国連食糧農業機関(FAO)は11日、2018年の世界食料価格について、堅調な需要が下支えするとの見通しを発表。ただ、産油国の政治情勢や国際的な貿易交渉により、値動きが荒くなる可能性があると警鐘を鳴らした。

 17年の世界食料価格指数は前年比で8.2%上昇し、14年以来の高水準となった。ただ、穀物、油実、乳製品、肉類、砂糖の項目で多くの商品の供給が引き続き豊富なため、11年に付けた過去最高の水準を依然24%下回った。

 FAOの上級エコノミストは「全般的には、供給の現状は把握されており、需要が減退する理由はない」と語った。世界経済の先行き改善が大半の国で需要の拡大に寄与したものの、今年の天候による収穫への影響を予測するのが時期尚早なため、供給が想定を上回る可能性があるとも指摘した。

 北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉などの問題をめぐる市場の不透明感はまだ払拭(ふっしょく)されていないとの見方も示した。