・失業率よりも先にあるスラックを見る必要。

・賃金の緩やかな上昇はスラックの存在を示唆。

・突然のインフレ加速の兆候は見られていない。