内閣府が16日発表した2018年1〜3月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.2%減、年率換算で0.6%減となった。

 マイナス成長は15年10〜12月期以来、9四半期ぶり。

 物価変動の影響を反映し、生活実感に近い名目GDPは前期比0.4%減だった。