国際砂糖機関(ISO)は17日公表の四半期報告で、2017〜18年度(17年10月〜18年9月)の世界砂糖市場は500万トンの供給過剰との見通しを示した。16〜17年度は310万トンの供給不足だった。

 17〜18年度の世界砂糖生産量は、前年比6.6%増の1億7940万トン、消費量は1.7%増の1億7440万トンと予想。インド、欧州連合、タイ、中国の増産が、世界生産を押し上げる見込み。

 また、18〜19年度は300万トンの供給過剰との暫定予想を示した。