・短期的な見通しは底堅い。ただ、基調には懸念も。

・労働力人口や労動者のスキルを引き上げ、負債を抑制する必要。

・高債務水準は金利に対し経済を敏感にする。

・年内に失業率は3.7%まで低下見込む。

・今年のGDPは2.5〜2.75%見込む。

・今年の高い成長後、19年、20年は鈍化を見込む。