東京白金(チャート分析)

MAC_東京白金

 本日の東京白金は続落。 MACでは、8日にヒットした売りのトリガー継続。LMA(2980円)〜HMA(3062円)を上値抵抗帯とした戻り売り基調。
国内一覧_東京白金

 終値ベースで5月10日の十字線レンジ下放れで下げ加速。雲を割り込み、三役逆転。
練行足_東京白金

 練行足は陰転継続。

東京金(チャート分析)

MAC_東京金

 本日の東京金は続落。MACでは、4月17日にヒットした売りのトリガー継続。LMA(4525円)〜HMA(4561円)を上値抵抗帯とした戻り売り基調。
国内一覧_東京金

 価格帯別出来高の厚い雲が上値抵抗帯として機能中。2月高値を起点とした下降チャネル継続。雲のねじれの時間帯で十字線レンジ下放れ。心理的節目4500円が下値支持として機能するか否かが焦点。
練行足_東京金

 練行足は陰転。

日経225(チャート分析)

MAC_大取225先物

本日の日経225先物は反発。MACでは8日にヒットした売りのトリガー継続。LMA(21020円)〜HMA(21530円)を上値抵抗帯とした戻り売り基調。
225_大取225先物

200日移動平均線が上値抵抗。雲が下値支持として機能するか否かが焦点。
練行足_大取225

 練行足は、陰転継続。

黒田日銀総裁講演

12C1A208-21E8-4D90-A9D3-C56B6667EF79

・海外経済は総じてみれば緩やかに成長も、減速の動き

・海外経済は減速の動きも、一方的に悪化していくとはみていない

・わが国経済は2021年度までの見通し期間を通じ景気拡大基調続く

・20年春を超えて現在の低金利を維持する可能性が十分にある

・物価の現状を過度に悲観する必要はない

・低成長・低インフレで、かつてに比べて金融政策の対応余地が狭まる

週間純輸出成約高(5月9日までの週)

大 豆:67万4300トン(事前予想レンジ:30万〜90万トン)

コーン:63万4100トン(事前予想レンジ:20万トン〜80万トン)

小 麦:53万3900トン(事前予想レンジ:15万トン〜55万トン)

寄り付き予想

000海外市況速報

昨晩の海外市場はこちら。

000最終約定価格

本日の東京市場は、

貴金属市場は、金が -17 円前後、白金が -28 円前後、
原油市場は、 +510 円前後、
穀物市場は、大豆が +120 円前後、コーンが +210 円前後で始まる見通し。

4月の米住宅着工件数

米商務省が16日発表した4月の住宅着工件数は、季節調整後の年換算で123万5000戸となり、前月比5.7%増加。プラスは2カ月連続(改定後)。

先行指標である住宅着工許可件数は129万6000戸と、0.6%の増加。

新規失業保険申請

米労働省が16日発表した11日までの1週間の新規失業保険申請は、季節調整済みで21万2000件と前週比1万6000件減少。市場予想(22万件)を下回った。

失業保険受給者総数は4日までの1週間で166万人と、2万8000人の減少。市場予想は168万人。

昨晩のドル円

yen

昨晩のドル円は、続伸。前日比25銭円安・ドル高の1ドル=109円80〜90銭で取引を終えた。住宅や雇用関連の米経済指標が市場予想を上回り、米経済は底堅いとの見方を背景にドル買いが優勢になった。

4月の住宅着工件数が前月比5.7%増と市場予測を上回った。新規失業保険申請件数は2週連続で減少。

英国で欧州連合(EU)の離脱協定案を巡り与野党の協議が難航し、メイ英首相への辞任圧力が強まり、英ポンドがドルに対して売られ、対円でのドル買いの一因となった。

昨晩のNY金

nyg

昨晩のNY金(6月限)は反落した。前日比11.6ドル安の1トロイオンス1286.2ドルで取引を終えた。
16日朝発表の米経済指標が総じて市場予想を上回り、主要通貨に対してドルが上昇した事や、株高を受けて売り優勢となった。時間外取引の安値を割り込むと一段安となって下げ幅を拡大し、1284.2ドルまで下落した。
 トランプ米大統領がファーウェイを念頭において国家安全保障上のリスクをもたらす企業の通信機器を米企業が使用することを禁じる大統領令に署名したとの発表を受けて株安に振れたが、日中取引では押し目を買われて株高となった。
一方、ユーロはイタリアのサルビーニ副首相の「イタリアもルールを無視するトランプ大統領のような衝撃が必要」との発言を受けて売り優勢となった。

昨晩のNY原油

wti

昨晩のNY原油(6月限)は3日続伸した。前日比0.85ドル高の1バレル62.87ドルで取引を終えた。一時は63.48ドルと期近物として2週ぶりの高値を付けた。

サウジアラビア主導の連合軍によるイスラム教シーア派への報復攻撃が伝わり、中東の地政学リスクへの警戒感から買いが優勢だった。


サウジ主導の連合軍は16日、イエメンの首都にあるシーア派武装組織「フーシ」の武器庫などを空爆。14日にフーシがサウジの油送管をドローン(無人機)で攻撃したことへの報復とされる。

15日には米国務省がイランの隣国イラクの米大使館と領事館の職員に出国を命じている。

昨晩のNYダウ

dow

昨晩のNYダウは3日続伸し、前日比214ドル66セント(0.8%)高の2万5862ドル68セントで終えた。
シスコシステムズとウォルマートが相次ぎ好決算を発表し、投資家心理が改善した。16日発表された住宅や雇用関連の米経済指標も好内容が相次ぎ、景気への楽観論が広がった。4月の住宅着工件数の増加率は市場予想を上回り、週間の新規失業保険申請件数は市場予想よりも減った。

航空機のボーイング株の上昇もダウ平均を押し上げた。主力機「737MAX」の墜落事故の原因となった飛行制御システムのソフトウエアの修正が完了したと16日に発表したのが好感された。

ナスダック総合株価指数は前日比75.899ポイント(1.0%)高の7898.046で終了した。

昨晩の海外市場

ドル円: 109.85 + 0.25 

NY金2018/6:1286.2 - 11.6          

NY白金 2018/7: 833.6 - 14.1   

NYパラ 2018/6:1324.70 - 8.20        

NY原油 2018/6:62.87 + 0.85            

シカゴ大豆 2018/7: 839.75 + 4.25     

シカゴコーン 2018/7:379.00 + 9.50

昨晩の海外株式市場

NYダウ:25862.68(+214.66)

S&P500:2876.32(+25.36)

ナスダック:7898.05(+75.90)

CME日経平均先物:21270(大証終比:+220)

〜風林火山〜

礼儀知らずは敬遠せよ。
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール

菊川 弘之

日産証券セミナーサイト
当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ