幸せの基準は、下げられるだけ下げたほうが良い。