商品市場のマーケット分析は古典的な統計的推論の落とし穴に陥りやすく、基礎的な理解のない者が統計値を使用すれば、容易に事実を誤認してしまうんだ。ほとんどの古典的統計学は、データが正規分布、あるいは他の周知の分布であるという前提で論じられている。したがって、数値分布に関する仮定が正しければ機能するし、正確な結論を導くことができる。しかし、もし分布仮定が多少なりとも外れていると、この誤差は全体としての統計見積もりを狂わせるのに十分だし、もっと粗削りで堅牢な仮定の方がかえって正しい結果を齎すことにもなるのさ。統計学者があまり重要でない資料から重要性を引き出すために使う詳細なテストなんか、トレーディングでは全く必要ではない。