十四、ことさらに着物をかざり あるいはうわべをつくろうものは 心に濁りあるものと心得べく候