yen

ドル円:G20財務相・中央銀行総裁会議の声明を受け、保護主義の高まりを警戒した円買い・ドル売りが優勢。米金利の低下や欧州政治情勢の不透明感も一因。

dow
NYダウ:主要な米経済指標の発表がなく方向感に乏しく推移するなか、トランプ政権による経済政策や先行きの金融政策を巡る不透明感から金融株の下落が重しとなり、続落。原油安も心理的な重荷になった。

nyg

NY金(4月限):先週高値を抜いたあと、ドル反発や原油急落で反落したが、緩やかな米利上げ予想や当局者のインフレ容認発言で続伸。

nyslv

NY銀(5月限):金曜高値を抜いたあと、ドル反発や原油急落、米株価指数先物の下落で値を消したが、緩やかな米利上げ予想や金の反発で小幅続伸。

nypt

NY白金(4月限):金曜高値を突破したあと、ドル反発や原油急落、米株価指数先物の下落で値を消したが、緩やかな米利上げ予想やインフレ容認発言で続伸。

nypal

NYパラ(6月限):金・プラチナの反発や緩やかな米利上げ予想、インフレ容認発言で続伸。

wti

NY原油(4月限):米石油リグ稼動数の増加によるシェールオイル生産の拡大観測など供給過剰懸念が重しとなり、反落。

csoy

シカゴ大豆(5月限):金曜高値を上回ったあとも、ドル安や飼料穀物の急伸で上値を伸ばしたが、ドル反発や原油の急落、飼料穀物の急反落で戻り売りが優勢になり、小幅続落。

ccorn

シカゴコーン(5月限):金曜高値を上回って始まったあとも、ドル安や大豆・小麦の上昇、10日移動平均超えで値を飛ばしたが、ドル反発や原油急落、大豆・小麦の反落で反落した。