米農務省のブラジル駐在農務官は17日までに公表した報告で、2017〜18年度の同国コーヒー生産を従来予想より引き下げ、5120万袋(1袋=60キロ)とした。

 アラビカ種は単収が予想を下回り、生産は170万トンにとどまるが、ロブスタ豆が豊作で、一部が相殺される見通し。

 コーヒー輸出量は3023万袋と、従来予想から260万袋下方修正。サントス港のしゅんせつ工事や、輸出用のコンテナ不足を要因としている。