・現在の量的緩和を継続する。

・所得増加が支出を支援している。

・賃金や物価が徐々に上昇している。

・2%にインフレ目標には程遠い。

・2%のインフレ目標達成まで現在の緩和を続ける。