米上院銀行委員会は、連邦準備理事会(FRB)の次期議長にパウエル理事を起用する人事案について、来週17日に2度目の採決を行うことになった。

 銀行委は昨年12月5日に同人事案を賛成多数で承認しているが、その後、年内に上院本会議で承認されなかったため、銀行委での再採決が必要となった。

 人事案は銀行委で再承認されれば、本会議へ送付される見通し。