シカゴコーン(チャート分析)

cc

 昨晩のシカゴコーン(7月限)は、小反発。6月高値を起点とした下降トレンド形成中。心理的節目350未下値支持。

シカゴ大豆(チャート分析)

cs

 昨晩のシカゴ大豆(7月限)は、小反発。心理的節目900未下値支持として意識された。2017年1月高値を起点とした下降チャネル継続。

NYダウ(チャート分析)

dow


 昨晩のNYダウは、小反発も陰線引け。転換線が下値支持として機能しているものの、同水準を割り込むと、基準線水準への押し目も要想定。

NY原油(チャート分析)

wti

 昨晩のNY原油(8月限)は、小幅続伸。2017年1月高値を起点とした下降チャネル下限で下支えらえて、自律反発局面。転換線が上値抵抗。

NY白金(チャート分析)

nypt

 昨晩のNY白金(7月限)は、反落。2017年2月27日高値を起点とした下降チャネル継続。チャネル上限と重なる雲が上値抵抗として機能中。心理的節目900ドルが下値支持。

NY金(チャート分析)

nyg

 昨晩のNY金(8月限)は、反落。転換線で上値が抑えられた。200日移動平均線を割り込んだものの押し目は買われて、下ヒゲ形成。引き続き、三角保合い形成中で放れ待ち。

昨晩の海外市場(ヘッドライン)

yen

ドル円:米耐久財受注が前月比で市場予想以上の減少幅となったほかことで、発表直後は円買い・ドル売りが進んだが、米国株高を受けて運用リスクを取る姿勢を強め、円売り優勢に。

dow

NYダウ:米連邦最高裁による入国禁止令の条件付き承認が嫌気されハイテク株が売り込まれたものの、金融株の上昇などに支えられ、小反発した。

nyg

NY金(8月限):ドル高・株高などを受けて、ストップロスの売りを巻き込んで5月16日以来の安値1236.5ドルを付けた。押し目は買われたものの、ドル反発で上値は抑えられた。

nyslv

NY銀(7月限):ドル高などを受けて売り優勢となり、5月11日以来の安値1622.5セントを付けた。その後は安値拾いの買いも入り、下げ幅縮小。

nypt

NY白金(7月限):ドル高や金軟調を受けて売り優勢となった。

nypal

NYパラ(9月限):他の貴金属の下落につれ安となったのち、安値拾いの買いが入って反発した。

wti

NY原油(8月限):リビアやナイジェリア、米国で増産が続いているなか、四半期末要因でポジション調整の買い戻しが進み続伸した。サウジアラビアなど4カ国が、断行したカタールに賠償金を含む不合理な要求を突きつけるなど、イランとサウジアラビアの緊迫感を高めていることも一因。

cs

シカゴ大豆(7月限):米国での降雨と今後の降雨予測が弱気材料となって売られたが、900セント水準の下値支持が意識され安値拾いの買いが入って続伸した。

cc

シカゴコーン(7月限):作柄発表を控えて、これまでの下落を受けて安値拾いの買いが活発化し、小幅高となった。

閣外協力で合意(英国)

 メイ英首相は26日、北アイルランド・プロテスタント系政党、民主統一党(DUP)から閣外協力を得ることで合意。DUP10議員の支持を取り付けたことで、メイ首相率いる保守党は下院議席の過半数確保にめどがついた格好。

香港経由の金輸入量

中国の香港からの金輸入量(ネット)

 香港政府統計局が26日、電子メールで公表したデータによると、中国の香港経由での5月の金輸入量は45.031トンと、4月(74.202トン)比39.31%減少。

 1月以来4カ月ぶりの低水準。

 5月の総輸入量は52.446トンと、4月(81.475トン)を約36%下回った。

大豆・週間作物進度報告(6月25日までの週)

全米発芽進度(大豆)

発芽 :94%(前週89%、前年94%、平年91%)

全米ブルーミング進度

開花 :9% (前週:発表なし、前年8%、平年7%)

大豆 全米18州作柄状況

「良以上:66%(前年72%)、「劣」以下8%(前年5%)

コーン・週間作物進度報告(6月25日までの週)

全米シルキング進度

シルキング:4%(前週:発表なし、前年5%、平年5%)

コーン 全米18州作柄状況

「良以上:67%(前週67%、前年75%)、「劣」以下8%(前年5%)

週間輸出検証高(6月22日までの一週間)

大豆米国週間輸出検証高 16年対17年 (累計)

大 豆:31万5099トン、前週改定値(29万0899トン)

とうもろこし米国週間輸出検証高 16年対17年 (累計)

コーン:96万5608トン (前週改定値:122万0330トン)

米最高裁、トランプ大統領の入国制限一部執行を容認

米連邦最高裁判所は26日、イスラム圏6カ国からの入国を制限する米大統領令を巡り、一部を執行することを認める判断を下した。

 最高裁は、迅速な入国規制の執行を要請していたトランプ政権の主張を一部受け入れる格好で、10月以降に同大統領令の合憲性を巡る審理の最終判断を下すまで、イスラム圏6カ国から米国を訪れ、米国と「強い関係」を持たない人たちに対する入国禁止措置の執行を認めるとした。

 トランプ政権が発行した14日付覚書によると、最高裁の認めた部分的な入国制限は72時間後に発効となる。

昨晩の海外市場

ドル・円  111.88 + 0.60

NY金  2016/ 8 1246.4 - 10.0

NY銀  2016/7  1657.2 - 7.5
 
NYプラ 2016/7  916.6 - 12.8

NYパラ 2016/9  863.95 + 7.30

NY原油 2016/8  43.38 + 0.37  

シカゴ大豆  2016/7 906.75 + 2.25

シカゴコーン 2016/7 359.00 + 1.25

ゲッターズ飯田

言い訳をするためのプライドはいらない。

欲しいのは、言い訳をしないプライド。
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール
日産証券セミナーサイト
当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ