中国人民銀行(中央銀行)は7日、国際通貨基金(IMF)が発表した中国の金融安定に関する報告書に対し、「中国として受け入れることができない表現・見方が一部ある」と異議を唱えた。