昨晩の海外市場

ドル円  112.06 + 0.14

NY金  2018/12   1201.1 - 7.1       

NY銀  2018/12   1414.2 - 10.2    

NYプラ 2018/10    798.6 - 4.7

NYパラ 2018/12     970.50 + 1.80       

NY原油 2018/10     68.99 + 0.40     

シカゴ大豆  2018/11   830.50 - 2.75    

シカゴコーン 2018/12    351.75 + 1.25

本間宗久

米、段々上がるとき、諸国不時申し出し、大阪相場も加え、跡も引き上げ候沙汰、御蔵米など申し立て、なおなお上げ、人気も強く、我も買い気に付き候節、心を転じ売り方に付候事肝要なり。是すなわち、火中へ飛び込む思い切り、一統騒ぎ立つ節は、人々西に走らば、我は東に向かう時は極めて利運なり。

金融緩和の出口に道筋

 安倍晋三首相は14日の日本記者クラブ主催の討論会で、金融緩和の出口に道筋を付けるかと問われ「私の任期のうちにやり遂げたい」と述べた。

東京コーン(チャート分析)

tkcorn

 本日の東京コーンは、小反発。MACでは、売りのトリガーヒットとなった。LMA(23590円)〜HMA(23820円)を上値抵抗帯とした戻り売り基調。

東京原油(チャート分析)

tkoil

 本日の東京原油は、続落。MACでは13日にヒットした買いのトリガー継続も、前日の十字線レンジを下放れ、陰線引けとなった。LMA(50150円)〜HMA(51140円)を下値支持帯とした上昇トレンド。
gen

 一目均衡表の雲のねじれの時間に、5月高値水準の上値抵抗を抜いて、トレンドが加速するのか反転するのかが焦点。

東京ゴム(チャート分析)

tkr

 本日の東京ゴムは続伸も、HMA(169.4円)に上値を抑えられ、陰線引け。MACでは、9月4日にヒットした売りのトリガー継続。LMA(166.1円)〜HMAを上値抵抗帯とした戻り売り基調継続。

東京白金(チャート分析)

tkpt

 本日の東京白金は続伸。MACでは、買いのトリガーヒットとなった。LMA(2784円)〜HMA(2838円)を下値支持帯とした押し目買い基調入り。
tkptichimoku

 終値ベースで、ネックライン(8/28高値)を上抜き、ダブルボトム完成。上値目標は、N=2947円、V=3034円などが一目からはカウント可能。

東京金(チャート分析)

tkg

 本日の東京金は続伸。MACでは、買いのトリガーヒットとなった。LMA(4255円)〜HMA(4291円)を下値支持帯とした押し目買い基調入り。
TKGICHIMOKU

 基準線〜転換線のレンジを上放れて、雲の下限を試す流れ。終値ベースで、8月30日高値を上抜くと、パターン分析からは、ダブルボトム完成となる。 その際の上値目標は、V=4413円、N=4450円、E=4538円などがカウント可能。
tkgrenko

 練行足は陽転継続。
tkgshine

 新値足も陽転継続。

日経225(チャート分析)

225

 本日の日経225先物は続伸。MACでは、買いのトリガーヒットとなった。LMA(22430円)〜HMA(22720円)を下値支持帯とした押し目買い基調入り。
225ICHIMOKU

 200日移動平均線を下値支持として、心理的節目23000円〜5月・8月高値(23050円)を試す流れ。

中国小売売上高・中国鉱工業生産

8月の中国小売売上高、前年同月比9.0%増

8月の中国鉱工業生産、前年同月比6.1%増

地震

東京、揺れた。

ピーター・シフの見方(ドル・金)

今回はドル危機になる。ありふれた金融危機ではなく、通貨危機のようなものでもない。
ドルが崩壊し、みんながMBSだけでなく米国債から逃げ出し、米国債市場は内爆する。
米国の返済能力をみんなが信じなくなるからだ。

今回も安全への逃避が起こるが、それはドルや米国債からの逃避になる。人々はそれらを安全資産と思わなくなるからだ。次の安全資産は金であり、政府の財政状態が良いか経済がはるかに良い国の通貨になる。それらは債権国であり、輸入より輸出が多く、借金より貯蓄が多い。

ドルは処分しろ。金鉱株は昨年も今年も金に比べて上昇したが、まだひどく安い。いつ買うか?今でしょ。みんなが殺到するまで待ってはいけない。


MONEY SHOW

ジム・ロジャーズの見方(ドル)

今後数年で米ドルは世界の準備通貨、世界の貨幣としての地位を失っていくだろう。

みんなワシントンの権力を嫌い、ワシントンから離れ、ドルから離れる方法を模索している。みんな米ドルなしでいこうとしている。

これら(過去の基軸通貨)はその地位をそれぞれ有していたが、過剰になりもはや安全でなくなり、地位を失っていった。英ポンドにも起こったし、その他でも知られていることだ。それは災難ではないんだ。

今(次の基軸通貨として)可能性があると言えるのは中国の人民元だが、すぐではないだろう。人民元は(自由に)交換さえできないから、当分は無理だ。



〜ロシア国営RT〜

レイ・ダリオの見方(ドル)

 今回の景気後退は2008年とはかなり違ってくるだろう。

 前回のように急激・過酷なものになるのではなく、だらだら続くようなものになるだろう。債務危機というよりはドル危機になるだろう。

 トランプ政権・共和党の減税・歳出拡大によって国債発行は今後高止まりする 一方、FRBがバランスシート正常化を続ける事で、今後、米国債の需給が急激に悪化する可能性が高いからだ。


Bloomberg

週間純輸出成約高(9月6日までの一週間)

大 豆:69万3500トン(事前予想レンジ:50万〜130万トン)

大豆粕:3万4900トン(事前予想レンジ:10万〜40万トン)

大豆油:4700トン(事前予想レンジ:0〜3万トン)

コーン:77万4200トン(事前予想レンジ:80万〜120万トン)

小 麦:38万7600トン(事前予想レンジ:30万〜50万トン)
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール

菊川 弘之

お客様感謝DAY
日産証券セミナーサイト
当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ