米東部ペンシルベニア州の下院補欠選挙が13日投開票され、民主党のコナー・ラム候補が勝利を宣言した。補欠選は11月の中間選挙の前哨戦と位置づけられていた。

ラム氏は、共和党のリック・サッコーン候補を得票率で1%ポイント上回ったとする集計結果を受け、「予想よりも長く時間がかかったが、われわれは勝利した」と支持者を前に語った。