政治メディアのポリティコによると、トランプ大統領が14日にワシントンに日帰りを計画していると伝えている。ニューヨーク市警務当局の最新スケジュールに基づいて報じた。大統領は当初、13日夜にニューヨーク入りし、2日間の日程で会議を予定していた。

 今のスケジュールでは14日朝にワシントンに戻り、その日の夜に再びニューヨーク入りすることになっているという。

 ちなみに、8月15日は北朝鮮では日本による植民地支配が終結した日として祝日。ワシントン時間の14日の夜はアジアでは15日の午前になる。