NY金(チャート分析)

nygNY金(4月限)は、反発。基準線が下値支持として意識された。ストキャスティクスはゴールデンクロスを演じており、今年に入って2度抵抗を受けている1130ドル水準を上抜ける事ができるか否かが焦点。雲の上限である1150ドルを終値ベースで抜けると強気感は増す。
 それまでは、1050ドル〜1150ドルの逆張り圏の動きとして対処したい。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

3月上旬の注意事項

euroウォール・ストリート・ジャーナル紙(WSJ)によると、大手ヘッジファンドが巨額のユーロ売りを仕掛けていると報じている。

 ユーロドルはパリティ(1.00)まで下落するかもしれないと主張する小さなヘッジグループがNYで夕食会を開き、それにSACキャピタルやソロス・ファンドなど有名なヘッジファンドの代表が参加したとしている。

 商品市場も当面は、このユーロの動きに左右される展開が継続すると思われる。

 ギリシャ救済策の噂も昨晩は、数多く浮上しており、3月上旬にはギリシャのパパンドレウ首相がメルケル独首相(3/5)、オバマ米大統領(3/9)と会談する予定で、3月上旬には様々な思惑が交錯しそう。要注意。

 ユーロドルは、チャート上は1.35水準を固めつつあるようにも見え、ヘッジファンドがパリティまで売るという報道で提灯を付けても、ギリシャ救済でまとまれば急反騰と言うシナリオもある。ヘッジファンドのポジションが大きければ大きいほど、その買い戻しのためには、それに見合う売り玉が必要という構図を忘れてはいけない。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

ギリシャ救済観測

 昨晩はギリシャ救済を巡って噂が交錯。救済観測でギリシャ債は急反発(利回りは低下)、ギリシャ債とドイツ債のスプレッド(利回り格差)は縮小となった。

 独銀行のアッカーマンCEOがアテネを訪問、ギリシャのパパンドレウ首相と会談したため、独銀行がギリシャ債の購入を検討しているとの噂が浮上した(ギリシャ政府報道官はこの観測を否定)。

 ブルームバーグは匿名の独議員筋の話として、独政府の保証付きで独復興金融公庫(Kfw)がギリシャ債を購入する可能性(独財務相の報道官、Kfwはこの件でコメントを拒否)を報じた。

 ギリシャ政府はパパンドレウ首相が3月5日にメルケル独首相、3月9日にオバマ米大統領と会談する予定。3月上旬のトップ外交で債務危機解決の道のりが決まる可能性も。

 ギリシャは4−5月に償還を迎える債務の借り換えのため、約200億ユーロの資金調達が必要とされ、ギリシャは数週間以内に、今年2度目の国債入札を行う予定。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

昨晩の海外市場

asa-soku100227昨晩の海外市場は、こちら。画像をクリックすると拡大します。
 朝方に発表された昨年第4四半期・米国内総生産(GDP)改定値は予想に反し上方修正されたが、個人消費が予想外に下方修正されたため、相殺された格好。その後に発表された2月のシカゴ購買部協会景気指数は2005年4月以来の高水準となったものの、1月の米中古住宅販売件数が予想外に落ち込んだことが嫌気され、一時、88円台まで下落。
 ユーロ・ドルは上昇。米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は25日、ユーロ加盟国がデフォルト(債務不履行)に陥る可能性はないとの見方を示した。またどの加盟国もユーロ圏を脱退する公算はない、と指摘。
 ギリシャ救済観測(ドイツ政府やドイツの民間銀行によるギリシャ債購入の可能性)も材料視された。
 商品市場は、ユーロ高ドル安を受けて、反発。
asa100227ユーロ高ドル安は、商品市場にとってはプラス材料だが、東京市場にとっては、同時進行している円高ドル安が上値抑制要因。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

5番目に重要なこと

「五番目に重要なのは勝ちたいという強い願望だ」


「マーケットの魔術師」でのゲーリー・ビールフェルドの言葉。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

中国国務院顧問発言

ダウジョーンズによると中国の国務院の顧問は26日、金価格の下落局面で国際通貨基金(IMF)から金を購入するために、準備を整えるべきだ、と述べた。
ここ数カ月、不安定なドルの動向を理由に、中国政府に対してIMFからの金購入を推奨している。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

東京白金(チャート分析)2

tkpt東京白金は、昨日MACで売りのセットアップとなったが、本日は反騰で、売りのトリガーは発生せず。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

2・26事件

xin_3408040310492184132101936年の本日は、いわゆる「226事件」が起きた日。青年将校らが1483名の兵を率い、「昭和維新断行・尊皇討奸」を掲げて起こしたクーデター未遂事件。
 226事件で決起将校が立てこもった山王ホテル跡地は現在、山王パ−クタワ−となっている。収録で赤坂近辺はよく訪れるが、このあたりのホテル群は、強力な念が交錯する場所とも言われる。

 紀尾井町のニュ−オ−タニに辺りで、大久保利通は刺客に襲われて暗殺。ニュ−オ−タニ向かいの赤坂プリンスホテル旧館は、もともと朝鮮王朝の李王家邸宅。戦後この地を買い取ってプリンスホテルを建てたのが、西武鉄道の創立者・堤康次郎。

 赤坂の交差点をはさんで、堤康次郎のライバルであった東急の総帥五島慶太が建てた赤坂東急ホテルがあり、その傍らには長く買い手のつかなかったホテルニュ−ジャパン焼け跡。

 近代ビルが数多く立ち並ぶようになったものの、何となく「地霊」を感じさせるエリア。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ
 

東京白金(チャート分析)

tkpt2本日の東京白金は、ユーロドルの戻りやドル円の戻りもあり、反発。一目均衡表の雲が下値支持として意識された。ただし、基準線は下向きに変化しており、基準線〜転換線が上値抵抗帯。

 RSIは中段に位置し、買われ過ぎ・売られ過ぎ感ともない状態。
NYは三角保合いを形成しており、東京も放れ待ちの展開。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

噂は噂

 昨晩のNY金の上昇の一因となったウェブサイト「ラフ・アンド・ポリッシュト」も掲載された「中国がIMFから金191.3トンを購入することを確認した」との文章だが、ロイターによると、文章の筆者、ナデズダ・シャグロワさんは26日、正規の情報源に基づいて書いたものではないと述べた模様。

 金準備を監督する中国国家外貨管理局の当局者によるコメントは26日、得られていない。中国政府もIMFの金の購入計画について公式には何も言及していない。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

欧州タイム以降の注目点

米実質GDP・改定値(22:30)
 事前予想:5.7%(前期比年率)

米GDPデフレータ・改定値(22:30)
 事前予想:0.6%(前期比)

個人消費・改定値(22:30)
 事前予想:2.0%(前期比年率)

シカゴ購買部協会景気指数(23:45頃)
 事前予想:59.7

ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値(23:55頃)
 事前予想:73.9

中古住宅販売件数(27日0:00)
 事前予想:550万件

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

祝、浅田真央選手

祝!浅田選手銀メダル

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

NY原油オプション取組

wtioption75ドル±5ドルのレンジ相場が継続しているNY原油市場だが、オプションの取組の偏りをみると、レンジを上方にブレイクした場合、100ドルが意識されやすい構図。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

NY白金(チャート分析)

nyptNY白金(4月限)は、三角保合い形成中。雲の下限とも重なる1500ドル水準が中心ライン。
 1450ドル〜1550ドルのレンジ放れ待ち。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

3月のアストロ

d1e1b21b.jpg 本日で2月の営業日は終了。

 3月1日は満月。
 金など安値の節目を付け易い時間帯。月変わりで新規資金流入期待も。

 3月11日は火星逆行終了。
 アストロでは火星の逆行期(2009年12月20日〜2010年3月10日)は、突然のトレンド反転と合致するとされるが、確かに急激な反転が多い時期であった。逆行終了以降、春(新年度)当たりからトレンド発生となってくるか?
 また、逆行期間は暴力行為が発生する可能性が高いと言われるため、突発的な地政学リスクには注意したい。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ
記事検索
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール

菊川 弘之

当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ