若返り10則

DSCF2843若返り10則(酸ヶ湯温泉)。

 相場で勝つための法則とも相通ずるものあり。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

バフェツト会食、過去最高額

 毎年恒例の米著名投資家ウォーレン・バフェットと昼食を共にする権利のオークションが11日締め切られ、過去最高の263万ドル(約2億4000万円)で落札された。

 今回は出足が鈍かったが、最終的に過去最高額!

 これも過剰流動性相場?

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

ワールドカップ+中国の端午節

 ワールドカップ+中国の端午節(休場)。

メインプレイヤーが休みなら、マーケットは動きづらい?

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

週末の海外市場

asa100612週末の海外市場は、こちら。画像をクリックすると拡大します。
 ワールドカップも始まり(?)、リスク回避の動きも一服。

asa-soku100612週明けの夜間取引は反発で始まっており、週末時点での換算値よりも全般的に高目で始まる見通し。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

失敗の原因

「トレーダーが失敗する原因は、そのほとんどが彼らのずさんな資金管理に根ざしている」

=リンダ・ラシュキ=

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

マネーマネージメント

 「マネー・マネジメントなしではトレードではあまり長くは生き残れまい。マネー・マネジマントは生き残りの確率を高めてくれるものである」

=ジョン・J・マーフィー=

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

昨晩の海外市場

asa100612昨晩の海外市場は、こちら。画像をクリックすると拡大します。
 ワールドカップが始まり、マーケットも方向感のない状態。前回独ワールドカップではイタリアが優勝、フランスが準優勝、ドイツが3位、ポルトガルが4位と欧州勢が上位を独占したが、今回も欧州勢が頑張ればユーロの下値支持要因に?????
 
 朝方発表の5月の米小売売上高が前月比1.2%減少と事前予想(同0.2%増)に反し、昨年9月以来の大幅なマイナスとなったことを嫌気したが、その後は下げ渋ると、6月の米ミシガン大消費者信頼感指数速報値が予想を上回ったことなどから、ドル円は狭いレンジ内でのもみ合いが続いた。
 商品市場は金反発、白金まちまち。原油反落。穀物続伸。
asa-soku100612週明け東京市場は、金・穀物ソフトが堅調スタート予想。原油・石油製品、PGM系は軟調で始まるか?

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

富の偏在

 米ボストンコンサルティンググループが10日公表した調査(金融資産を100万ドル以上保有する個人を富裕層と定義)によると、世界の富裕層は2009年末に1119万人と1年前から14%増えた。

 首位の米国は15%増の471万人と世界全体の4割強を占める。

 日本は世界2位の座を維持したが、1%増と主要国で最も低い伸び。

 3位の中国は31%増の67万人と高い伸び。このほかシンガポール(35%増)や台湾(22%増)など、アジア諸国・地域で富裕層の伸びが目立つ結果となった。

 富裕層は世界の人口の1%未満だが、世界全体の金融資産に占める富裕層保有分の比率は、昨年末が38%と前年同期より2%上昇。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

HFT(ハイ・フリークエンシー・トレーダー)規制案

 米商品先物取引委員会(CFTC)は11日、市場参加者の取引サーバーなどを取引所のサーバーに近い場所に設置し、取引関連情報の送受信速度を高める「コロケーション」の規制案を公表。今後30日間にわたり、同案についての意見を公募する。

 今回の規制案は、超高速の売買を繰り返す「ハイ・フリークエンシー・トレーダー
(HFT)」の取引上の優位性を取り除き、市場参加者全員が平等にサービスを享受できる環境を確保するのが狙い。

 規制案によれば、サービス手数料を支払う意志がある全ての市場参加者が「コロケ
ーション」サービスを受けられるようにする。

 選挙へ向けて規制をアピールしたいものの、規制が強まれば海外の他市場へ資金流出の可能性も高く、投機規制は「痛し痒し」と言ったところ。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

はやぶさ

 ワールドカップが始まった。

 日本では「はやぶさ」が注目。「7年前は何をしていただろう」と考えてみる。

 毎年、年初に出している展望レポートを見て見ると2003年の展望レポートには『長らく続いた商品市場の長期下降トレンドからの脱却が追認される』と書いてある。
 この辺りから、マーケットも長期下降トレンドから長期上昇トレンドへの転換を確認したと言える。そう考えると、ジムロジャーズが商品指数をスタートしたのが1998年。今更ながら先見の明があったと感心する。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

リスクとは

 「リスクとは、抑えるものではなく、自分の得意としているところでは積極的に取る。 一般的にいわれる破滅の要因であるだけではなく、実は収益源泉でもある」

=トム・バッソ =

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

ワールドカップアノマリー

DOW←ワールド・カップ(WC)の年は、米中間選挙の年とも重なるが、過去のWCのNYダウ。

 日経平均もそうだが、WC開催中の値動きは冴えない傾向。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

下振れリスク・上振れリスク

 ブルームバーグによる世界6大陸の投資家・アナリスト調査によると、世界経済が悪化しているとみる向きは全体の42%。1月調査時(21%)の2倍。

 今後1年で最大の下振れリスクが警戒される市場は

1位:欧州(51%)
2位:英国(25%)
3位:日本と中国(19%)。


 今後1年で最高の投資機会を提供する市場は、

1位:米国(39%)
2位:ブラジル(29%)
3位:中国(28%)

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

WC・端午節・新月

ワールドカップが始まり、
中国では端午節で連休に入り、
明日は新月。

調整・様子見ムード強まるか?

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

NYダウ(チャート分析)

dowNYダウは、リバウンドも4月高値を起点とした下降チャネル上限で頭を抑えられた格好。
 今晩、同水準を抜く事ができるか否かが焦点。上抜いた場合、209年3月安値からの上昇チャネル下限と重なる基準線が上値抵抗として意識される。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ
記事検索
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール

菊川 弘之

当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ