サウジアラビアは石油輸出国機構(OPEC)に対し、7月の産油量は日量1001万バレルと、6月(日量1007万バレル)から削減したと伝えた。
 OPECの減産合意で定めた生産目標(同1005万8000バレル)を下回ったことになる。この情報は、同日公表されたOPEC月報には当初記載されていなかったが、後に追記された。