昨晩のNY金

nyg

昨晩のNY金(12月限)は反発した。前日比4.6ドル高の1トロイオンス1675.7ドルで終えた。

時間外取引では、米連邦公開市場委員会(FOMC)の大幅利上げ見通しを受けて軟調に推移したのち、欧州時間に入ると、プーチン露大統領が軍の部分動員令に署名したことをきっかけに急伸した。プーチン大統領は、軍の部分動員令に署名したと明らかにした。また西側が「核の脅し」を続けるなら、ロシアは兵力の全てを用いて対応すると警告した。

日中取引では、ドル高を受けて戻りを売られて軟調となった。FOMCで大幅利上げが決定されると、一段安となり、1661.3ドルまで下落した。ただパウエルFRB議長が会見で「いつか利上げペースを落とすのが適切」と述べたことをきっかけに買い戻されて急伸し、1696.9ドルまで上昇した。

FOMCで、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0.75%ポイント引き上げ、3.00〜3.25%とした。政策金利は2022年末で4.4%、23年末は4.6%を見込んだ。前回6月の予想(それぞれ3.4%、3.8%)から大幅に引き上げた。

昨晩の海外市場

ドル円:144.04 + 0.29

NY金2022/12:1665.8 + 4.8  

NY白金 2022/10:916.0 - 6.8

NYパラ 2022/12:2123.50 - 47.00

NY原油 2022/11:82.94 - 1.00

シカゴ大豆 2022/11:1461.25 -17.50

シカゴコーン 2022/12:685.50 - 6.50

昨晩のNYダウ

dow

昨晩のNYダウは続落し、前日比522ドル39セント安の3万0183ドル71セントで終えた。
ナスダック総合株価指数も続落し、前日比204.859ポイント安の1万1220.192で終えた。

米連邦準備理事会(FRB)は21日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で通常の3倍にあたる0.75%の利上げを決め、インフレ抑制に向け今後も利上げを続ける方針を示した。
政策金利は2022年末で4.4%、23年末は4.6%を見込む。前回6月の予想(それぞれ3.4%、3.8%)から大幅に引き上げた。来年末の水準は市場予想(4.4%程度)を上回り、想定よりタカ派的と受け止められた。

昨晩の米国株式市場

NYダウ:30,183.78(−522.45)

S&P500:3,855.93 (−43.96)

ナスダック:11,425.051(−109.969)

稲盛和夫

仕事をやり遂げるためには、大変なエネルギーが必要です。そして、そのエネルギーは、自分自身を励まし、燃え上がらせることで起こってくるのです。
そこで、自分が燃える一番良い方法は、仕事を好きになることです。

部分的動員令

プーチン大統領は21日に放映されたテレビ演説で、ウクライナ侵攻をめぐり国民の部分的動員令に署名したと発表した。予備役を招集するもので、即日発効した。ショイグ国防相によると、招集される予備役は30万人。

 プーチン政権は、親ロシア派を通じて占領・支配するウクライナ東・南部4州で、23〜27日にロシアへの編入に向けた「住民投票」を実施すると決定。

 プーチン氏は演説で、住民投票の結果が出れば「支持する」と表明。ウクライナ東・南部を「ノボロシア」と呼び、ロシアの歴史的領土だとの認識を示した。

日経225(チャート分析)

225mac

本日の日経225は、反落。MACでは、20日にヒットした売りのトリガー継続。LMA(27560円)〜HMA(27990円)を上値抵抗とした戻り売り基調。

225ichimoku

基準線〜転換線が上値抵抗帯。200日移動平均線〜雲の下限割れ。

225renko

練行足は陰転継続。

JPX白金(チャート分析)

tkptmac

本日のJPX白金は、大幅反発。MACでは、9月8日にヒットした買いのトリガー継続。LMA(3918円)〜HMA(3972円)を下値支持帯とした上昇トレンド。

tkptichimoku

雲の上限が下値支持として機能中。ストキャスティクスはゴールデンクロス。V=4386円、E=4398円が一目均衡表からカウント可能。

tkptrenko

練行足は陽転継続。

JPX金(チャート分析)

tkgmac

本日のJPX金先限は、続伸。MACでは、16日にヒットした売りのトリガー継続。LMA(7744円)〜HMA(7837円)を上値抵抗帯とした戻り売り基調。
価格帯別出来高の厚い7600円水準が下値支持帯として機能中。

tkgichimoku

基準線〜転換線が上値抵抗。雲の下限が下値支持帯として機能中。同水準は、8月安値〜9月高値までの上昇に対する61.8%押しと重なる。FOMCと3連休があり、下ヒゲ形成も短く、強い買いは感じられず、様子見モード。

tkgrenko

練行足は陰転継続。

tkgbb

ボリンジャーバンドでは売りの時代。中心線を上抜けるか否かが焦点。

tkghl

20日間安値を割り込んでくると、トレンドフォロー系指標も陰転となる。現段階では、売り買い中立状態。

ウクライナ小麦

ウクライナ農業食料省高官は20日、来年の小麦収穫量が1600万〜1800万トンに落ち込む見通しを示した。冬小麦の作付面積が減少すると見込まれているため。今年の収穫量は1900万トン。

ウクライナの当局者によると、冬小麦の作付面積は少なくとも20%減少する可能性。

熱帯性低気圧

米国立ハリケーンセンター(NHC)は20日、カリブ海に浮かぶウインドワード諸島の東方数百マイルを移動している熱帯波について、今後48時間以内に熱帯性低気圧に発達する可能性が60%あると発表。

寄り付き予想

000海外市況速報

本日の国内市場は、

貴金属市場は、金が‐12円前後、白金が+18円前後、
原油市場は、-1040円前後、
ゴム(RSS)市場は、‐2.0円前後、
穀物市場は、コーンが+750円前後で始まる見通し。
000最終約定価格

SPDRゴールドの現物保有高

goldETF1

goldETF2

20日のSPDRゴールドの現物保有高は前日比4.63トン減の953.32トン。

昨晩のドル円

yen

昨晩のドル円は、前日比50銭円安・ドル高の1ドル=143円65〜75銭で終えた。

米連邦公開市場委員会(FOMC)で、米連邦準備理事会(FRB)のタカ派姿勢が改めて示されるとの警戒感が強い中、米長期金利は一時、前日比0.11%高い(債券価格は安い)3.60%と、2011年4月以来の水準に上昇した。金融政策の影響を受けやすい2年債利回りは3.99%と07年10月以来の高水準を付けた。米金利の上昇に伴い、円売り・ドル買いの動きが強まった。

21日に結果が発表される9月のFOMCでは3会合連続で0.75%の大幅な利上げを決める見込み。委員らの政策金利見通し(ドットチャート)やパウエル議長の記者会見でタカ派寄りの方針が示される可能性も高い。一方、日銀は21〜22日の会合で大規模な金融緩和政策を維持する見通し。日米の金融政策の違いを意識した円売り・ドル買いが活発だった。

euro

ユーロは対ドルで5営業日ぶりに反落し、前日比0.0055ドル安い1ユーロ=0.9965〜75ドルで終えた。FOMCの結果がタカ派寄りの内容になるとの観測が強く、ユーロ売り・ドル買いが優勢となった。

昨晩のNY原油

wti

昨晩のNY原油(10月限)は3営業日ぶりに反落。前日比1.28ドル安の1バレル84.45ドルで終えた。

米連邦準備制度理事会(FRB)がインフレ抑制のため積極的な利上げを続ける見通しで、物価高と金利高により景気がさらに悪化し、石油需要縮小思惑が材料視された。今週は英イングランド銀行の利上げも見込まれ、原油先物市場で警戒が強まった。

 インタファクス通信によると、23〜27日にかけてウクライナ・ルハンシク州やドネツク州などロシア占領地でロシア編入を問う住民投票が行われる見通し。21日にロシアのプーチン大統領が演説し、声明を発表するかと思われていたものの、演説は22日に急遽延期となったもよう。収録済みの演説が放映される予定だったが、取りやめとなったとの見方もある。プーチン大統領がウクライナに対する全面戦争や、厳戒令を発令する可能性など様々な憶測が飛び交っており、演説の延期そのものも思惑を膨らます一因となっている。
記事検索
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール

菊川 弘之

当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ