東京金(チャート分析)

tkg

本日の東京金は小反発。MACでは、3月15日にヒットした買いのトリガー継続。LMA(4631円)〜HMA(4653円)を下値支持帯とした上昇トレンド継続。
tkgichimoku

 2018年8月安値を起点とした上昇チャネル下限で下支えられ反発。転換線が下値支持、基準線が上値抵抗として、それぞれ機能中。ストキャスティクスはデッドクロスで、調整が意識されるも、日々のレンジは収斂中で、三角保合いに移行の可能性も。
tkgrenko

 練行足は陽転中。

「魔女狩り」の犠牲者

米国で2016年大統領選挙へのロシア介入疑惑をめぐり、2年近くにわたって捜査が行われる中、有権者のおよそ半数が、トランプ大統領が政治的な「魔女狩り」の犠牲者になっているとみていることが、新たに発表された世論調査の結果で明らかになった。

 調査はUSA Today紙とサフォーク大学(Suffolk University)が実施。下院での大統領弾劾の動きについても、62%の有権者が反対し、賛成と答えた人は28%にとどまった。

 トランプ大統領は、ロシア共謀疑惑の解明に取り組むロバート・モラー特別検察官の捜査班が偏見を抱いており、捜査が政治利用されていると繰り返し主張してきた。

 今回の調査結果を受けてトランプ氏はツイッターに、「ワオ! 50%の米国人が、ロバート・モラー氏の捜査は魔女狩りだという意見に賛成している。正当と考える人はほんの少数だ! 近々はっきりするのでは?」と投稿した。

レギュラーガソリン小売価格

kouri-prices3

資源エネルギー庁が20日発表した石油製品価格調査によると、18日現在のレギュラーガソリン1リットル当たりの小売価格(全国平均)は、前週比0.2円高の145.3円。5週連続の値上がり。

「自由貿易協定(FTA)」と明記

 トランプ米大統領は19日、議会に提出する大統領経済報告を公表。

 日本との新たな貿易交渉について「自由貿易協定(FTA)」と明記。日本側は農産品などモノの関税に限定する「物品貿易協定(TAG)」と主張してきたが、米側は農業だけでなくサービスも含めた幅広い分野で日本に市場開放を迫る姿勢を改めて示した。

 大統領経済報告は一般教書、予算教書と並ぶ「三大教書」の一つ。

NY原油(チャート分析)

wti

 昨晩のNY原油(4月限)は、小反落。転換線を下値支持として、200日移動平均線を試す流れ。十字線引け。7連続陽線も、実体は小さく、強い過熱感はない。

NY金(チャート分析)

nyg

 昨晩のNY金(4月限)は、反発。2018年8月安値を起点とした上昇チャネル継続。上値抵抗となっている基準線を上抜いてくると、強気感増す。同水準の攻防が焦点。

NYダウ(チャート分析)

dow

 昨晩のNYダウは、反落。心理的節目26000ドルを維持できず。上ヒゲ陰線引け。基準線〜転換線が下値支持帯。ネックライン(26300円水準)の抵抗感が機能中。

ドル円(チャート分析)

yen

 ドル円は、小動き。200日移動平均線を回復できず。200日移動平均線を中心とした三角保合い形成中。

寄り付き予想



000海外市況速報

昨晩の海外市場はこちら。



000最終約定価格

本日の東京市場は、

貴金属市場は、金が +7 円前後、白金が +43 円前後、
原油市場は、 +50 円前後、
穀物市場は、大豆が -140 円前後、コーンが -100 円前後で始まる見通し。

米石油協会(API)週間石油在庫統計

API


原油在庫:前週比213万3000バレル減

ガソリン在庫:前週比279万4000バレル減

留出油:前週比160万7000バレル減

クッシング在庫:前週比31万7000バレル減

サイクロン襲来

 モザンビークのフィリペ・ジャシント・ニュシ大統領は18日、国民向けの演説で、先週アフリカ南部を襲った熱帯サイクロン「アイダイ(Idai)」の死者が1000人を超える恐れがあると述べた。

 隣国ジンバブエでも数十人の死者と200人余りの行方不明者が出ているとみられている。

習近平主席、イタリアン訪問

中国の習近平国家主席は21日からイタリアを訪問し、中国が提唱する巨大経済圏構想「一帯一路」の覚書をイタリアと締結し、インフラ整備などで協力関係を強化する見通し。

イタリアのポピュリズム(大衆迎合主義)政権の「親中政策」が欧州の分断を助長しかねないとの懸念も。

1月の米製造業受注

米商務省が19日発表した1月の米製造業受注は、前月比0.1%増の5004億7900万ドル。1月分の発表は、政府閉鎖に伴い延期されていた。プラスは2カ月連続。市場予想(ロイター通信調べ)は0.3%増。

 変動の激しい輸送関連を除くと0.2%減、国防関連を除くと0.2%増。

 

ZEW景気期待指数(3月)

ドイツ欧州経済調査研究所(ZEW)が19日発表した同国の3月の景気期待指数は前月比9.8ポイント上昇のマイナス3.6。改善は5カ月連続。

一方、足元の景況感を示す現況指数は3.9ポイント低下の11.1に悪化。

EU離脱最大2年先送り要請へ

メイ首相は今月29日に設定されている欧州連合(EU)の離脱期日を6月末まで延期し、離脱を最大2年間先送りする選択肢を求める書簡を19日中に送付する。
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール

菊川 弘之

日産証券セミナーサイト
当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ