全人代

 中国の第13期全国人民代表大会(全人代、国会に相当)第3回会議は28日、反体制活動などを禁止する国家安全法を香港に導入する方針を採択し、閉幕する。

米国を中心に国際社会から強い批判が出ているが、習近平指導部は6月にも立法作業を終えるとみられる。

 全人代に提出された「香港が国家安全を維持するための法制度と執行メカニズムの確立に関する決定案」は「外国勢力がいかなる形であれ香港に干渉することに断固反対する」と規定。「中央政府の機関が香港政府に組織を設置し、国家安全に関連する職責を果たす」と定めており、共産党体制を批判する民主活動家らを取り締まるための機関が香港に新設される見通し。

 全人代閉幕に先立ち、国政助言機関・全国政治協商会議(政協)が27日、香港に関して「憲法に関連した制度の改善を断固支持する」と明記した活動報告を採択して閉幕。

東京原油(チャート分析)

tkopilmac

 本日の東京原油は反落。MACでは、8日にヒットした買いのトリガー継続。LMA(24550円)〜HMA(25320円)を下値支持帯とした上昇トレンド継続。
tkoilichimoku

 基準線〜転換線が下値支持帯。一目均衡表の雲の中(中立の時代)へ突入。雲の厚みが増す時間に移行し、テクニカル的には弱気感が後退する。
tkoilre

 練行足は陽転継続。

東京ゴム(チャート分析)

tkrmac

 本日の東京ゴムは小反落。MACでは、売り・買い共にシグナルなしの状態。終値ベースで、LMA(152.3円)を〜HMA(154.6円)のレンジ放れ待ち。
tkrichimoku

 2月21日高値〜4月2日安値までの下げ幅に対する38.2%戻し(158.2円)で上値が抑えられた。雲の下限〜心理的節目150円を維持。5月21日高値を上抜くと強気感増す。
tkrrenko

練行足は陽転。

東京白金(チャート分析)

tkpt

 本日の東京白金は、反落。MACでは、18日にヒットした買いのトリガー継続。LMA(2786円)〜HMA(2838円)を下値支持帯とした上昇トレンド継続。
tkptichimoku

 1月高値〜3月安値までの下げ幅に対する61.8%戻し(2978円)〜心理的節目3000円を試す流れ。雲の上限〜基準線が下値支持帯。 
tkptrenko

 練行足は陰転。

東京金(チャート分析)

nygmac

 本日の東京金は、急反落。MACでは、売りのセットアップとなった。明日、終値ベースで、LMA(5969円)を割り込むと、売りのトリガーヒットとなる。

tkgichimoku

 心理的節目6000円を維持できず。転換線〜基準線割れで下げ加速となった。基準線を早々に回復できるか否かが焦点。5月安値を起点とした中期上昇チャネルの中心線が下値支持。

tkgrenko

 練行足は陰転。

tkghl

 10日間安値(5851円) を割り込むと、一部のトレンドフォロー型指標の買いは手仕舞われる。20日間安値(5746円)を割り込むと、途転売りとなる。

日経225(チャート分析)

225mac

 本日の日経225先物は、続伸。MACでは、20日にヒットした買いのトリガー継続。LMA(20430円)〜HMA(20720円)を下値支持帯とした押し目買い基調。
225ichimoku

 1月高値〜3月安値までの下げ幅に対する61.8%戻し(20950円)と重なる心理的節目21000円を達成。雲の上限〜転換線が下値支持帯。V=21630円、21380円、N=22710円などが上値目標値としてカウント可能。
225renko

 練行足は陽転継続。

石油製品小売価格

kouri-blog

資源エネルギー庁が27日発表した石油製品価格調査によると、25日現在のレギュラーガソリン1リットル当たりの小売価格(全国平均)は、前週比1.4円高の126.9円。2週連続の値上がり。

灯油の全国小売価格は25日現在、1リットル当たり、前週比0.3円高の76.4円。16週ぶりの値上がり。

石油連盟週報(17〜23日)

paj-gs-blog

ガソリンの週末在庫は、前週比0.2%減の186万4076キロリットル。

paj-kr-blog

灯油在庫が6.5%増の165万1743キロリットル。

週間原油処理量は、8.7%減の219万8148キロリットル。

推定出荷量は、
ガソリンが9.3%減の67万3039キロリットル。

灯油が67.6%減の7万2582キロリットル、

寄り付き予想


000海外市況速報

昨晩の海外市場はこちら。

000最終約定価格

本日の東京市場は、

貴金属市場は、金が -73 円前後、白金が -71 円前後、
原油市場は、 -140 円前後、
穀物市場は、大豆が -10 円前後、コーンが -70 円前後で始まる見通し。

本日の経済指標

527

G7サミット通常開催に意欲

マケナニー米大統領報道官は26日の記者会見で、トランプ大統領が通常形式での開催に意欲を示す先進7カ国首脳会議(G7サミット)について「当地(ワシントン)で開催すれば、米国が再びオープンになったことを示す最高の例になると、大統領は考えている」と述べた。また、6月末にホワイトハウスで開催する方向で調整していることを明らかにした。

全米活動指数(CFNAI)

米シカゴ連邦準備銀行が26日発表した4月の全米活動指数(CFNAI)はマイナス16.74となり、前月のマイナス4.97(改定値)から大幅悪化。指数を構成する全4指標が低下した。

米大豆・週間作物進度報告(5月24日までの週)

作付け:65%(前週53%、前年26%、平年55%)

発芽率:35%(前週18%、前年 9%、平年27%)

米コーン週間作柄報告(5月24日までの週)

「良」以上:70%(前週 −% 前年 −%)

「劣」以下: 5%(前週 −% 前年 −%) 

米コーン・週間作物進度報告(5月24日までの週)

作付け:88%(前週80%、前年55%、平年82%)

発 芽:64%(前週43%、前年28%、平年58%)
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール

菊川 弘之

当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ