榊原教授は1月にもドル円が年末に100円を目指すと予想。ドル安円高の要因を大きく2つ挙げた。

•リスク・オフの円買い:世界的な政治の混乱が続く
•米国のドル安誘導:輸出促進・雇用創出のため

 ただし、、ドル円が100円を大きく割り込むとは見ていない。

 米金融政策については、榊原教授は今年のFRB利上げを3回と予想。ECBも金融政策正常化を模索する中、教授は、日銀も「そろそろ緩和からの出口を考え始めているのではないか」と推測。日銀にとって正常化の最大のハードルである為替についても、それほど大きな壁ではないという。

 「1ドル=100円を少し超えるくらいならさほど問題ではないと、黒田総裁は考えているフシもある。」と指摘。

 2%物価目標が相当な長期間達成できないというのはすでに市場のコンセンサスだろう。量的緩和自体にインフレを高める効果がないことは、理論・現実の両面で証明された。 (理論: バーナンキのジョーク、現実: 日銀「総括的な検証」) 残るのは将来のインフレに対する市場の期待がどこまでインフレをアンカーしてくれるかだ。
この要素があるために日銀は今も出口について語れないでいる。