十七、己れの知らざることは何人にてもならうべく候