ティラーソン米国務長官は19日、国務省で記者会見し、対北朝鮮政策について、テロ支援国家再指定を含む「すべての選択肢を検討している」と述べた。トランプ政権の閣僚が公に明言したのは初めて。

 北朝鮮は1988年1月、テロ支援国家に指定されたが、北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議の合意によって、2008年10月に解除された。ただ、金正男氏殺害事件などを受けて、米下院は再指定を求める法案を可決。指定の判断は国務省が行う。