「中央銀行には独立性があるが、大統領の合図を無視してよいわけではない」。金融政策を巡るトルコのエルドアン大統領の発言をきっかけに15日、通貨リラが急落した。

6月24日の大統領選で再選された際には「影響力を示さなければならない」と述べ、金融政策をつかさどる中銀への統制を強める考えを示唆したため、銀行部門の脆弱性を指摘した米格付け会社のリポート発表も重なり、一時1ドル=4.47リラまで下落し、過去最安値を更新。年初からの下落率は約15%に達し、主な新興国通貨のなかで最も下げが大きい。代表的な株価指数BIST100も1.7%下げた。