中国の李克強副首相は28日、世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)で演説し、国内外の経済環境に関して「不透明要因が依然、多い」と指摘。

 「マクロ経済政策の継続性と安定性を維持するとともに、積極的な財政政策と、ある程度緩和した金融政策を続ける」との方針を示した。

 また、「我々は、新たな歴史の岐路に立っており、旧来型の非効率な成長(政策)を変更し、投資と輸出に過度に依存した現在の開発手法を転換する必要がある」と言明。今後は経済成長のため、消費者需要を中心とした内需拡大を重視していく考えを強調した。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ