東京白金テクニカルポイント

 4月21日安値(3617円)を割り込むと、テクニカル面からは投げが出る可能性。ADXも30を割り込んできた。
 終値ベースで維持できるか否かにも注意したい。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

南アフリカ

9c392de6.jpg毎回、サッカーワールドカップのチケットは、高いプレミアムが付く事で有名だが、サッカーに関する著書もある友人に聞くと、南アW杯チケットは、(配送なしの)現地受け取り。現地でチケットが受け取れない場合の代金の返還はない(推定)模様で、チケットを手にするまで座席がわからないかもしれないとか。日本戦チケットも、今回はプラチナチケットにはならない可能性は高く、開催国変更を期待するファンも多いとか。
 ちなみに、その友人、FIFA から「2010年南アフリカ・ワールドカップ観戦チケット当選」のメールが届き、思案中とか。。。。日本に開催国変更となれば、プラチナチケットに化けるのにと、ぼやいています。

 開催国変更となれば、貴金属にとってはプラス要因に働きそうだが。。。。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

サマーズ発言

 この週末、オバマ政権の経済対策の中心人物であるサマーズ元財務長官がTV出演して「1〜2ヵ月前に比べて景気が急降下するような感じはなくなった。経験則通り企業が在庫調整に踏み切ったが、ここへきて補充の動きがみられる。景気反転のきっかけになる。8週間前とは異なって景気指標は好悪が混在するようになってきた」と語った。
 米政府を上げて、景気底打ち感を演出したい意向。中国と日本が米国債を大量購入した事もあり、米国への資金流入も観測されている。いくつかの経済指標は景気底打ち・景気後退観測の終了を暗示するものも出てきているが。。。豚インフルエンザの影響を見極めたい。

 現段階は、投資家はリスク回避姿勢を強める方向。日本ではGW入りもあり、積極的な売買は見送られる方向。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

豚インフルエンザ

 クライスラー破綻懸念やストレステストに対する不安感が、マーケットの上値を抑える中、飛び込んできたのが豚インフルエンザ。ストレステストの結果は隠せても、インフルエンザ被害は隠す事ができない。

 インフルエンザ拡大が限定的なら狼狽売り一段落後は、反動高も期待できるが。。

 現段階で判断するのは時期尚早か?

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ


メキシコ、コーン輸入量

mexico図表は、世界のコーン輸入量のシェアを表したグラフ。今回、豚インフルエンザ被害が発生しているメキシコは、輸入シェアの高い国であり、狼狽売り的なところがあるにしろ、長引くようなら、コーン市場にとってマイナス要因。
 今晩の作付け進捗率とい合わせて、その動向に注目したい。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

豚インフルエンザ

090427_1301週末、当欄でインフルエンザによるリスクシナリオを指摘したが、週明けのマーケットは穀物市場中心に、当該ニュースを嫌気する反応。

 中国は、メキシコと米国からの豚肉・豚肉製品の輸入を、即座に禁止。中国の大連商品取引所(DCE)の中国産大豆先物価格と大豆粕先物価格は、ストップ安。
 
 シカゴ夜間取引も、飼料用需要の低下懸念から大きく崩れている。
狼狽売り的なところもあり、インフルエンザ拡大が限定的なら、値を戻す可能性もあるが、経済情勢が悪化している中、物流のストップが長引くようなら、飼料用需要減少だけでなく、「株価下落→商品安」サイクルも意識されてくる。
   
 当面は、インフルエンザの被害拡大・物流のストップが、どの程度、続くかに注目したい。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

GM再建計画見直し記者会見予定

ゼネラル・モーターズ(GM)は、ヘンダーソン最高経営責任者(CEO)が再建計画の見直しに関する記者会見を27日午前9時(日本時間同午後10時)から開くと発表した。

クライスラーによる米破産法11条適用を申請の可能性が高まる中、GM再建計画の内容に注目。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

新型インフルエンザ

 米疾病対策センター(CDC)は24日、米国で感染者が出た豚インフルエンザについて、人から人に感染するウイルスだと断定。23日段階で、感染者7人が確認されている。一方、世界保健機関(WHO)は、メキシコで豚インフルエンザの感染が疑われる症例が800件前後あり、約60人が死亡したことを発表している。

 メキシコ政府はメキシコ市と中部のすべての学校を休校にすることを決定。

 豚インフルエンザは、通常は人に感染しても軽症でおさまるが、豚は人間と鳥の両方のインフルエンザに感染するため、豚の体内でウイルスが混ざり合いウイルスが変異し、新型インフルエンザとして大流行する可能性が指摘されている。
 
 世界経済がグローバル化している中、世界中の人・物が絶え間なく移動しており、今回の豚インフルエンザを始め、今後発生されると思われる新型インフルエンザの感染力が強力なものなら、人から人へ感染するパンデミック(大流行)が懸念される。

 日本では、GWで海外に出かける人も多い。

 リスクシナリオの一つとして、新型インフルエンザが景気に与える悪影響も想定しておきたい。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

米国株大幅続伸

NY金:914.1(+7.5)
NY白金:1184.0(-4.0)
NY原油: 51.55(+1.93)
シカゴ大豆:1040.25(+2.50)
シカゴコーン:377.00(-4.00)
その他銘柄の詳細は、図表をクリックして下さい。
0425昨晩の海外市場では、ドル円はクライスラーが破産法適用を申請するとの観測などから東京で進んだ円高・ドル安の流れを引き継いだものの、米経済指標(米耐久財受注、新築住宅販売件数)が底堅い内容だったことなどから円売り・ドル買い戻しの動き。NYダウは、前営業日比119.23ドル高の8076.29ドルと続伸。
0425-2NY金は、中国の金準備増加を好感。白金は小反落。クライスラー破綻報道を嫌気。
 NY原油は大幅続伸。欧米の経済指標の改善やドル下落、株高などを好感。
シカゴ大豆は、大口成約、株高・ドル安・原油高などを材料視。コーンは作付け進展を嫌気。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

GWに向けて

090417_1308来週からGW入り。ドル円のアニバーサリーデイトを調べてみると、この時期に変化している年が多いのが分かる。
 シンセティックスは、4年サイクル・16年サイクルが成り立つ仮定が必要であるが、仮説に基づけば、2009年は1993年の動きが意識される。5年サイクルのドル上昇局面は既に完了していると見られ、2010年〜2012年をターゲットとした下落局面にあると、サイクル面からは考えられる。
 今年はGWの期間中に、ストレステストや、G7、クライスラー・GMの動向など、波乱要因が多い。連休中にポジションの建ち落ちができない市場を利用されている方は、やはり、ポジション調整主体で、戦略を考えるべきであろう。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

独景況感指数

 ドイツのifo経済研究所が発表した4月の独景況感指数は前月比+1.6の83.7。事前予想は82.3。

 欧州時間に入って、ユーロ反発の動き。商品も追随。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

中国、金準備高増加

9c392de6.jpg新華社は外為当局幹部の話として、中国の金準備が2003年以降の6年間で454トン増加した、と伝えた。同国の金準備が、数年ぶりに増加したことが初めて公表された格好だが、中国は、米国、ドイツ、フランス、イタリアに次ぐ世界第5位の金準備保有国となる。

 アジア時間の金堅調の一因。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

新月

 25日(土)は新月。過去、商品市場では高値の節目を付け易い時間帯。
クライスラーの破産懸念やストレステストに対する懸念が市場に意識されており、注意したい。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)

9c392de6.jpgETFセキュリティーズ主催のセミナー(ロンドン)で、ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)は23日、「金市場の構造は変化している」とし、2009年の数量ベースでの金の投資需要は、世界経済に対する投資家の懸念や、ポートフォリオを多様化する目的のために、宝飾用需要を上回る可能性を示唆した。

 また、複数の非鉄金属鉱山の閉鎖により、2009年の金鉱山生産は、最大で10%落ち込む可能性がある、とした。南アフリカ共和国では、電力不足の影響により、金の生産面での問題が続いている、とも指摘した。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

PGMサーベイ3

090424_0835PGMサーベイ(GFMS)によると、世界のプラチナとパラジウム鉱山の生産は、2008年には前年から急減したが、今年はさらに減少する可能性が高い、とした。
 電力不足や洪水、アマンデルブルト鉱山の一時的な操業停止により、南アのプラチナ生産は8%減少。
 一方、2008年の世界のパラジウム生産は、前年比10%減少。厳しい天候やロシアのノリリスク・ニッケルの工場の点検整備が影響。ロシアのパラジウム生産は、10%以上減少。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

記事検索
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール

菊川 弘之

当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ