2016年12月19日〜水星逆行が始まっていたが、1月8日に逆行が終了する。

水星逆行期間は、金融・商品市場が、しばしば煮え切らない動きを取り、トレンドが不透明になる。テクニカル分析やパターン分析が無効・ダマシが多いなどの特徴があるが、逆行終了となると、トレンドが明確になっていくかもしれない。

ちなみに、今年の水星逆行明けは連休と重なる。

連休前後で、相場付きがガラリと変わる可能性にも注意したい。