・資産購入やマネタリーベース拡大ペースは当面現状維持。

・出口戦略を協議するのは時期尚早。

・インフレ見通しは安定した為替水準が前提。

・円の水準は各種要因が左右。地政学的リスクだけではない。

・出口戦略を協議するのは時期尚早。

・円上昇なら2%達成やや遅れ。

・下落なら早まる可能性も。

・日銀は日本国債の40%を保有しているが、それは60%は他が保有しているという
こと。