ネックラインの攻防戦(NY金)

0AA9831B-68E2-4A51-83E2-F1BA975E1FF4

NY金(6月限)の時間外は下値切り上げ中。

nyg

今晩のパウエル議長討論会や、連銀総裁講演などをきっかっけに、ネックライン(3/18高値:1756.1ドル)を上抜けてくると、テクニカル的な買いが入りやすい。

既存レポートやTVでお話ししているように、3月と4月のドル円のトレンドは転換しやすい傾向がある。

今晩の注目スケジュール

20:30 ECB議事録(3月11日開催分)

9日
0:00 ブラード・セントルイス連銀総裁、バーチャルイベント参加
1:00 パウエルFRB議長、IMF春季会合主催パネル討論会参加
3:00 カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁、バーチャルイベント参加

東京原油(チャー分析)

tkoilmac

 本日の東京原油は続落。MACでは、7日にヒットした売りのトリガー継続。LMA(40750円)〜HMA(47930円)を上値抵抗帯とした戻り売り基調。

TKOILICGINIJY

ストキャスティクスはデッドクロスで修正局面。三尊の右肩を作る動き。頭が44940円(3/8高値)、左肩が42120円(12/26高値)。ネックライン割れなら、N=36910円、V=35870円、E=33540円などがカウント可能。

tkoilrenko

練行足は、陰転継続。

ゴムRSS3号先物(チャー分析)

tkrmac

本日のゴム先限(RSS3)は、反落。MACでは、3月22日にヒットした売りのトリガー継続。LMA(244.8円)〜HMA(250.7円)を上値抵抗帯とした戻り売り基調継続。

tkrichimoku

 2月高値を起点とした下降チャネル継続。ネックライン(3月2日安値)と重なる基準線〜転換線が上値抵抗帯。3月安値を割り込むようなら、V=228.5円、N=215.8円などが下値目標としてカウント可能。

tkrrenko

 練行足は、陰転継続。

白金標準先物(チャー分析)

tkptmac

本日の白金先限は、小反落。MACでは、4月2日にヒットした買いのトリガー継続。LMA(4194円)〜HMA(4252円)を下値支持帯とした上昇トレンド継続。

tkptichimoku

三角もち合い上放れ。N=4487円、V=4575円、E=4766円が上値目標としてカウント可能。

tkptrenko

練行足は陽転継続。

金標準先物(チャート分析)

tkgmac

 本日の金先限は反発。MACでは、4月2日にヒットした買いのトリガー継続。LMA(6065円)〜HMA(6121円)を下値支持帯とした押し目買い基調継続。

tkgichimokju

終値ベースで、ネックライン(3/18高値)を上抜くと、ダブルトップ完成となる。N=6267円、V=6340円、E=6454円などが上値目標。200日移動平均線が上値抵抗。

tkgrenko

 練行足は、陽転継続。

tkghl

 20日間高値更新で、多くのトレンドフォロー型指標は陽転中。10日間安値(3/31安値)を割り込まない限りは、押し目買い継続。

TKG52

 週足終値ベースで、52週移動平均線を回復してくると、「グランビルの買い法則」が確認される。

日経225(チャート分析)

225mac

 本日の日経225先物は、小幅続伸。MACでは、4月2日にヒットした買いのトリガー継続。LMA(29430円)〜HMA(29720円)を下値支持帯とした上昇トレンド継続。

225ichimoku

 引き続き、ネックライン(3月18日高値)の攻防戦。ストキャスティクスは、デッドクロスで修正局面。基準線〜転換線が下値支持帯。

225renko

練行足は陰転継続。

アデエモ米財務

アデエモ米財務副長官は7日、米CNBCテレビのインタビューで、米国は世界の「圧倒的多数」の国と法人税の最低税率導入で合意できるとの見方を示した。

アデエモ副長官はまた、米財務省は交渉に当たり、米国企業に差別的なデジタルサービス税を支持しないと明言。

ドイツ財政赤字、東西統一以降最大

ドイツ連邦統計局は7日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で2020年の公的部門の財政赤字が1892億ユーロ(2250億ドル)に上ったと公表。

赤字は13年以来で、30年前の東西統一以降で最大の赤字額となった。

統計局によると、20年の公的支出は12.1%増の1兆7000億ユーロ。一方、税収は3.5%減の1兆5000億ユーロとなった。

バイデン大統領演説

バイデン大統領はホワイトハウスで演説し、インフラ整備などに2兆ドル(約220兆円)超を投じる成長戦略について、「妥協は不可避で(計画が)変更されるのは確実」と強調。一方で「何もしないことは選択肢にない」と、実現に強い意欲を示し、議会与野党と「交渉する」と明言。

インフラや先端技術研究開発への投資は、米国が国際競争力を高める上で不可欠だと訴えた。技術力で追い上げる中国は「(米国を)待ったりはしない」と述べた。

また、多くの大手企業が連邦 税を払っていないと批判し、法人税率を21%から28%に引き上げる重要性を訴えた。多国籍企業の海外収益に対する税率を2倍の21%に引き上げる方針も示した。

イエレン財務長官は7日、米国が主要国に対抗して法人税率を下げてきたのは「自滅的な競争」と断じた。
この流れに歯止めをかけるため、20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で同日、世界共通の最低税率導入で合意するよう呼び掛けた。

エバンス総裁発言

 米シカゴ連邦準備銀行のエバンズ総裁は7日、最近の10年物米国債利回りの上昇は、経済に対する楽観的な見方とインフレ率上昇への好ましい見方を反映しており、「良いことだ」との見解を示した。

 エバンズ総裁は利回り上昇は「経済がうまくいっている兆候だ」と発言。また、2.5%のインフレは「範囲外」と見なすべきではなく、平均インフレ率を連邦準備制度理事会(FRB)が目標とする2%に引き上げるには、3%のインフレ率でも歓迎すべきだと述べた。

バブル相場再来の可能性をはかる

CapD20210407_1

第3回目「バブル相場再来の可能性をはかる」はこちらから。

時事通信社ゴールドレポート

0B945904-25BC-4B6B-A929-ABE074A680A0

本日の時事通信社「ゴールドレポート」に寄稿しました。

お客様メニューからご覧いただけます。

今後のシナリオ、テクニカルポイントなどをまとめました。
参考にして頂ければ幸いです。

寄付き予想

000海外市況速報

本日の国内市場は、

貴金属市場は、金が+2円前後、白金が -41円前後、
原油市場は、+150円前後、
ゴム市場は、-2.4円前後、
穀物市場は、コーンが+100円前後で始まる見通し。

SPDRゴールドの現物保有高

goldETF1

goldETF2

 7日のSPDRゴールドの現物保有高は、前日比0.36トン減の1028.69トン。
記事検索
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール

菊川 弘之

当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ