独ZEW景況感指数

 欧州経済研究センター(ZEW)が発表した8月のZEW景況感指数は56.1。事前予想は45.0。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

欧州タイム以降の注目点

英消費者物価指数(17:30)
 事前予想:-0.3%(前月比)
 事前予想:1.5%(前年比)
 事前予想:1.5%(コア・前年比)

英小売物価指数(17:30)
 事前予想:-0.2%(前月比)
 事前予想:-1.7%(前年比)
 事前予想:1.0%(除くモーゲージ利払い)

独ZEW景況感指数(18:00)
 事前予想:45.0

米住宅建築許可件数(21:30)
 事前予想:576千件

米住宅着工件数(21:30)
 事前予想:598千件

米生産者物価指数(21:30)
 事前予想:-0.3%(前月比)
 事前予想:-5.9%(前年比)
 事前予想:0.1%(食品・エネルギー除くコア)(前月比)
 事前予想:2.8%(食品・エネルギー除くコア)(前年比)

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

常識にとらわれない

VOLTこれまで足が長すぎる体型は100メートルに向かず、180センチ程度がちょうど良いと言われていた陸上会の定説を覆したのが、196センチのボルト。
 ベルリンで開催されている陸上選手権で9秒58の世界記録を樹立した。チャートにしてみると、いかにすごい記録かが分かる。

 常識にとらわれない人間から、新たな発見・記録が生まれる。自分で限界を決めてはいけない。
 
 100年に一度の危機といわれるが、裏を返せば100年に一度のチャンスでもあり、過去の常識にとらわれない視点を持ちたい。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

CFTC投機規制

米商品先物取引委員会(CFTC)のゲーリー・ゲンスラー委員長は17日、ロイター通信に対し、「ポジション制限は、集中したポジションの影響でゆがみかねない市場を保護する助けになる」との認識を示し、 「われわれが農産物に対して行っている規制の主な理由は、エネルギーにも当てはめられる。規制は、市場の完全性を促進し、参加者の数を最少にすることにより、公正で秩序があり、かつ流動性のある市場を促進するのがねらいだ」と指摘。
 投機を抑制するため、エネルギーのポジション制限を検討していることを明らかにした。

 投機規制の動きは、短期的にはエネルギー市場の上値を抑える要因となろうが、7月にも書いたが、主要なインデックスファンドを運用するS&P、ゴールドマンサックス、ダウジョーンズ、UBS(AIGから移行)の方が、政治権力という意味では、ある面CFTCよりも強力で、結局は妥協案的な規制にしかならないと思われ、仮に厳しい規制が引かれても米国以外の市場に資金が流れるだけで、価格水準は基本的には変わらないと見る。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

中国株下落→米株下落

dow昨日は中国株(上海総合指数は5.8%下落)が主導する形で世界的に株価が下落。為替は「ドルも円も強く、クロス円が下落」する展開。

 米8月NYFedインデックス、6月TICデータはいずれも事前予想より、強い結果となったが、米株下落を止めるには至らず。

 中国が新たな覇権国としての地位を築き上げる過程であることを象徴するかのような展開であった。世界的な株価の動向を占う上で、目先最も注目されるのは中国株の動向。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

メリマンの重要変化日

メリマンの重要変化日
 米株価:8月14日〜17日。
 通貨(ドル円):8月18日(8/10〜8/26)。
 原油:8月14日〜17日。
 穀物:8月18日(前後1週間)。

 今年の日本のお盆の時期は、多くの銘柄で重要変化日であったが、この時間帯に急反落となった。

 次に重要変化日が重なるのは、9月15日前後。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

円のサポート要因

yenweekly短期的には、


.疋覬澆竜╂畧(8月半ばから末に掛けて下落傾向)、
■昂遒涼羇峇末に向けて本邦企業による海外留保利益の国内送金が加速する可能性
J胴餾弔僚還(17日には10年債の償還が予定)に伴う円買い

などが、円のサポート要因となる可能性。

 今週は、米8月NYFedインデックス、火曜の独8月ZEW景況感指数、米7月PPI、住宅着工、建築許可、木曜の英7月小売売上、米新規失業保険申請件数、8月フィラデルフィアFedインデックス、金曜のユーロ圏、独8月製造業/サービスPMI、米7月中古住宅販売などに注目。また、木曜に発表される来週の米2、5、7年国債の入札額、金曜日に行われるバーナンキFRB議長の講演にも注目。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

熱帯低気圧「クローデット」

 米国立ハリケーンセンター(NHC)は17日、熱帯低気圧「クローデット」がフロリダ州北西部に上陸したと発表。

 メキシコ湾を進んでいたクローデットは17日未明、フロリダ州フォート・ウォルトン・ビーチ付近に到達。勢力を弱めながら同州を通過し、同日中にアラバマ州南部に達するとみられている。

 この「クローデット」に続く熱帯性暴風雨「ビル」は、勢力を強め、16日か17日にハリケーンに発達する可能性。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

スカイウォーク

090816_1133_009北海道の旭山動物園の新たな動物展示に触発されて、各地の動物園でも展示方法に工夫がされ始めているが、多摩動物園の150mに及ぶ世界最大級のスカイウォークもその一例。広大な敷地が活かされ、より野生に近い状態で過ごすことができ、来園者も楽しく観察できる。檻の中に閉じ込められているのと比べると、動物が本来持つパワーを感じられ、人間の肉体的な弱さを再確認できる。単純に「すごいなぁ〜」と感じます。
イルカ3今夏は昨年同様、田舎でイルカがいる海で泳いだが、圧倒的なスピードです。
 動物の肉体的強さに感動しながら、人間の持つ優位性である「頭」をもっと使わねば、と感じた今年の夏です。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

NY原油(チャート分析)

wtiNY原油が、夜間取引で続落しているが、テクニカル面からの下値ターゲットは、7月安値〜8月高値までの上昇に対する38.2%押しが67.29ドル、50%押しが65.58ドル、61.8%押しが63.87ドル。

 半値押し水準は、基準線や雲と重なる水準。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

欧州タイム以降の注目点

ユーロ圏貿易収支(18:00)
 事前予想:N/A(季調前・季調済)

ニューヨーク連銀製造業景気指数(21:30)
 事前予想:2.20

対米証券投資(22:00)
 事前予想:175億ドル

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ


中国(干ばつ)

画像 013中国農業省によると、週末にウェブサイトで発表した声明で、7月以降に同国の北部、東北部諸省で発生している干ばつが急速に深刻化しており、同省は全力で対策を実施している、と発表。

 これら5省の穀物生産高は、中国の総生産高の30%を占めている。

 中国の収穫時期は、大豆が9月、トウモロコシが10月となっている。秋に収穫する穀物は、中国穀物総生産高の70%を占めている。

 シカゴ穀物の今年の天候相場は不発に終わりそうだが、需給相場は堅調推移する可能性も。豊作でなければ旺盛な需要が賄えない構造に変化はない。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

ドル円(チャート分析)

yenweekly8月雇用統計を受け、急激に進んだ円安ドル高局面において、10日の当欄で「週末の雇用統計を受けて、NYドル円(週足)は、52週移動平均線に接近。グランビルの法則が意識されやすい水準である」とし、「過去10年間の平均的なドル円の動きを見ると、第6営業日にピークを迎え、その後月後半に向けて下落トレンドを辿っている」としたが、想定通り52週移動平均線で頭を抑えられ、円高ドル安となっている。

 7月安値を起点とした上昇チャネル下限が維持されるか否かが短期的な焦点。ADXは低水準で、トレンドの勢いは弱い。 

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

豊作を織り込みに行く

CCORN週末のシカゴ穀物市場は、大豆・コーン共に大幅反落。産地の好天を受けて今年の豊作を織り込みに行く展開となってきた。次回の需給報告では、生産高の上方修正の可能性が高まっている。

CSOYただし、今年は冷夏だったため、積算成長度日が十分でないとの見方もあり、コーンベルト北部を中心に例年以上に初霜に対する警戒感が高まる可能性も。プロファーマーのクロップツアーが17日(米時間)からスタートする。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

熱帯性暴風雨「ビル」

WTI週末急反落したNY原油だが、米国立ハリケーン・センター(NHC)によると、熱帯性暴風雨「ビル」は、勢力を強め、16日か17日にハリケーンに発達する可能性。
 夜間取引でも続落中だが、ハリケーンの今後の勢力と進路には注意したい。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ
記事検索
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール

菊川 弘之

当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ