リビア最大のシャララ油田(生産能力は日量27万バレル)の稼働が、徐々に停止している。

 北部ザウィヤの制御室の閉鎖が理由。武装集団の襲撃を受けた模様。

 シャララ油田は、リビア原油生産の約4分の1を担う。運営に携わるリビア国営石油会社(NOC)からのコメントは得られていない。