朴氏への聴取を終了

韓国の朴槿恵前大統領をめぐる疑惑を調べている検察特別捜査本部は21日深夜、朴氏への聴取を終了。

 朴氏はサムスングループからの収賄など疑惑を全面否認。

 検察は事案の重大性や証拠隠滅の恐れを勘案、逮捕状の請求を本格的に検討する。

米経常収支

米商務省が21日発表した2016年の経常収支は4812億600万ドルの赤字となり、赤字幅は前年比3.9%拡大。
 貿易赤字などを背景に3年連続で膨らみ、2008年(6907億8900万ドルの赤字)以来の高水準となった。

 経常赤字の対国内総生産(GDP)比は2.6%と、前年(改定)と同じ。

 貿易赤字は横ばいの5005億6000万ドル。モノとサービスの輸出は2.2%減、輸入は1.8%減った。
モノに限った貿易赤字は7499億2600万ドルと1.7%縮小。

 米企業・個人の外国投資による収益から、外国企業・個人の収益を差し引いた1次所得収支は1805億9100万ドルの黒字で、黒字幅は1.0%縮小。移民による送金など2次所得収支は1612億3700万ドルの赤字と、赤字幅は11.2%拡大。

 16年10〜12月期の経常赤字は前期比3.1%減の1123億8200万ドル。
市場予想(1282億ドル)を下回った。7〜9月期は1129億5800万ドルから1160億0700万ドルに改定。

ジョージ・カンザスシティー連銀総裁

・FOMCは金融危機からの緩和政策の出口の機会を模索している。

・出口戦略は緩和よりもより困難なものになる。

・正常化の決定はより重要な政策への試みとなるであろう。

・バランスシート縮小はすぐには起きない。

・バランスシート縮小には多くの対話と分析が必要になる。

・競争的な雰囲気が米経済には必要。

カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁

・バランスシート正常化による株式市場への影響は懸念していない。

・株式市場は政府の政策に反応しており、米経済ではない。

・我々の二大責務の進展を明確に確認したい。

・バランスシート正常化において資産売却は好ましくない。

・データは利上げを支持していない。

・株式市場が下落しても危機は発生しないであろう。

昨晩の海外市場

ドル・円   111.75 - 0.80 

NY金  2016/ 4 1246.5 + 12.5  

NY銀  2016/5   1758.3 + 14.5

NYプラ 2016/4   971.4 - 1.0 

NYパラ 2016/6    787.65 + 6.00

NY原油 2016/4    47.34 - 0.88

シカゴ大豆  2016/5  1001.50 + 2.00

シカゴコーン 2016/5  361.25 - 2.25  

桜井章一

同時にいくつものことを並行してやる


〜桜井章一〜

国際銅研究会(ICSG)

 国際銅研究会(ICSG)月報によると、2016年12月の世界精錬銅市場が1万7000トンの供給過剰。11月は3000トンの供給不足だった。

セロベルデ銅山のスト

 ペルー最大の銅山セロベルデ銅山のストは、政府の命令により23日に終わる見込みだが、労組は労使合意がなければ24日にストを再開する方針を発表。

 ストは11日間に及んでいる。

コメ試験上場検証特別委員会

 大阪堂島商品取引所は21日、コメ先物取引の今後の在り方について検討する「コメ試験上場検証特別委員会」(委員長・茂野隆一筑波大大学院教授)を28日に東京都内で開くと発表。

 コメ先物は2011年8月に試験上場された後、2度の試験上場延長を経て、今年8月7日に期間満了を迎える。

東京一般大豆(チャート分析)

tksoy

 本日の東京一般大豆は、続落。MACでは、3月13日にヒットした売りのトリガーが継続している状況。LMA(3/21:49800円)〜HMA(3/21:50400円)が上値抵抗帯。

東京コーン(チャート分析)

tkcorn

 本日の東京コーンは、急落。MACでは、3月13日8にヒットした売りのトリガーが継続している状況。LMA(3/21:22410円)〜HMA(3/21:22770円)が上値抵抗帯。

東京ゴム(チャート分析)

tkr

 本日の東京ゴムは、反落。MACでは、2月20日にヒットした売りのトリガーが継続している状態。HMA(3/21:267.7円)が上値抵抗として機能中。

 一目均衡表からの下値ターゲットは、V=243.5円、N=214.5円、E=196.0円などが、カウント可能。

東京原油(チャート分析)

tkoil

 本日の東京原油は、続落。15日の十字線安値を維持できるか否かが焦点。 
 MACでは、10日にヒットした売りのトリガー継続。LMA(3/21:37770)が上値抵抗。終値ベースで、心理的節目35000円割れなら、下げ加速へ。

東京金(チャート分析)

tkg

 本日の東京金は、反落。MACでは、7日にヒットした売りのトリガー継続の状態。HMA(3/21:4455円)が上値抵抗として機能した。
 
 心理的節目4400円が下値支持。3月15日十字線安値が、当面の底値候補。

東京白金(チャート分析)

tkpt

 本日の東京白金は、続落。心理的節目3400円が下値支持。
MACでは、6日にヒットした売りのトリガーが継続している状況。HMA(3/21:3523円)が上値抵抗。3月16日安値を終値ベースで維持できるか否かが焦点。
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール
日産証券セミナーサイト
当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ