二十、己れの善行を誇り顔に人に知らしむべからず すべて我が心に恥ざるに務むべく候