CapD20170309_1

先週からの急速な3月利上げ観測の高まりだが、依然としてドル円は115円を上抜けず。一目均衡表の雲のねじれで、上げ加速には至らず。ADP雇用統計の数字が強すぎたが故に、週末の雇用統計でも、ADP以上の強気の数字は期待し難い。
CapD20170309

 そうすると、3月利上げは、既に織り込み済み。ドル円の上値は限定的、織り込み度合いの低いと見られるNY株価の下落幅は大きくなると言うシナリオも想定しておきたい。

 3月12日は満月。商品市場においては、安値の節目を付けやすい時間帯である。

 3月利上げを織り込みながら下落した金の安値は、中長期的な買い場を提供する可能性もあろう。