

NY白金(10月限):北朝鮮情勢の緊張緩和や、今週のFOMCでタカ派の見方が示される可能性などを受けて続落。

nypal

NYパラ(12月限):株高などを背景に安値拾いの買いが入って地合いを引き締めた。

wti

NY原油(10月限):石油輸出国機構(OPEC)や国際エネルギー機関(IEA)が需要見通しを上方修正したことが引き続き下値を支えたが、実需のヘッジ売りが入り上値は重かった。

cs

シカゴ大豆(11月限):需要は好調ながら、コーン市場の軟調な足取りが転売を誘発したことから反落に転じ、小幅続落。

cc

シカゴコーン(12月限):低調な輸出検証高と収穫進行が目先の供給増加に対する意識を強めたことが売りを呼んで反落。

日本の休場中の値動き一覧

連休中一覧20170919

昨晩の海外市場

ドル円: 111.54 + 0.71

NY金  2016/ 12 1310.8 - 14.4

NY銀  2016/9  1707.1 - 54.0 

NYプラ 2016/10 961.1 - 10.7

NYパラ 2016/12  930.45 + 8.70

NY原油 2016/10  49.91 + 0.02

シカゴ大豆  2016/11 967.75 - 1.00

シカゴコーン 2016/12 351.50 - 3.25

〜男はつらいよ〜

上等、上等、あったかい味噌汁さえありゃ充分よ。

あとはおしんこと海苔と鱈子(タラコ)一腹ね、

辛子のきいた納豆、これにはね、生ねぎを細かく刻んでたっぷり入れてくれよ、

あとは塩昆布に生卵でもそえてくれりゃ、もう何もいらねえよ、おばちゃん。
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール
日産証券セミナーサイト
当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ