十二、他を顧みずして自分のよきことばかりすべからず候